SAMURAI VISION SUMMIT”仲間集めの場”
見出し画像

SAMURAI VISION SUMMIT”仲間集めの場”

2010年から2014年の間に開催した"SAMURAI VENTURE SUMMIT"は"SVS"という愛称で当時の皆さんに慕っていただきました。6年前の2015年4月、イスラエル進出を期に2014年の開催を最後に休止したサムライインキュベートの原点をつくったイベントです。この度、7年の時を経て、名称を"SAMURAI VISION SUMMT"へリニューアルし、復活します!昔のSVSを知る方も、そうでない方へもリニューアル後、一発目のSVSの想いをお伝えます。

SAMURAI "VENTURE" SUMMITの第1回〜第11回開催から休止に至るまで

2010年6月に第1回のSAMURAI VENTURE SUMMITを開催しました。きっかけはサムライ軍団(サムライインキュベート投資先の愛称)から他のサムライ軍団と交流したいので飲み会をしようって話になり、飲み会だけでは相互理解が深まらないので、起業した経緯や事業についてプレゼンをしようと第1回をスタートしました。第1回が非常に好評だったので、サムライ軍団だけでなく、ベンチャー業界全体を巻き込んで行くことを決意し、イベント自体を拡大させていきました。日本のスタートアッププレゼンスをとにかく上げるためと活動を続けるうちに、2014年の第11回開催では、参加者1000名を越える日本最大級スタートアップのための祭典にまで成長していました。参加される方々も起業思考者、スタートアップ企業、インキュベーター、ベンチャーキャピタリスト、大手IT企業幹部、大手企業幹部、メディアと拡大し、新たなコラボレーションが沢山産まれました。まさに、"できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える”サムライ達の集まりを象徴するイベントとなり、その景色に感動したことを今でも鮮明に覚えています。

※過去SVS参考
第7回SVS/第8回SVS/第9回SVS/第10回SVS

休止から復活のきっかけ

スタートアップエコシステムが形成され、スタートアップ向けのイベントは増えていき、SVSの役割は果たせたのではないか、という想いと国内だけではなく海外も巻き込まないといけない気がしていました。同時期にサムライインキュベート内で、イスラエルへ自分自身がフォーカスしないといけない状況があったため、休止する判断を下しました。サムライインキュベート、そして榊原健太郎のイメージ、キャラクター、コアを創ってくれたイベントです。どのような形でSVSで復活させようかなと悩みに悩んでいた際、社内メンバーから貰った言葉が刺さりました。

*****原文のまま*****
<メモ&独り言>
■SVSの裏テーマ
榊原健太郎が榊原健太郎らしく、「First Mover」として表現をし続けれる場所。SVSを開催し、それによって沢山の人がサムライの世界観と触れ合い、榊原健太郎がサムライという会社が沢山の人から「頼られている、誇られている、憧れられている」と心の底から1年に1回感じる事ができ、さらに未来に向けてのFirst Moveを繰り広げるエネルギーをチャージできる場所。
そして、会社のメンバーが全員参加して、その「場=SVS」を創り上げていく事で、会社のメンバーも業界や社会からサムライが「頼られている、誇られている、憧れられている」と感じる事ができる場所

これで、気持ちが吹っ切れました。

そして、2021年3月15日のSAMURAI VISION 2030でSVSの復活を宣言し、6月1日に開催を発表し、10月22日(金)に、SVSを復活させることになりました。

新旧SVSのBEFORE/AFTER

 ​今回のSVS運営責任者でもあるBrand Communication Groupの土手本(ドテチン)に何度もSVSをなんで復活させたいのか?何が想いとして違うのか?をヒアリング、整理整頓して貰い、自分の中で言語化でき始め、今に至っています。

スクリーンショット 2021-05-28 9.49.07

日本を頼れる、誇れる、憧れる国にしたいという想いとコロナをきっかけに、人類や地球視点で物事を捉えなくてはいけないという点が積み重なり、それをSVSが先導しようと考えました。サムライインキュベートだけでは成し遂げることはできません。サムライたる皆さんの力を貸して頂く、仲間集めの場にしたい!、それが、今回のSVSのコンセプトです。

その意味に関しては、イベント全体の内容を通して体感、ご理解いただけると思います。

7年ぶりに復活させるSVSへ込めた想い

今回のリニューアル復活では沢山の時間をかけて作り上げてきました。また、沢山の関係者の方にご協力いただいています。
SAMURI VISION SUMMITに込めた想いを4つ皆さんにお伝えしたいです。

<SAMURI VISION SUMMITに込めた想い>
(1)
SAMURAI VISION 2030
(2)新コンセプト
(3)SVS POLISY
(4)茨城県取手市の廃校を会場として開催

