フットボールのダイヤモンド・オフェンス

33
ノート

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 33  〜フットサル1〜基本的な動きと戦術的な動き

フットサルの攻撃には基本的な動きと戦術的な動きがある。

※基本的な動き:相手を崩すためにはチーム全体で共有した動きを持っておくこと

※戦術的な動き:フィールドプレーヤーの4人全員が連動しながら相手を崩していく戦術を覚えていく。

2.3.9 相手のプレーを読む

ミゲル・ロドリゴ(2011)戦術的な動きについて:

相手のボールへの寄せ方や、ポジショニング、スペースをしっかりと見極めることが重

もっとみる
スキありがとうございます!
16

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 32  ~ハンドボール2〜

2.3.8 ファイナルゾーンの状況におけるプレー・オプション

フットボールは、オフェンスプレーヤーがボールを受ける際に、相手ディフェンスプレーヤーに対して、ポジション優位の状況であることが望ましいと考える。
通常、相手ディフェンスプレーヤーは自身のマークとボールの両方が見える位置にポジションを取るので、ボールを受けるプレーヤーは、ボール保持者がパスをする瞬間、相手ディフェンスの視野外にポジショ

もっとみる
¡Muchas gracias!
7

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 31  ~ハンドボール1〜

ハンドボール編:

バスケットボールの次は、スペイン、ヨーロッパで人気のあるハンドボールの攻撃戦術をフットボールに応用することを考えた。ハンドボールの様々な文献や動画、実際にFCバルセロナのハンドボールチームの試合をカンプ・ノウスタジアムの敷地内に併設されているパラウ・ブラウグラナ(8,250人収容)で観戦し、フットボールに応用することができそうな新たな攻撃戦術がないか、もしくは類似なものはないか

もっとみる
¡Muchas gracias!
1

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 30 ゾーン・ディフェンス攻略理論4 〜バスケットボール10〜

パスアウト

ゾーン・ディフェンス攻略法の最後はパスアウトである。パスアウトという攻撃方法は、もともとラグビーから発生したようであるが、バスケットボールにも同様の攻撃方法論があるので、どちらから発生したかはここでは言及しない。

※パスアウト:ラグビーで、選手が密集している所から密集していない所へパスを行うこと。インサイドに位置するボールマン(ボール保持者)がアウトサイドに位置するオフボールマンに

もっとみる
嬉しいです!
7

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 29 ゾーン・ディフェンス攻略理論3 〜バスケットボール9〜

ゾーン・ディフェンスを攻略する3つの戦略

ここではさらにゾーン・ディフェンスを攻略するための3つの戦略を詳細に説明する:

1. 5スポット:ライン間でボールを受ける(ボールを入れる場所)
2. 数的優位をつくるためのダイヤモンド+1(ポジショニング)
3. ローテーション(ダイヤモンド+1の再構築)

1. 5スポット:ライン間でボールを受ける(ボールを入れる場所)

ドナルド・ベック(201

もっとみる
嬉しいです!
7

フットボールのダイヤモンド・オフェンス における攻撃サポートの構造化 28  ゾーン・ディフェンス攻略理論2 〜バスケットボール8〜

前回は、テックス・ウインターの4つのゾーン・ディフェンス攻撃メソッドの2つ「原則的な攻め方」と「フリーランス・アタック」について書いた。今回は「ディフェンスと同じアライメントを使ったオフェンス」と「ディフェンスと逆のアライメントを使ったオフェンス」について書く。

3. ディフェンスと同じアライメントを使ったオフェンス

「ディフェンスと同じアライメントを使ったオフェンス」とは、例えば、相手ディフ

もっとみる
¡Muchas gracias!
4

フットボールのダイヤモンド・オフェンス における攻撃サポートの構造化 27  ゾーン・ディフェンス攻略理論 〜バスケットボール7〜

ゾーン・ディフェンス攻略理論

現代のフットボールにおいて、ゾーン3(攻撃側から見て)「ファイナルゾーンの守備」のほとんどがゾーン・ディフェンスであると推測する。そうであれば、まず最初にゾーン・ディフェンスをどのように攻撃するかを理解することが大切だ。
テックス・ウインター(1962)は、ゾーン・ディフェンスの特徴に基づいてゾーン・ディフェンスの原則を説明している:

ゾーン・ディフェンスの原則を

もっとみる
どうもありがとうございます!
3

フットボールのダイヤモンド・オフェンス における攻撃サポートの構造化 26  エントリーパス 〜バスケットボール6〜

エントリーパス

ファイナルゾーン(ゾーン3)で「セットオフェンス」を開始するにあたり、「セットオフェンス」を始めますという合図となるパスが必要であり、それがエントリーパスである。

チームで「セットオフェンス」を開始するには、このポジションのプレーヤーにボールが入ったら「セットオフェンス」を開始するという、プレーヤーなり、ポジションを決め、そのプレーヤーにボールが入ったら、ボール保持者の近くのプ

もっとみる
¡Muchas gracias!
7

フットボールのダイヤモンド・オフェンス における攻撃サポートの構造化 25  4つのパス・オプション 〜バスケットボール5〜

どのようにして、ファイナルゾーンにおいて、継続してボール保持者の周りにダイヤモンドを形成するのか?

トライアングル・オフェンスの「4つのパス・オプション」は、フットボールのダイヤモンド・オフェンスのプレーのベースを形成すると考える。

4つのパス・オプション:基本の動き

図32で、ガードからボールを受ける右WG(フォワード)は右外側に位置して、相手ディフェンスの配置によって4つのパスパターンか

もっとみる
¡Muchas gracias!
2

フットボールのダイヤモンド・オフェンス における攻撃サポートの構造化24  パスの7原則 〜バスケットボール4〜

テックス・ウインター(1962)は、トライアングル・オフェンスのためのパスの基本的な原則を提唱している:

パスの7原則:

1. パサーとそのディフェンスの距離はできるだけ狭いほうがよい。1m 以内が望ましい。ディフェンスの距離が近ければ近いほど、ディフェンスはこちらの動作に対して早く反応することが難しくなる。

2. ボールハンドリングやパスにおいて不必要な動作はおこなわない。ゆっくりとした予

もっとみる
スキありがとうございます!
7