<製造業・工場での面接対策>面接官が教えます!面接でよく聞かれること6つ!
見出し画像

<製造業・工場での面接対策>面接官が教えます!面接でよく聞かれること6つ!

こんにちは。株式会社平山 編集部(採用企画課)T橋です。

製造業の現場で働くにあたっては、面接は避けられません。
工場で働きたいけど、何を質問されるかわからないし…
と応募者の方からもお声を頂くことも多いです。

今回は、そんな面接でよく聞かれる質問や面接官がチェックする
ポイントなどご紹介していきます!!


1.面接でよく聞かれる質問6選&チェックしたいポイント
2.企業側から逆質問された場合には…?
3.他にも!面接官はこんなところもチェックしています!
4.まとめ

画像1


1.面接でよく聞かれる質問6選&チェックしたいポイント

(1)自己紹介
面接の最初に「自己紹介をどうぞ」と促されることが多いです。
氏名や職務経歴などを1分~2分程度で簡潔に答えるようにしましょう。
 
このときに長々と職務経歴を話すのではなく、内容をかいつまんで短時間に
おさまるようにまとめて話すことがポイントです。

自己紹介は冒頭で行われることが多いので、
最初からしっかりアピールできるように
明るくハキハキと答えることも意識しましょう!


(2)志望動機
志望動機は面接の際に必ず質問される項目の1つです。
面接官は長期的に勤めることができ、求めている人材かどうかをチェックしています。
また、面接を受けている企業を調べているのか?なども試しているので、
事業や業務内容などを事前にリサーチしておきます。

志望動機として「給料が良いから」「好きだから」「家から近いから」
などの理由を前面に出すのはNGです。

「どれくらい企業に対して興味を持っているのか」、
「自分が入社した場合、どう貢献できるのか」について
自分の経験を盛り込みながら、入社後はこうしていきたい
とアピールしていくことで意欲や熱意を企業側に見せることができます。


(3)職務経験
面接の中で職務経験を聞かれることもよくあります。
面接官としては、業務を行ってもらう際に有利な資格や
経験を積んでいるかを確認しています。

過去の職務経験の中で 企業側が求めている経験や資格などと
合致する部分は積極的にアピールしていきましょう!


(4)退職理由
面接側としては、前職の退職理由を確認することで、
勤務態度や就業上トラブルが無いかを判断しています。
ここでは、ネガティブな印象を与えないように回答をすることが大切です。

ステップアップの為やもっと専門的に経験を積みたいなど、
前向きな理由はイメージアップにもつながります。

退職した会社の悪口や自分本意の言い訳などは、
かえって自分自身の印象を悪くしてしまいます。
マイナスイメージを与えないように注意しましょう。


(5)長所・短所
企業により、長所と短所を質問する場合もあります。
面接官は応募者の性格や客観視できるかどうかを見ています。

こちらも工場での勤務に対してアピールできる長所を伝えましょう。
短所に関しては、ポジティブな言葉に言い換えて回答します。
 
「集中力がある」、「責任感が強い」など一言で終わるのではなく、
具体的なエピソードを添えるとより伝わりやすくなります。
短所を説明する際は、日々心掛けていることなどを付け足すことで、
プラスの印象を与えることができます。


(6)仕事内容に関連した質問など

・細かい仕事は得意かどうか?
工場では手先の器用さが求められる工程も多くあるため、
ニーズも多くあります。
細かい作業が得意なのであれば、大きなアピールポイントになります!
その際に資格や経験などもあれば合わせてアピールするとよいですよ。

・残業は可能かどうか?
面接で残業ができるかどうかを問われた場合は,
必ず残業をしなければいけないというわけではなく、
生産状況やイレギュラーな事態など、残業が発生しそうな場合に
残業ができるのかの確認なので、よほどのことがない限り
「残業をすることは可能です」と答える方がよいでしょう。

画像2

2.企業側から逆質問された場合には…?

最後には「弊社への質問はありますか?」と必ず逆質問されます。

内容によっては、
「自分の会社のことをしっかり調べてくれているんだな…」という
アピールの場にもなりますが、企業のホームページを見ればわかる内容や
すでに面接時に説明された内容を質問してしまうと研究不足と思われ、
やる気を疑われてしまうことも…準備を怠らないようにしましょう。

また、面接時に疑問に思った点や、仕事内容などでもっと詳しく聞きたい!
という場合は、わからない点は残さないように質問しましょう。

画像3

3.他にも!面接官はこんなところもチェックしています!

話の内容はもちろんですが、面接官は下記のポイントも見ています。
・目線や顔の表情
緊張した状態で面接すると表情が硬くなってしまいがちなので
表情を柔らかく笑顔で話すことを心がけましょう。

また、話すときはしっかり面接官の目をみて話します。
わからないときは、面接官の鼻のあたりや首元を見ればOK
面接官が複数いる場合は、視線を移動させながら質問した面接官に向かって
話すようにすれば大丈夫です。


・挨拶
面接官より先に挨拶をすることで、明るく前向きな印象になります。
表情や声も明るいトーンで心がけましょう。

・声のトーンや話し方
暗いトーンだと話した声も聞こえにくく、暗い印象になってしまうので
声はいつもより気持ち高く、ゆっくりはきはきと話しましょう。


応募者が入室したタイミングから面接はスタートしているので、
印象を意識しながら受け答えすることで好印象を与えることができます。 

4.まとめ
今回は工場の面接でよく聞かれることや、面接の質問対策をまとめました。

面接は面接官側では書類だけではわからない人柄や意欲を見ることができ、
求職者にとっては企業の採用担当者から話を聞ける貴重な機会です。

面接後にもっと準備しておけばよかった…と後悔してからでは遅いので
せっかくの面接の機会に力が発揮できるように事前の準備をしっかり行いましょう!


【Youtubeでも面接までの簡単ステップをご紹介!】


<求人のご相談などはこちらよりお気軽にご連絡ください>
【 求人サイト 】https://monoppu.com/
【フリーダイヤル】0120-516-745(24h/年中無休で受付中)
【メールアドレス】go-16745@hirayamastaff.co.jp

株式会社平山
(東京本社)〒108-0075 東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川6階


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【モノづくりを支える製造支援会社】求人サイトはコチラ→https://monoppu.com/ お仕事などのご相談もお気軽にお問い合わせください*