見出し画像

Web面接本番!押さえておきたい注意点やポイントなど

こんにちは。株式会社平山 編集部(採用企画課)T橋です。

さてWeb面接本番!
今までの実力が十分はっきりできるよう、
Web面接時の注意点を事前にチェックしておきましょう。
急なトラブルがあっても、慌てることなく面接に臨めますよ!

目次
1.面接する前に必ずチェック
2.面接中のチェックポイント6つ!
3.トラブルが起こった時の対処法
4.まとめ


画像1


1.面接する前に必ずチェック

面接時に何よりも大切なこと…それは充電です!!
特にスマートフォンなどの場合、面接時に途中で切断されてしまうことを
防ぐためにフル充電されているか確認してください。

思ったより充電の減りが早かった、そんなことがないように
念のため充電器に接続しておくと安心です。

また、面接中に着信音、アラームなど中断するものがないように
音のなる可能性のあるものは通知をオフにしておきましょう。


画像2


2.面接中のチェックポイント6つ!

2.1.早めにツールへのログイン!
面接直前だと、思いがけない通信回線の遅れやフリーズなど
思いがけないトラブルになりがちです。

とはいえ、ログインが早すぎても良くないので、
10分前にセッティングしておくことで
万一のトラブルにも余裕をもって面接に臨めますよ♪

2.2.まずは挨拶!
最初によい印象を与えられれば、その後の内容も受け入られやすくなるため
挨拶はとても大切です。
笑顔ではきはきと明るく受け答えをするように心がけましょう。

2.3.話し方にも注意
通信環境などにより、接続時にタイムラグが生じることがあります。
相手の様子や通信状況などをみながら、間を意識しながら話すことで
面接官に落ち着いた印象を与えることができます!

2.4.Webカメラのレンズをみて話す
画面に映った相手の目をみて話していても、
相手からは目線が下がり、相手を見下ろしているように見えて、
イメージダウンしてしまうことも…

顔を映しているのはレンズなので、レンズを見ながら話しましょう。
慣れない場合は練習することも大切です。

自分がどう映っているか不安な場合は、事前に家族や友人などに見てもらい
テストしてもらうのもイメージがつきやすくなります。

2.5.声のボリュームにも気をつける
接続や相手の環境などにより、声が聞こえにくいこともあります。
Web面接では声をいつもより少し大きめに発声するようにしましょう。
はっきりと声のトーンもワントーン上げ明瞭に話すことで
面接官にも明るく印象や聞き取りやすさを与えることができるので一石二鳥です。

2.6.最後まで気を抜かない
面接終わりだからといって気を抜いてはいけません。
最後の挨拶が終わっても面接官に応募者は見えているので
面接の最後の画面が消えるまで笑顔で気を抜かないようにしましょう!


画像3


3.トラブルが起こった時の対処法

どれほど対策や気を付けていても、急なトラブルが起こることがあります。
特にオンラインの場合は、通信回線やエラーのせいでフリーズや、
音声が聞こえなくなるなどの問題が珍しくありません。

自分側の問題だけでなく、面接官側にトラブルが発生する場合もあります。
とにかく慌てず落ち着いて対応することが何より重要です!!

予期せず起きてしまった場合には事前に電話番号などの連絡先を
控えておきましょう。
想定外のトラブルにも焦らず対応できますよ!


4.まとめ
前回に引き続き、チェックしてきましたが、
基本的なことは対面の面接と大きく変わりません。

万が一トラブルがあった場合も落ち着いて冷静に対応し、
採用官の指示に従って、行動しましょう。

この記事を読んでくださった皆様のWeb面接の成功を祈っております!!


【Youtubeでも面接までの簡単ステップをご紹介!】


<求人のご相談などはこちらよりお気軽にご連絡ください>
【 求人サイト 】https://monoppu.com/
【フリーダイヤル】0120-516-745(24h/年中無休で受付中)
【メールアドレス】go-16745@hirayamastaff.co.jp

株式会社平山
(東京本社)〒108-0075 東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川6階

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【モノづくりを支える製造支援会社】求人サイトはコチラ→https://monoppu.com/ お仕事などのご相談もお気軽にお問い合わせください*