見出し画像

リフォームしたい?それなら職人に直接相談しな!


私はどこの会社にも属さない、
フリーランスの壁紙職人です。

歴22年。素晴らしい技術を持った職人仲間達と毎日、よりよい仕上がりを求め、切磋琢磨しながら現場に出て壁紙を貼っています。

長年この仕事を続けさせてもらって感じている事は、建築現場の職人というカテゴリはまだまだアナログだなと言う事。グローバル化の波に全く乗り切れていないし、建築会社やその下請け業者に使われている末端の職人なんて、ネットで探しても中々見つからない。
職人自ら考え発信する時代だと、頭ではわかっていても、目の前の現場に追われて日銭を稼ぐ為に朝から晩まで必死に働いて「あー、俺今日も頑張ったなあー。」飯くって、風呂入って、寝る。
日曜出勤なんて当たり前。人材不足がささやかれている建築の職人は現在もハウスメーカーやリフォーム会社の奴隷と化しています。

建築業界のピンハネ事情

リフォームを考えているお客様はどこに相談すればいいのかわからず、ネットで検索。そこに出てくるハウスメーカーやリフォーム会社が、仕事を受注し、建築屋に丸投げ。その建築屋から専門業者に発注し、そこで初めて我々職人に仕事が回ってくる。我々が仕事する現場は大体このシステムである。
下請けならぬ、孫請け、下手すりゃひ孫請けである。そして現場に行けば、元請けに決められた工期とにらめっこしながら、100%の力を出せない状況下でバタバタと仕事をせざるを得ない。

お客様は大金を支払っているにもかかわらず、どんな職人が来て、工程を省かれた施工をされているかもしれないと思うとゾッとしませんか?
腕の良い職人さんはたくさんいます。そんな職人さんに当たればラッキー。
しかし残念ながら、雑な仕事をする同業者もやはりいるのです。お客さんはロシアンルーレットで職人を選んでいるようなものです。

基本的に住宅内部のリフォームなんて、大工さん、電気屋さん、水道屋さん、ペンキ屋さん、クロス屋さんがいれば十分なんです。リフォームしたいと思ったら、絶対、直接職人に相談するべきです。
どの業種の職人も大抵、横の繋がりがあり、異業種の職人仲間がいます。ネットで検索して出てくる個人の職人さんなら自分で最初から最後まで尻拭いをする覚悟があるはずなので職人同士のネットワークを駆使し、責任を持ってリフォーム工事を請け負い、施工してくれると思います。

職人にお願いするメリット

お客様直接のご依頼なら親身になって対応してもらえるだろうし、お客様が支払うコスト的にも絶対にお得だと思います。職人もそれは同じ。中間業者を通さないでいいので、仕事に見合った報酬をお客様からいただけるのです。
双方ウィンウィンってやつです。そして何より、職人の気合いの入り方が違います。職人は気合いが入れば入るほど気持ちのこもった綺麗で丁寧な仕事をします。職人とはマインドが大事。そういうものなんです。

リフォームの構想は練っておく事


お客様がある程度、リフォームビジョン(間取りや部屋の雰囲気など)があるならばそれを職人に伝えるだけでOKです。きっと明確な施工手順と段取りを提案してくれるはずです。
なぜならば、職人は毎日現場にでて、現場を全く把握できてない能無しのリフォーム会社の営業マンや監督の無理難題を幾度となく形にしてきてるのですから。

リフォーム工事は大きな買い物です。
そして今はお客様が施工する職人を決める時代です。そこら辺の新築住宅の前で休憩してる大工さんを捕まえて、一度相談してもいいんじゃないでしょうか?

私も壁紙のプロです。
わからないことなどがあれば質問だけでもお受けしますので気軽にご相談くださいね。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
壁紙職人 サカグチセイジ(和歌山市の職人直営店)
和歌山県和歌山市の壁紙職人、サカグチセイジです。 国家資格を有する「一級壁装技能士」です。 壁紙、ビニル床施工など内装仕上げ工事のプロです。 リフォーム工事を直接職人に依頼してみませんか? 余計なマージンを払う時代は終わりです。 https://cross-s.biz/