見出し画像

転職大迷走女のゲキサポ体験談(内容編)

ゲキサポ使って転職先を決めた女がゲキサポで具体的に何やってたかのお話だよーーー!!!

私の転職活動自体の顛末はこちらをご参照ください↓↓↓

ゲキサポを知ったきっかけ

ゲキサポを知ったきっかけはTwitterで転職活動で悩んでツイートしてる人を探して検索してたことでした。なんかもう...当時限界で...決まらないよ〜って人を見て分かち合いたい末期的な気分で......。ゲキサポで悩みを聞いてもらって頑張ってるみたいなツイートを拝見して羨ましいな、と思ったのでした。

元々そうだんドットミーは調べたことがあってLINE登録していたので、そこで告知された無料で転職軸を知ろうの会みたいな相談会(in渋谷)に申し込み参加しました。この会普段はほどほどの人入りらしいのにドタキャンが異様に多くて参加者2人でエエーッてなったのが懐かしいですw あと応募メールに過去の会の開催情報が返信されてきて焦って問い合わせたりとかw(すぐ訂正対応していただけましたが結構不安になった)
ここでは自分にハッシュタグをつけるなら?なんてワークをやったんですが、やはり絵を描くことが人生に根付いていて、できればまだイラストレーターやデザイナーになりたいのかなということを思い出し、既存経歴でできることを探すだけでなく一旦夢を追ってみるきっかけになりました。

ゲキサポに入会する

前回noteのやばい勧誘風景のアレなんですけどね。
転職軸を知ろうの会参加者キャンペーンで30分面談が無料になり、そこでゲキサポやりますか?と勧誘を受けました。
今まで生きてて33万円もポーンとしかも無形材に使ったことがなかったのでその場決断にかなり迷いました。私の場合やるやらないは無料相談会みたいなのに行った時点でだいたい心が決まってるので、その場で保留しても結局申し込んだとは思うんですが。
「そのまま一生悩み続けますよ!」というのはぐっさりくる言葉なんですが、ゲキサポに申し込むという決断で自分にまとまったお金を使う勇気を得たり、今までの考え方の凝り固まりなどを変えられたので、結構な人生のターニングポイントだったように思います。

ゲキサポツール

面談事前準備をする

初面談前に宿題が出されます!宿題や面談で得た気づきはGoogleの「スプレッドシート」内にまとめていくんですが、これはゲキサポ終了後も見返せるよう残してもらえるので卒業後の指針にもなります。
ストレングスファインダーという資質診断テストの受験資格がサービス内についてくるのですがこれかなり面白かったです。ちなみに私の資質は以下の通り。

1位 調和性
2位 収集心
3位 共感性
4位 公平性
5位 内省

なんでTwitter学級会が苦手だったり、飲み会後セルフ反省会を脳内で執り行ってしまうのかすごく分かる内容になってましたw
でもこれらの事前準備は面談で実際に話題として触れるというよりはアドバイスの言い方を考える材料とかにしてくれてるのかなーという印象でした。

いざ面談(前半戦)

前半3回くらいは自分の欲出しや何が達成されたら幸せになれるか、1年後、5年後の自分がどうなっていたいかなどの人生レベルの掘り下げを行っていました。しかしこれはめちゃくちゃにこじらせていた自分にはとてもゲキサポ面談8回で終わる作業ではなく、実際の転職活動のフォローをしていただく前にサービス期間が終わると判断したため、アンケートでその旨の不安を書いたところゲキサポさん側から実際的な転職活動サポートに方針を切り替えようと提案いただきました。

何をしたい?どうしたら幸せになれると思う?と聞かれるとわからなくて涙が出てくるし、それは本当に「やりたい」の?人を気にして「やらなきゃ」と思ってるだけじゃないの?と言われると「トレーナーさんに間違ったことを言ってしまった」「失敗した」と思って涙が出てくる。転職活動が長期化して疲れ切ってたのと元々の性格もあってかなりメンタルが危うかったんだと思います。あと声だけではわからないことってあって、面談のたび泣いてることなんてトレーナーさんは知るよしもなかったようなのでzoomはビデオ通話でしたほうがいいなと思いました。
そんな個人的なメンタルヤバ事情を除けばその時の目標設定ってすばらしくて、たとえば下記なんですけど、

今年実現したいこと
■キャリア:
・仕事でやりたいことを見つけて、楽しく働いている状態←まだ入社したてだけど達成したい
・8月までに転職もしている状態!!!!←7月達成
・趣味のためにもおやすみはとれる状態←7月達成
■プライベート:
・8月以降、彼氏つくる!!!!←まさかコロナがこんなことになると思わなかったけど婚活再開します
・一人旅をする(岩手)←達成
・体を動かす系の趣味を持つ←これから

5年後実現したいこと
■キャリア:
・後輩をもって教える立場になりたい(今は自分が一番下)
・これやるとなったらたかさんだね!みたいに社内で思われる
・仕事内容、スキルに専門性を持ちたい。高めたい。
■プライベート:
・結婚している、1~2歳くらいの子供がいる
・食を充実させたい(週1はちょっと贅沢に外食できるようなイメージ)
・肩こりと頭痛に悩まされない体になる

to doリストがあると強いタイプにはこういうのがあるとちゃんと達成に向けて動くんだなと思いました。卒業後も何度も読み返してます。

新花巻

いざ面談(後半戦)

