見出し画像

果物って糖尿病でも食べても良いの?果糖がもたらす健康被害

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

ところで、果物って普段食べられてますか?

男で1人暮らしだったらまず、食べないでしょうね(笑)


健康の為には、果物を食べた方が良いようになってますが、

果たしてそうでしょうか?


糖尿病の患者さんなら、担当の先生から果物は

食べ過ぎないようにと言われてるかもしてません。


なので、今回は糖質である果糖それと清涼飲料水に含まれる

ぶどう糖果糖液糖の毒性について解説したいと思います。


動画解説はこちら


それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

画像1

果糖

先ずは、果糖に関する解説をしていきます(*'▽')


・フルクトースのこと

・果物、蜂蜜の中に多く存在する

・甘味はショ糖の1.2~1.8倍

・腸管でブドウ糖より遅く吸収される

・ブドウ糖、乳酸塩に変化するが、80~90%はそのまま門脈を通り

肝臓に運ばれる肝臓で代謝されるがインスリンの作用を受けない


このため、果物は血糖値を上げない所以です。

ですが・・・

画像2

糖分の過剰摂取


摂取された糖質は大部分が貯蔵糖、グリコーゲンとして

肝臓および筋肉中に貯蔵されます。


果糖が厄介なのは、果糖が肝臓でグリコーゲンに変化する率で、

ブドウ糖に比べ約3.6倍であるところです。


果糖のまま肝臓に送られてきた部分は、ブドウ糖よりも

速やかに代謝される。


故に果糖は、食後血糖値は上がりにくい性質の反面、大量摂取により

血中の中性脂肪を上げ、体重増加につながり糖尿病を

悪化させる危険性があります。


ブドウ糖多量摂取で起きる脂肪肝、実はブドウ糖が

一旦果糖に変換することから始まるという報告がある。

(Lanaspa et al. 2013)


ブドウ糖を果糖に変換できない遺伝子操作されたマウスは

より健康であるという報告もある。

(Lyssiotis and Cantley 2013)


果糖を摂りすぎると、肥満になる。

画像3

飲料に添加する糖分


清涼飲料水に含まれる糖は以下の通りです。

・ぶどう糖果糖液糖(果糖含有率が50%未満)

・果糖ぶど う糖液糖(同50%以上90%未満)

・高果糖液糖 (同90%以上)


これらは総称して異性化糖とも呼ばれるが、果糖又はブドウ糖を

主成分とする糖である。


ショ糖が転換される場合もある。なので、この果糖が規制されてる

国もあります。


【糖分規制】

WHOは、2016年10月に糖分入り飲料に課税消費を減らすことを各国に

呼びかけ有り。


米国では糖分を多く含む炭酸飲料などに課税する

自治体レベルの動きが出ている。


しかし、日本は導入検討中である

(「健康医療 2035 提言書」)

聞いたことあるかもですが、ソーダ税とかそういうことです。

日本ではまだ、なんですよね…

まとめ


1.果糖

2.糖分の過剰摂取

3.飲料に添加する糖分


果糖は直接は血糖値を上げませんが、

結果的に肥満になり糖尿病のリスクファクターにある。


でした( ^ω^ )

次回も健康に関する情報を発信していきますので、

よろしくお願いします。


気になることがあればどんどんコメントしてねー( ^ω^ )

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~


参考URL:


⇩YouTubeはこちら⇩


⇩Twitter⇩


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

寒くても毎日、汗かいて💦調剤薬局で勤務🌈 病気になってから後悔される方が大勢いるのに気づく💫/健康のうちから、皆さんの疾病予防に努めようとYouTubeやtwitterで(https://twitter.com/saitorio3)で健康に関する情報を発信中です🌈

もっと頑張ります💪
3
寒くても毎日、汗かいて💦調剤薬局で勤務🌈 病気になってから後悔される方が大勢いるのに気づく💫/健康のうちから、皆さんの疾病予防に努めようとYouTubeやtwitterで(https://twitter.com/saitorio3)で健康に関する情報を発信中です🌈
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。