見出し画像

製造業は朝が早いって本当?気になる1日の仕事の流れをご紹介!


こんにちは。株式会社平山 編集部(採用企画課)T橋です。
製造業と聞くと「朝が早い…」とイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
今回は現場で働く先輩のスケジュールをもとに
ご紹介していきたいと思います。

目次
1.製造業は平均的な始業時間とは?
2.工場勤務の1日の仕事の流れ
3.こんなメリットも!
4.それでも早起きが心配な方に

写真1

1.製造業は始業時間とは?
 勤務形態や勤務先によっても異なりますが、8時や8時30分など、
 8時台から開始が多いようです。
(弊社も始業が8時30時になっています。)

交替制勤務でしたり、食品系の工場などによっては早朝から勤務という場合があります。
製造業以外の会社ですと9時、10時が始業の場合が多いので、
平均的にも時間は早めとなっております。

写真2

2. 工場勤務の1日の仕事の流れ
そんな気になる1日の始まりですが、
製造の現場だと体操から始まるケースが多いです。
T橋の前職でもオリジナルの体操から1日が始まっていました。
入社当初は戸惑うこともありましたが、体操をすることで事故防止や目覚めの効果やリフレッシュなどいいことが多いのも体操だったりするので侮れません。

<工場勤務の1日の流れ>
8:00~ ラジオ体操
8:05~ 朝礼にて連絡事項や共有・引継ぎなど
8:15~ 各自持ち場へつき、作業開始
12:00~    仲間と食堂で昼休み!
      休憩所でのんびりするスタッフも。各々ゆっくり休憩します♪
13:00~ お仕事再開!
17:00  終業時間!お疲れ様でした♪

繁忙期だと、残業が発生しますがその場合はしっかり残業代もつきます。
稼ぎたいという人は、あえて残業多めの現場で働くこともありますよ◎

写真3

3.こんなメリットも!
ここまで1日の流れをざっくりご紹介してきましたが、
朝が早い分、うれしいメリットもあります!

・規則正しい生活になり、体調が安定!健康に!
  自然に朝型の生活になるので、夜の寝つきがよくなったり、
 今まで治らなかった夜型の生活を直せたという嬉しい声もあります!

・始業が早い分、終業が早いので仕事後の時間がしっかり確保できる!
 仕事後に買い物したり、習い事、ジム通い、趣味の時間など、
 自分の好きなことをして充実させている先輩も多いです♪

・通勤ラッシュを避けられる
 時間帯や地域によりますが、混雑をする時間の前に出勤できるので
 出勤時のストレスも軽減できます。

写真4

4.それでも早起きが心配な方に
それでも早起きは苦手だし…と心配な方もご安心ください!
工場によっては9時、10時スタートや朝が苦手な方には嬉しい12時出勤なんて会社もあります!
中には夜型だから夜勤で働くという選択肢をとった先輩もいます。
まずは自分の希望に合わせてお仕事探しを探すことが大切です。

<求人のご相談などはこちらよりお気軽にご連絡ください>
【 求人サイト 】https://monoppu.com/
【フリーダイヤル】0120-516-745(24h/年中無休で受付中)
【メールアドレス】go-16745@hirayamastaff.co.jp

株式会社平山
(東京本社)〒108-0075 東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川6階


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【モノづくりを支える製造支援会社】求人サイトはコチラ→https://monoppu.com/ お仕事などのご相談もお気軽にお問い合わせください*
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。