そんなわけで方針転換してリスタート。ここからはビデオ通話にしました。相変わらずドバドバ泣いていたんですけど、「私はたかさんがどれだけ泣いても全然態度変わらないでしょ?」「泣いてるのはしんどいけど頑張って言葉にしてるからだよ」「たかさんが泣いても迷惑がらない人がここにいるから覚えておいて」って言ってもらえたのは本当に支えになりました。

ゲキサポ出張

サービス期間中に面接や志望動機のサポートもしてほしい!ということでとりあえず応募しないことには始まらんとエージェント、転職サイト問わずバンバン応募しました。とある転職サイトの中にある求人を検索、じゃなくGoogleで出てきた気になる求人がある転職サイトに新規に登録して応募っていうガツガツスタイルでした。ずっと条件で変に譲れない部分があったんですが、やりたい仕事を軸にほかはある程度妥協妥協ってしていったことで「ここが条件と違うから怖くて応募しない」という状況から開放されていきました。また元々は前職の職種スライド転職を目指していたんですが、ここではとりあえずデザイナーをやりたいの夢を追ってみようということでアニメ雑貨系デザイナー求人に応募しまくりました。初めて落ちまくるという経験をし、やはり未経験デザイナー転職は難しかったんですが、スライド転職では本当に今までのスキルを認めてもらえてるんだなってくらい全通していたので、同じ職種に再び就くことへの印象も変わりました。

内定するが困ったことがあり再びゲキサポへ

最後の面接がんばってね!応援してるよ!というタイミングでゲキサポを卒業し、無事内定をいただくことができました。

内定時には、本当に承諾していいのか迷いましたし(他に2社1次面接通過してました)、承諾したとしてコロナで急にシフト制在宅ワークが決まってしまった中では上司に辞意を伝えるのが遅れてしまうため、とにかく早くしなきゃなど気持ちが焦りました。

内定先の商品に魅力を感じて、面接の雰囲気も良かったのでほぼ気持ちは固まっていたんですが、1次面接内定だったのでふわっと決まってしまった不安感と、収入が減ることと、固定残業代制、前職(中小企業)よりさらに小さい会社(間違いなく小企業)への転職なのもあって、相談する人を誤ると反対されそうだなという気持ちがありました。また転職サイト自主応募の内定だったので、エージェントの支援は受けられない状況でした。

ゲキサポでお世話になったポジウィルさんに助けてください〜とお願いし、担当トレーナーさんに緊急で面談おかわりの機会をいただきました。(ゲキサポ卒業者コースというやつですね。)お世話になったトレーナーさんが内定をすごく喜んでくれました。

トレーナーさんには「ここに内定承諾したいんです。それで駄目ならまた転職すればいいやって思ってます。背中を押してください!」とお願いしました。サクッと力強く承諾を決断する言葉をもらって、あとは退職スケジュールの調整と内定先への確認事項の整理を手伝ってもらいました。(自分で決めてるのになんでお金払ってまで相談してるの?って思う方もいると思うんですけど、間違えちゃいけないって長年思って生きてきた人間の枷は結構重いのです。)

内定先(現職)が本当に小さい会社なので、ネットの転職サイトに出てくるような手順が行われなかったり労働条件通知書の記載なんかおかしくない?(悪意なく普通にミスだった)とかザラなんですよ。良くも悪くもユルいとうか。内定先でこれから付き合いがある相手だからこそ面倒な内定者だなって思われるかな...と心配してしまったんですが、トレーナーさんに「遠慮せず採用担当者に聞きたいだけ聞くといいよ。」「たかさんが聞くことで採用担当者も調べるから相手の勉強にもなると思ってさ。」と言ってもらったことで問い合わせの気持ちが軽くなりました。
内定承諾の心が決まったあとは信頼できる友人にも転職のときどうだった?とか手順を聞いたり、不安や引き継ぎの愚痴を聞いてもらったりお世話になりました。

ゲキサポ使ってよかったこと

転職エージェントさんは紹介した案件で内定させるのがお仕事なので、求人紹介以上の相談は正直範疇外です。人生の岐路の決断は自分でしなきゃいけないと思うし、決断自体を友人や親兄弟に委ねてしまうのは重いし無責任だと思います。私も転職活動中に家族に甘えて相談しすぎて当たり前ですがキレられました。かと言って自分だけで決めるのもつらい。そんなときに「自分が納得して決断したんだという覚悟」を引き出してくれたのがゲキサポだったなと思います。本当に利用してよかったです。

ポジウィルの社員さんはTwitterで見ててもキラキラしてるので純正オタクの私からするとウワッまぶしっ!ってなるんですけど、事務的にこう決まってますので〜でシャッターを降ろしてしまうのでなく、できるだけ利用者の助けになるようにはからってくれるのが優しいなと思います。理不尽クレームはもちろん駄目ですけど、困ってるんです、助けてもらえませんか?ってお願いしたら多分できる限り力になってくれる会社だと思います。そして助けを求める勇気は頑張って自分で持ちたいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15