見出し画像

小中高大ラグビーしかしてこなかった私が約1年間でTOEIC L&R480点から865点を取った方法を無料で大公開(文法・長文編)

こんにちは salam です。

本日は私が大学時代、TOEIC L&R の点数を480点(2017年8月)から865点(2018年1月)まで上げた方法を公開します。

今回は文法・長文編(TOEICのpart5~7に該当)です。

2017年の1月頃から就職活動で1つの強みにしたいなと思い取り組んできたので、タイトルには約1年間と書いてありますが、実は以下の勉強法を実践したのは4ヶ月くらいです。最初の約半年はDUO3.0の暗記だけをしていました。

なので、

2017年1月〜2017年8月→DUO3.0を暗記(※ここでTOEIC480点を取得)

2017年9月〜2018年1月→以下の勉強法を実施

って感じですね。

では、本題に入ります。

まず使った教材の紹介からします。

■使った教材

①【究極シリーズ part5&6】

②【究極シリーズ part7】

③【DUO3.0】

④【Daily 1500 ver.3】

⑤【TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問】

次に、上記の教材の進め方です。

■進め方

① まず、【究極シリーズpart5&6】と【究極シリーズpart7】を解く。

①’ 同時進行で【DUO3.0】を1日1セクション(大体12例文くらい)ごと暗記するまで音読し、同時に耳で聴く

①’’ 同時進行で、【Daily 1500 ver.3】を1日1文、英語の文章を英語のまま理解できるまで音読し、同時に耳で聴く。

②  ①の教材を1周したら、さらに同時進行で【TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問】に取り組む。

■勉強中のポイント

① 英語の文章を英語のまま理解できるまで読む、音読する。

※つまり、英語の文章を一回一回日本語に訳して理解しないということです。英語を英語のまま理解できるまで読む。耳で英語の音声を聞いていたらそのまま意味を理解できるまで読む(イメージとして少し暗記に近い)📘。

② わからなくなったら、すぐ誰かに聞く、調べる。

※わからないままスマホとかを触り出すと平気で1時間くらい時間が過ぎてしまいます。わからないことが見つかればそこがあなたのブレイクスルーポイント、それを見つけるためにその勉強をしているはずです。すぐ誰かに電話するなりして聞くか調べる。英語の先生と仲良くなっておくと良いです👍

これを試験本番の1〜2ヶ月前に完了させれば大丈夫です。

1日のやる量は達成したい試験日から逆算して決めると良いと思います。

その後、本番までの1〜2ヶ月の間は模擬試験を取り組みました。

以上ですね。これで私は約1年間でTOEIC865点を取りました。

〜最後に〜

このメニューをこなすのは正直キツいです笑。

もしあなたが途中で諦めちゃったらそれはそれでそこまで頑張った自分を承認してあげたら良いかなと思います。そこまで、TOEICに対してやる気が湧かないってことだと思います。

他にやる気が湧くこと、自分が好きで取り組んでいて楽しいことを見つけてそれに時間を使った方がよっぽど生産的だし、これからの時代間違いなくあなたにとって良いと僕は思います。

私自身、勉強は好きでは無かったし、TOEICも大学1年生(2015年4月)の頃は280点でした。でも、私は幼い頃見た海外ドラマがきっかけで海外が好きになり、海外で働きたいと思いました。そして、就職活動の時に自分が海外で働きたい思いを示す1つの形としてTOEICに取り組みました。熱いパッションみたいなものがあったんですよね。だから頑張れました。

みなさんも何か自分がコレって思えるものに取り組んで行きましょう✋

salam


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。