(占術解説:五行易)コロナウイルス第4派について
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

(占術解説:五行易)コロナウイルス第4派について

アメブロ投稿記事の占術解説です。五行易を勉強されている方など、専門家向けです。

画像1

<解釈>
用神はウイルス自身の感染力と見るため官鬼となります。官鬼は三爻の伏神となっているため表には出ず、ウイルスが隠れている状態です。
日晨の亥と月建の辰は、官鬼伏神の三爻申とは相生であるため、一見すると感染力自体は強くなさそうに見えます。しかし、三爻は申(金)を午(金)の回頭の剋となるため凶となります。さらに午未空亡より見せかけの姿となり、実際の感染力は強いようです。
また三爻の伏神:官鬼を後押しする要素が多く、ウイルスは今後も増えるようです。判断根拠は官鬼の原神である2つの妻財により、官鬼がさらに強くなります。
用神の三爻:申から午の回頭の剋より、午月の6月頃に第4派が収まるように見えます。しかし、官鬼は伏神であるため表面に出ていないため直接叩けず、さらに午未空亡であるため剋する力も弱いです。よってこの時期に完全に収まることはなさそうです。
最後にウイルス自体の性質としては、本卦:火山旅(六合卦)、之卦:沢水困(六合卦)であるため、常にウイルスがべったりと貼り付いている状態です。
そのため、感染回復後もウイルスの影響は続き、治りにくいと判断します。

以上ですが如何でしょうか。信憑性があるかどうかも含めて楽しんで頂けますと幸いです。

※あくまで占い講座の一解釈ですので、実際の行動は専門家の指示に従ってください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東洋占術は、中国を中心としたアジア圏で育まれた人間として必要な知恵、つまり生きる技術です。この技術を、現代社会に活用できるよう研究、模索、実証を目指しています。この古くて新しい技術で、人生をより戦略的に進めていきませんか。