見出し画像

動いて、ねじって、呼吸して『冷え』改善!③

※この記事はさきヨガブログの以前の記事を加筆修正し、転載したものです。

こんにちは!
冷え性改善シリーズいよいよラストです☻
冷えに効くのは、

**動く、ねじる、呼吸 **

ということで、最後の呼吸についてお話します(*^^*)

ただ運動する、ただねじるのではなくてお腹から深く呼吸をしながら行うことで体を温める効果が促進されるのですが、、、

ここで、みなさんに質問です(^O^)/

普段ストレスを感じたとき、疲れているとき、息が上がっていたり浅い呼吸になっていたりしませんか?

社会、SNS、情報過多などによるストレスや仕事にプライベートに何かと無理しがちな現代人は体が緊張状態になりやすかったり、普段の呼吸が浅くなることが多いそうです。

呼吸が浅いまま生活すると、

☆酸素が足りない→頭痛などの症状
☆血液循環がうまくいかない→冷え性などの症状
(体の隅々まで血液が行き渡らない)
☆代謝が上がらない→痩せにくくなる

などなど悪影響がたくさん。

呼吸は生命維持だけではなく体の機能を円滑に働かせたり、体温調節にも深い関わりを担っています。

ではどのように呼吸すればいいかというと、

ふかーく吸って、ふかーく吐く

これだけです!

呼吸は普段誰もがしていることなので、何も難しくありませんよね^ ^

お腹が風船のようにイメージして行うとよりやりやすいです。


息を吸うときはお腹が膨らむくらい、吐くときはお腹が自然にへこむくらい。(無理にお腹に力を入れてへこませなくてOK)

そんな深い呼吸が常にできるようになるとこんな効果があります!

**☆酸素が十分に取れる
☆体の緊張状態がほどけてストレス解消、リラックス効果も
☆疲れが取れる
☆代謝も上がる
☆腸の働きが活発化
☆物事に動じにくくなる
☆冷静に考えることができる
☆前向きになる **

ただ深く呼吸しているだけで体も心も健康体になれちゃいます♡

ヨガのレッスンでも、ポーズを真似することに一生懸命になる方が多いですが、大切なのは**呼吸をとめないこと。 **

ヨガのポーズは、呼吸に合わせて動きを変えることで体に働きかけます。
なので、呼吸が止まっているとせっかく動いても効果が1/3くらいしか出てくれないんです…!

ポーズは間違えてもできなくてもいいんです。呼吸をしながら気持ちよく体を伸ばしたり鍛えたりできていればそれで十分!

呼吸が止まらずに体を動かせるようになれば、自然とポーズも深まりできるようになります。

寒い時期体を動かすのは嫌だなーと思いがちですが、ますます体が固まって冷えていくだけですよ!

どうしても動きたくない人はゆっくり呼吸する時間をとるだけでも少し違ってきますので、試してみてください(*^^*)
体の中からぽかぽかになって、冬も快適に過ごしていきましょう🎶

Saki.

Blog:http://sakitus-yoga.hateblo.jp/
Twitter:https://twitter.com/sakiyoga200
Instagram:https://www.instagram.com/sakitus/
Mail:sakiyoga@yahoo.co.jp

#ヨガ #さきヨガ #ヨガを始めて変わったこと #冷え #冷え性 #呼吸 #ストレス解消

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読む、聞いていただいただけでなく 「サポートしようかな」 そう思ってくださったことがとっても嬉しいです😭 使い道はサポート後のメッセージに♡

スキ嬉しいです!ありがとうございますー!
3
ヨガインストラクター/派遣社員で事務/きれいごとで自分も周りも世の中も優しくする🤝自分の体と心を穏やかにするために生きてる🧘‍♀️気にしい、ひねくれ感覚、ネガティブもヨガで治せる✌️ https://pomu.me/sakitus/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。