見出し画像

半導体製造業の仕事内容は?半導体製造で作っている物はこれだ!

製造の求人情報の中で「半導体製造」という仕事を目にしたことがある方は多いと思います。しかし、実際の仕事内容や何を作っているかはイメージしにくいですよね。

今回はそんな半導体製造業について、上記のことを含めて分かりやすく具体的に解説していきます。半導体製造業は、これからどんどん伸びていく仕事なので、製造業に興味のある方は内容を知っておいて損は無いので、是非チェックしてみて下さいね!

目次
1.半導体ってどんなもの?
2.半導体製造の仕事内容
3.時給、勤務形態は?
クリーンルーム
5.まとめ


画像1


半導体ってどんなもの?
半導体とは、導体と絶縁体の中間の電気伝導率を持つ物質のことを言います。私達が普段使っている「携帯電話」や「パソコン」などに使われている材料で、精密機器と呼ばれるものです。

とてもデリケートな物なので、作業するときはゴミやホコリが入ってこない「クリーンルーム」という綺麗な部屋に入ることがあります。

半導体製造の仕事内容
半導体製造で実際にどのような仕事をするかというと、
* 印刷
* 組立
* 検査

上記のような作業です。
印刷工程は主に機械オペレーターを担当し、配線回路の印刷を行います。組立工程は、ICチップの切り離しや、配線処理などを行い、検査工程で電気検査や外観検査などを行います。

精密機器なので丁寧に扱う必要がありますが、自動車製造のように早いスピード感を求められることはないので、几帳面な性格の人が向いていると言えるでしょう。

画像2


時給、勤務形態は?
半導体製造業の時給相場は1,200円~1,300円前後で、どちらかと言うと高い部類に入ります。

勤務形態は2交代、3交代制の交代勤務を採用している工場が多いです。基本的に24時間工場を動かしておく必要があるので、夜勤で働きたい方や夜勤手当をもらってガッツリ稼ぎたい人に人気の職種になります。

画像3

クリーンルーム
先程も少し説明しましたが、半導体の仕事をする場合クリーンルームで作業する可能性があります。

専用のつなぎのような作業服を着用し、クリーンルームに入る前に全身をエアーで綺麗に掃除してから入室する必要があるので、少し手間に感じる人もいるかもしれません。

作業服は食品工場などで見かける全身を覆う防護服のようなものをイメージすると分かりやすいでしょう。

まとめ
今回は、半導体製造の仕事内容について解説しました。
この仕事の大きな特徴は、

* 精密機器の為取り扱いは慎重にしなくてはならない
* 交代制、夜勤性の仕事の場合が多い
* クリーンルームという特殊な服を着る可能性がある

このようなものがあります。半導体の仕事はこれからも無くなるどころか需要は増えていく仕事なので、興味のある人はチャレンジしてみる価値は大いにあるでしょう。

<求人のご相談などはこちらよりお気軽にご連絡ください>
【 求人サイト 】https://monoppu.com/
【フリーダイヤル】0120-516-745(24h/年中無休で受付中)
【メールアドレス】go-16745@hirayamastaff.co.jp

株式会社平山
(東京本社)〒108-0075 東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川6階


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【モノづくりを支える製造支援会社】求人サイトはコチラ→https://monoppu.com/ お仕事などのご相談もお気軽にお問い合わせください*
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。