作(さく)
送料に感謝する。
見出し画像

送料に感謝する。

作(さく)

ネットで買物をする時に気になる送料。

安い方が良いし無料ならとても嬉しい。

でも送料がどうしてもかかるものがある。

そしてそれを送料を払ってでも買う必要がある時もある。

その場合は送料に不満を持つよりも送料を自分がそこまで行った場合の交通費と考えてみる。

するとその商品を家の前まで運んでくれて送料の金額だと安い事がわかる。

お金を不満で使うと使った後も不満が残るから同じお金を使うなら自分が笑顔になる使い方を心がける。

お金を不満で使わず自分が笑顔になる使い方をする事は自分の感情面においてもとても大切なこと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
作(さく)

嬉しいです。ありがとうございます。

作(さく)
心理学やNLPやスピリチュアルなど今まで学んできた事の気づきを書いています。