”私は、人種で区分して、投資してない。人の潜在能力に投資している”
見出し画像

”私は、人種で区分して、投資してない。人の潜在能力に投資している”

10月22日開催のSAMURAI VISION SUMMITのSESSION 4を"パレスティナ女性エンジニアが壁を超え、変える世界"のタイトルで行います。パレスティナトップVCのibtikarfund Managing General Partner Mr. Habib Hazzanさんと私が登壇します。そのHazzanさんとの出会いのきっかけと、このSESSIONにかける想いを纏めたいと思います。

サムライインキュベートのイスラエル進出した理由とは?

弊社は2014年にイスラエルへ進出をしており、今日現在でイスラエルスタートアップ38社へ出資・成長支援しております。イスラエルに進出をした理由は3つありました。

(1)日本のスタートアップをグローバルに進出させるために、イスラエルのVC、スタートアップとの架け橋になるため

(2)日本の大手企業がグローバルでの競合優位性を強くするために、イスラエルDeepTechスタートアップとの架け橋を作るため

(3)ビジネスを創出して、雇用を生み出すことにより、イスラエルとパレスティナ間の戦争・紛争を停止させるきっかっけをつくるため

特に3つ目の理由は、祖父を第2次世界大戦のインパールの戦いで亡くしているこに関して、鮮烈な記憶があり、私の中で戦争・紛争を止めることは、かなり強く使命感を持っています。

ibtikarfund Hazzanさんとの出会い

2014年にイスラエルに進出してから、パレスティナへ何度か訪問をさせて頂きました。その時は、JICAの皆さんと一緒に、大学や小学校、スタートアップ、起業家、インキュベーションセンター、VCを見学、インタビューさせて頂きました。その時に出会ったVCの一人が、ibtikarfund Hazzanさんでした。その際にHazzanさんに言われた一言が今でも頭の中で鮮烈に残っています。

”私は、人種で区分して投資してない。人の潜在能力に投資している。”

これは、私が「なぜ、パレスティナで投資してるのですか?」という質問に対しての回答でした。「なぜこんな戦争、紛争が起こっている場所なんかで投資して、リターンがあるんだろうか?」と思っていた私の心の内を見透かされた気がしました。日本でもサムライインキュベートは過去の経歴には関係なく投資しているスタンスである自分がそういう風に思っていたことに対して、なおさら自分のことが恥ずかしくなったことを今でも鮮明に覚えています。

そして、後に、Hazzanさんの経歴を調べて、更に驚愕をすることになります。

弁護士事務所、IBM、PwC、そして、イスラエルのマッキンゼーでマネージャーを約3年勤めた後、イスラエルトップVC PitangoのManaging General Partnerを約3年務め、その後にパレスティナに移住し、ibtikarfundを設立されています。Hazzanさんの本気度が改めて垣間見れました。自分だったら、そこまでできるだろうかと自問自答し、私も将来こんなVCになりたいと志しました。そして、Hazzanさんは私の中でベンチマークしている一人になりました。そのようなこと背景もあり、今回SVSでの登壇を依頼させて頂きました。3年ぶりくらいにご連絡させて頂いたので覚えていらっしゃるか正直不安でしたが、すぐにご快諾して頂き、本当に嬉しかったです。

先日、SESSIONについての事前ディスカッションmtgをしました。以前は私も初めてのパテスティナVC訪問だったので、緊張していたせいもあり、Hazzanさんの迫力を感じましたが、先日のmtgでは本当に心優しい方でした。改めて、私の認識が間違っていなかったんだと安心もしました。

セッションの見どころは?

スクリーンショット 2021-06-23 14.40.32

今回のSESSIONタイトルは、

”パレスティナ女性エンジニアが壁を越え、変わる世界”

をテーマにセッションします。このSESSIONを組んだ理由は、パレスティナのICT大学を訪問させて頂いた際に、女性の割合の多さに驚いた点、そして、JICAのレポートなどで女性のエンジニア比率が非常に高いという点から、パレスティナ女性エンジニアのプレゼンスを日本において、より高くする機会をSVSを通じて、提供したいと思いました。私の夢はパレスティナを、世界でもっとも女性のエンジニアが活躍し、もっとも女性の起業家の比率が高い国にすることです。

そして、今回の事前mtgではその私の考えをHazzanさんにぶつけるためでもありました。以前Hazzanさんを現地で訪問した際は、女性の起業家の投資先の比率はそんなに高くなかったです。「女性起業家の比率は高いですか?」という質問をした記憶もあります。そして今回、改めて女性の起業家の比率を質問しました。Hazzanさんはこう答えました。

「女起業家の投資比率は、投資先26社中、今40%くらいです。」

たった数年で女性起業家が増え、投資する機会も増えています。なぜ、パレスティナは女性起業家が多いのか?その答えは、当日のSVSでぜひご体感ください。

・なぜ、HazzanさんがパレスティナでVCに挑戦しているのか?
・なぜ、パレスティナなのか?
・なぜ、パレスティナは女性エンジニアが多いのか?
・どんな潜在能力がパレスティナにあるのか?

パレスティナでのプロジェクトを多数実行されている株式会社パデコ プロジェクト・コンサルタント 町田 和俊さん、そして、パレスティナのテックウーマンをまさに支援されているTechWomen Fellow Nadiah Sabanehさんと沢山議論ができればと思っています。

SVS当日、こちらのSESSIONもお楽しみ頂ければ幸いです。

こちらのSESSIONは、SAMURAI VISION 2030にある、西岸/ガザの壁から出れない起業家/経営者、エンジニア(1.5万人)に絞っています。ここを支援することも我々の使命です。

 ①できないと思っている人に“機会”を提供する
 ②できないと思っている人の“環境”を変える
 ③できないと思っていた人が“夢”を実現する
 ④できるようになった人が“志”を継承していく

できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える

2021年10月22日、SAMURAI VISION SUMMITでお会いしましょう!

皆さんのお力添え、何卒、よろしくお願いします。

From Ken SAMURAI





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1974年名古屋生まれ。アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)等を経て、2008年サムライインキュベート設立。創業期スタートアップから投資・成長支援を行うVC事業で現在国内外のスタートアップ累計190社以上に支援。また大手企業の新規事業創出等イノベーション支援を行う。