見出し画像

ビジネスとファッション⭐️60歳から始める「カッコイイおじさん」になるための大人の教養#50

おはようございます。
akiraです。
今日は、好印象・60代の「カッコイイおじさん」になれる
ビジネスとファッション、について、noteします。

60代の方、まだまだ現役バリバリのかたが多いと思います。
ご自身のため、後輩がビジネス、他人との付き合いをうまくやれるサポートのために、ファッションは大切と思っています。
ビジネスの成否に影響を及ぼします。

私は、服を意識的に選ぶことで、かなり得をしています。

私は、ビジネスやアクションを通して欲しい得たい結果にコミットして、服を選ぶことを心がけています。
それでかなり得をしています。
といっても、選び方は簡単。

選ぶシャツの柄とスーツ
会議、面接の時は、出来る男に見せるため、縦のストライプ、できれば太くはっきりしたストライプのシャツ。
これに光沢あるスーツ(ツープライス・スーツです)を合わせてます。

ネクタイの色・柄
欲しい結果に合わせて、ネクタイの色を決めています。
紺系のネクタイなら、落ち着いたビジネスの交渉
赤系のネクタイを締めたら、エネルギーいっぱい、精力的にビジネスしようの合図、と決めています
柄は、プレーン、ドットは上品系に、
写真のレジメンタルストライプは、元気を見せたいときに使います。

靴・ベルト
黒・茶のプレーントウ、よく磨いておきましょう
相手は足元を見ています。
あと、お洒落さんでも知らない方がいるので、念のために一つ、お伝えします。
「靴とベルトは同じ色」にするのが原則です。


土日イベント系の仕事
カッチリ堅い印象のスーツは避けます。
・ジャケットにパンツ。
・ニットタイ。
・靴はローファーや夏ならエスパドリーユ。
・ビジネス相手がアーティスティックな方なら、スーツは避けます。
・ジャケパンが基本
・必要に応じて、ネックレス、ブレスレット、アンクレットを着用
相手と共通項があるものを身につけます

私は、服でかなり得していました。
私は、運とか実力とかでなく、服・見た目でかなり得していると、思っています。
どんなにビジネスで成果を上げている人も服も、実は無頓着な人ばかり。
こういった中で、服を意識するだけで、周囲が認めてくれたような気がしています。
また、服の力で、自分の意識を上げる事ができ、「偉い方」とでも臆する事なくビジネスができるようになった気がします。
服にはそんな力が、間違いなくあります。
なので、少なくとも勝負という日には「欲しい結果」にコミットして服を意識的に選びしょう。
以上、全て、体験からお伝えしています。

ビジネスとファッションの関係を意識しましょう。

わからなければ、服は、パーソナル・スタイリストに選んでもらいましょう

もちろん私でも結構です。akira

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note初心者60sです。とてもうれしい、ありがとうございます。
15
60歳から始めるカッコイイおじさんになるための教養ー斎藤明です。1958年AOC・TOKYO.服のコンサルタント協会認定フッティングソムリエ、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・ワイン検定講師、SAKE DIPLOMA。区役所幹部。好印象ファッション、ワインの秘訣をシェア!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。