(1)SAMURAI VISION 2030

2021年3月15日に発表した"SAMURAI VISION 2030"。サムライインキュベートが世界の社会課題解決のため、今後10年かけて2030年までに成し遂げたいビジョンとして策定しました。
 様々な課題がある中、当社として、より解決したい課題を抱える9カテゴリー約9億人の人々にフォーカスします。そして、その課題を解決するために「国内投資」「海外投資」「共創事業」「社内新規事業」「独立起業」を通じて1500の事業創出を支援していくことを定めました。また展開エリアは、現在の4エリアから7エリアへ拡大し、「日本」「イスラエル」「アフリカ」「中国」に加えて「アメリカ」「ロシア」「EU」にて展開を予定しています。これら7エリアの国々の強みを活かし掛け合わせて連携することで、スピード感を持ち課題解決に取り組んでいく決意表明を込めたインフォグラフィックです。SVSはこの課題を抱える人々にフォーカスします。

画像5

<9億人9カテゴリーの課題を抱える人々
“ 日本 ” 魂込めて創り上げてきた事業の継承ができない経営者/職人

 →266万人
“ 日本 ” 地方愛、十分でもスケールできない起業家/経営者
 →100万人
“ 日本 ” 大企業で世界のテッペン狙い苦悩する新規事業担当
 →2000人
“ 日本 ” 育児、生誕の環境、過去の失敗、過ちが理由で夢を諦める人
 →7000万人
“ アフリカ ” 全54ケ国の機会/環境がない起業家/経営者/エンジニア
 →69万人
“パレスチナ”西岸/ガザの壁から出れない起業家/経営者/エンジニア
 →1.5万人
“ 世界中 ” 研究成果がビジネスに活用される機会のない研究者
 →600万人
“ 世界中 ” 日本企業と組みたいが機会がない起業家/経営者
 →1万人
“ 世界中 ” 読み書きできる教育を受ける機会/環境のない子供たち
 →80000万人

(2)新コンセプト

今回のコンセプトは、2021年3月15日に発表したSAMURAI VISION 2030と直結し、9億人9カテゴリーの課題を抱える人々の課題解消というその目標達成に向けた毎年1回の10年継続を前提とした"仲間集めの場"になります。


スクリーンショット 2021-05-28 7.44.40


(3)SVS POLICY

かつてのSVSのコアな部分の変更は、全くありません。それは、サムライインキュベートが創業当初から掲げているMISSION”できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える”状態定義です。

・できないと思っている人に”機会”を提供する
・できないと思っている人の”環境”を変える
・できないと思っている人の”夢”を実現させる
・できるようになった人が”志”を継承していく

スクリーンショット 2021-05-28 17.44.31

2014年までのSVS累計参加数は7000人を越え、多くの方々に上記を提供してきたと確信しております。SVSから数多くのスタートアップのコラボレーション・EXIT・IPOを生み出したかは計り知れません。ただ、以前のSVSに関しては、結果的にこういった「機会・環境・夢・志」の循環する状態が生まれました。2021年からのSVSは最初からこの状態定義をSAMURAI VISION 2030の達成から逆算して、短期視点では、年1回のイベントでその循環を表現し、長期視点では、10年の期間で計画し、ステップを見据えながら実行します。今回は、機会を提供することに重きを置きます。

(4)茨城県取手市の廃校を会場として開催

前田建設さんが”旧取手市立白山西小学校”をリノベーションで復活させた
ICI総合センター Brain Campです。

教育が世の中を大きく変えるという想いや仲間を集める場所、そしてSAMURAI SHOUT!ができる体育館がある学校はとても親和性がありました。またSVS復活に際して、以前開催したSVSらしさや想いは継承した形での開催に拘りました。沢山の卒業生を見届けてきた思い出の場を継承しながらリノベーションし、新しく生まれ変えた前田建設さんの技術と想いに共感し、この場での開催を決めました。写真では伝わらない、現地だからこそ触れられる空間です。オフライン開催に踏み切った理由の一つでもあります。全面的にご協力いただいている前田建設さんには改めて感謝申し上げます。

スクリーンショット 2021-05-28 8.49.20

終わりに

"できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える"

私たちはこのミッションを胸に日々活動しています。SVSもまた同じスタンスです。コンテンツの内容は、お楽しみな部分もあるので、
現時点で、詳細はここではあまり触れませんが、
・9億人に課題をテーマにした誰も聞いたことがない”セッション”
・学びを深め合い、仲間をつくり、実践する”ワークショップ”
・SVS継承コンテンツ”SAMURAI SHOUT!”
順次発表していきますので、楽しみにしていてください。

SVSとの連携・コラボしたいパートナーさんも、随時募集しておりますので、お気軽にご連絡ください。

2021年10月22日、SAMURAI VISION SUMMITでお会いしましょう!

皆さんのお力添え、何卒、よろしくお願いします。

From Ken SAMURAI



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1974年名古屋生まれ。アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)等を経て、2008年サムライインキュベート設立。創業期スタートアップから投資・成長支援を行うVC事業で現在国内外のスタートアップ累計190社以上に支援。また大手企業の新規事業創出等イノベーション支援を行う。