見出し画像

2019年2月7日 #meetALIVE THE STORY 開催レポート

みなさまこんにちは。一葉です。
当記事では2019年2月7日(木)に開催された「meetALIVE THE STORY」についてレポートいたします。

この meetALIVE THE STORY には企画運営として参加させていただきました。
本日は
・企画としてイベントに携わった部分のまとめ
・セッションで心に残ったポイント

についてご紹介させていただければ、と思います。

本題に入る前に、まずは「meetALIVE」のイベントについてご紹介させていただきます。
meetALIVEは日本のソフトウェア企業のコンソーシアム、MIJSのビジネスネットワーク委員会が主催するビジネスカンファレンスです。一葉としての業務は2018年6月の開催から、企画運営で携わり、今回で5回目。
今回はイベントのコンセプト作りやキャスティング、集客キャンペーンに加え、プリズムテックとしてチームを組み、当日の運営とレポート業務を担当しました。

meetALIVE =「テクノロジー×○○」

毎回コラボするテーマを決めて、その業界の最先端を走る方々からお話を聞けることを特徴としているこのイベント。
主催のMIJSはIT企業のコンソーシアムで、会員企業の社員は30-40代男性がボリュームゾーン。加えて、企業の役員・管理職レベルの方々も来られます。
主催者チームにニーズをヒアリングすると、
『MIJS会員の学びの機会にしたい、というのは大前提ですが、
 業界での活動を若い世代のビジネスパーソンに知ってもらうことで、
 新しく勢いのある企業に入ってもらえるようなイベントにしたい』

と目標をお話ししてくださいました。
主催の森脇さんのお話を聞いていると、「meetALIVE」コミュニティ自体がもっともっと発信力を持ち、面白くて才能豊かな人々を集わせる”ハコ”として機能し続けたい想いが浮かび上がって来ます。
そんな情熱を受け、私も「個人の目標をSNSで発信し、その積み重ねでブランドを形成していく」そんな現代のトレンドを、参加者の皆さんと一緒に学びたい。
そして、「meetALIVE」コミュニティのブランディングに繋がる企画をしたい!と意気込みながら取り組ませていただきました。当日は230名を超える方々にご来場いただいました。

オリラジ中田さん「プレゼンは覚悟が問われる。」

中田さんのセッション、「プレゼンテーションとブランディング」ではその一言に心を打たれました。

「芸人の出るイベントは【爆笑】お笑いライブと銘打って数日に渡り告知をされ、ハードルが上がりに上がった中で漫才をする。
 これはかなりのプレッシャーだが、謙虚な姿勢を示す結果として自分を安売りしてはいけない。なぜならお客さんはそれを求めていないから。」

「プロとしての姿勢。本番の前にとにかく準備と練習をする。話の全貌を、妻やスタッフの方に聞いてもらう。同じ流れを何度も何度もやる。」

この発言から読み取れるあっちゃん(こと、中田敦彦さん)の姿勢に震えました。

ハヤカワ五味さんのセッションでは、「ブランディングの基礎講座」「やらないことを決めることも、ブランディングの一つ」「ブランドと自分を切り離すフェーズを意識して作った」お話をお聞きしました。

皆さんは、今日からの発信に繋がる学びと勇気はゲット出来ましたか?
当日は、Twitterの実況をご担当いただく方と、イラストで要点をまとめてくださるグラレコ担当の方にお越しいただきました。
Twitter担当のみなさんに、大事なポイントを投稿いただいたおかげで、当日の情熱が蘇ってきます。meetALIVE名物の「モンスターLT」に登壇されたゲストハウスアイドルなるさん、ヤッホーブルーイングはらけんさん、エモテック第一人者 OQTA 高橋さんのセッションも読めます。


グラレコ担当として、Hitocさん、カエルンさん、あいさんにお越しいただきました。ビジネスカンファレンスでグラレコを手がけていらっしゃる皆さんです。素晴らしいグラレコたちを是非ご覧ください。グラレコ担当さんによって編集ポイントが異なるのも見どころです。


meetALIVEはビジネスカンファレンスの面に加えて、人と人との交差点、ビジネスコラボレーションとしての面もあります。気持ちを盛り上げ一体感を作るため、オープニングVの制作とDJパフォーマンスをMIJS会員企業の@DJ yhataさんとTさんがこだわってくださいました!

オリジナルの点では、meetALIVEとして今回が初の試みである「スタッフTシャツ」と「オリジナルラベル日本酒」を用意。プリズムテックPR&コンサルタントのしほさん好き酒師として活動中のユウキさんにお酒の特徴を紹介いただきながらサーブをお願いしました!

Tシャツ⇆日本酒デザインの世界観・デザインの統一は、今後アップデートに力を入れて行きたい部分です。

もっともっと、皆さんに喜んでいただけるよう、次回のmeetALIVEも企画してまいります。乞うご期待ください。

お越しいただきありがとうございました!


執筆:Kazuha
編集:Mikako

PR×テクノロジーでビジネルにリズムと輝きを、コミュニティに絆と拡がりを。プリズムテックお問い合わせ先



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
B2Bコミュニティマネージャー&フリーランスMC = 2019年1月@PRHYTHMTECH 起業しました💁🏻‍♀️🧠💭たまに日本酒YouTuberに変身

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。