見出し画像

自分のステーショナリーのデザインを刷新した

少し前なのですが、定額給付金の10万円を活用して自分の名刺やステーショナリーを作成しました。名刺はフリーランスになったときに別のデザインで作っていたのですが、良い機会なので全部刷新して新たにつくりなおしました。

マークはSSをモチーフにいくつかパターンを検討して、結果下の画像の左上のデザインをブラッシュアップしたものにしました。なんとなく昔ながらの巨匠っぽいマークにしたいなと思っていました…笑 あとパターンにしたときに面白い形状になったというのもこのデザインにした決め手のひとつかもしれません。

画像1


印刷は活版のスミ一色でシンプルに。書体はこのデザイン用にカスタムタイプフェイスを作成しました。硬くも柔らかくもなりすぎなないように、ただちょっとした部分で癖がでるようなそんな書体を目指して作っています。マークとの造形の上での関連性は特にありませんが、意外としっくりきているのではないかと思います。

02_アートボード 1 のコピー 7

02_アートボード 1 のコピー 6

02_アートボード 1 のコピー

名刺、封筒ともに結構大胆にスペースをとったり、大胆なサイズでレイアウトしたりしています。繊細さと大胆さのギャップがアイデンティティの表現のテーマになっているのかもしれません。もう少し感覚的な言葉だと「ノリ」を揃えているという感じかもしれません。わかりやすいルールは設定しなくてもノリを揃えれば統一したデザインの世界観で情報伝達できると思っているので、そうしたことを自分のステーショナリーで表現できるのは楽しいですね。


02_アートボード 1 のコピー 8

02_アートボード 1 のコピー 9

また、封筒などに比べると表には見えてこない部分ですが、見積もり書や請求書、レターヘッド、ポートフォリオなどもあわせてデザインしています。これらは自己満足みたいなものですが、クライアントが自分みたいなものなので自分が満足しないデザインなんて面白くもなんともないので…笑


02_アートボード 1 のコピー 10

02_アートボード 1 のコピー 12

02_アートボード 1 のコピー 13

02_アートボード 1 のコピー 14

これらも自己満足というか遊びみたいなものですが、Tシャツやトートバッグなどグッズみたいなものも同じアイデンティティの中でつくっています。Tシャツは胸の部分、刺繍なんです。結構かわいいです。しょっちゅう着ていますが、背中にベタッと模様をシルク印刷してるので夏場に自転車など乗ってるときに通気性が悪くめちゃくちゃ汗かきます…。それはともかく、こういった細かいものも同じデザインで揃えるとアガりますよね。ロゴとかアイデンティティのデザインってまさに会社やブランドにとっての服みたいなものなので、一張羅の服を着るみたいなテンションになってもらえる(この場合はなる)ことが大事かなぁとか思います。


02_アートボード 1 のコピー 11

02_アートボード 1 のコピー 4

そしてもちろん、自分のWEBサイトも同じデザインで統一しています。メディアが変わってもできるだけ同じような印象を持ってもらえるように考えています。良かったらいろいろ見てもらえると嬉しいです。↓


コロナ禍というキッカケではありますが、そんな中でも自分のテンションを良い位置にもっていくためにも、ステーショナリーを刷新して良かったなと思います。やっぱデザイナーの基本にして究極みたいなとこもあるので。

印刷費も個人なのでそこまでかけたわけじゃありませんが、的を絞ればこういった統一感を出すことは可能です。もし自分もやってみたい!などの会社や、ブランドの担当の方がいらっしゃいましたらデザインなどお手伝いします!是非、ご連絡ください。宜しくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
グラフィックデザイナー / アートディレクター 2019年よりフリーランスのデザイナーとして活動開始。音楽や映画、ビールが好きです。 [WEB] https://www.saitoshunsuke.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。