身元保証人とは・在留外国人&外国人支援者向けニュースレター#60
見出し画像

身元保証人とは・在留外国人&外国人支援者向けニュースレター#60

入管法別表第2の在留資格である、「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の申請の際に、身元保証人が必要とされています。

保証人という言葉から、何かあった時にお金を肩代わりする必要があるのかとイメージしてしまいますが、そうではありません。

外国人が日本へやってきて暮らしていくにあたって、日本のルールをしっかりと守って生活していけるのか、また指導したり援助してくれる人がいるのか、万が一の場合に生活費や帰国のための費用を支援してくれる人がいるのか。これらは、在留資格を取得できるかどうかの決め手になります。

これらの問題に対応するために、これらの事柄を保障するのが身元保証人です。身元保証人は身元保証書に必要事項を記入し、在留資格の申請時に入国管理局へ提出します。

その内容は、次のようになっています。

〇〇の本邦在留に関し、下記の事項について保証いたします。

1.滞在費
2.帰国旅費
3.法令の遵守

https://www.moj.go.jp/isa/content/930002536.pdf

さらに、身元保証人の収入を証明する書類や納税状況を証明する書類も合わせて提出します。

身元保証人が納税など日本のルールを遵守している、経済状況も安定しているなどしっかりとした人物であれば、在留資格の許可の可能性が高まります。

身元保証人が税金を滞納している、経済状況が不安定という場合は、複数人の身元保証人を立てたり、他の人にお願いすることをおすすめします。

例えば、「日本人の配偶者等」の在留資格申請をする場合には、日本人の配偶者が身元保証人となることが多いです。日本人配偶者の収入が少ない場合などは、さらに両親にも身元保証人になってもらうことがあります。

身元保証人の責任は金銭的な債務を負うという意味ではなく、道義的責任を負うにとどまると考えられています。

ですから、ここでいう身元保証人とは、民法上の身元保証契約に基づくような厳格なものではなく、入管法令上の独自のものです。

在留資格のことで困ったときは、在留資格に詳しい行政書士に相談しましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Yuko

よろしければサポートをお願いします!

スキありがとうございます♡
国際行政書士 在留外国人・外国人支援者 に役立つ情報を発信します AICA 一般社団法人アジア国際交流センター協会 VISA取得アドバイザー 6羽のインコと暮らす愛鳥家 バードライフアドバイザー 愛玩動物飼養管理士 動物法務を学べるブログは 「ラブバード起業レッスン」で検索🔎