1. 自己紹介をします
見出し画像

1. 自己紹介をします

はじめまして。
齋藤 愼之介と申します。
設置型ベビーケアルーム"mamaro"を中心としたソーシャルビジネスを
展開するTrim株式会社のCOOを務めています。
事業の拡大を通じて、世の中のママがより子育てをしやすい世界を創るぞ!という事で頑張っている会社(人)です。

今までにもTwitter(@saishin_biz)を中心に時折呟いていたのですが、
もっと発信めいた事をしても良いな、と思いnoteを開設しました。

事業のこと、会社のこと、キャリアのこと、何らかのTipsなどを
140字以上で語りたい時に活用しようと思います。
※現時点で想定される内容は左から順に可能性大>小です。

3分で分かる僕のこれまで

画像1

ざっくりな流れで言うと以下のような形。
>>BtoC営業→BtoB営業(以降は基本BtoB)→営業企画→事業開発→今。
いわゆるBizdev(Business Development)の何でも屋のようなキャリアです。

特筆すべき点を2つ挙げるとすると以下2つです。
■1. 10社以上のビジネスにどっぷり関わっている経験がある
 (※少稼働コンサルから常駐のBPO等まで/合計20くらい?)
■2. 社内賞を取るような"スーパー営業"だった経験は一切ない
 (※だからこそ、泥臭いことをやり、勝ち筋をパターン化…の繰り返し)

いろんな引き出しの中から、物事や人をつなぎ合わせて"仕組みにする"事が一番得意な分野です。社内外の情報整理もそこそこ得意です。

Trimに来るまでのキャリア

【1. フツウの大学生→芸能の道へ。】
 もともと大学でメディアや映像制作について学んでいましたが、
制作系のゼミ活動の中で「作品に出演するほうが褒められる(=たのしい)」という事に気づき、大学を退学して芸能スクールに通いました。

 その後は芸能事務所に入り、舞台や映像でお芝居をしたり、ブライダルモデルとしてショーに出たり……27歳までおおよそ7年間、いろんな事をしていました。

【2. 初めての就職(不動産会社)】
 結婚を視野に入れたときに、今の不安定な収入はダメだな……と思い、
人生で初めて就職活動をしました。高卒で職歴のない27歳、とにかくどの会社も面接をしてくれない。笑
 「キツイけど大丈夫か?」「ウッス!」みたいな面談でなんとか採用していただいた投資用不動産の会社でファーストキャリアをスタート。
 1日に400件テレアポをしても、アポが1件も取れない。受注もまったく取れない。大抵のことはそつなくこなせる、というこれまでの自分がぶっ壊れるくらいに体力面・精神面どちらもハードで、結果を出せずに半年で退職。「ウッス!」と息巻いてた自分が信じられないくらいダメダメでした。
 (当時の関係者の方には迷惑を掛けすぎて、謝るしかできません)

【3. 人も事業もマネジメントをしていく成長フェーズ】
 自分は就職に向いていないんだな〜〜と2ヶ月くらい何もせずに過ごしていたんですが、幸いな事に知人から「それなら俺の会社に来いよ!」とメッセージが。たどり着いたのはSurpassという女性中心の営業支援会社。
 営業は二度とやりたくないと思ったのに、結局また営業。ただ、声を掛けてもらって、こんな自分を採用してもらった縁があるので、何とかやらねば……という思いで必死にやりました。
 1日に飛び込み100件をやるハードなプロジェクトで一定の結果を残し、2年目には他プロジェクトのリーダー→マネージャーと多くの成長機会をいただきました。セールスBPOの枠に留まらず、新規事業の立ち上げやBPRなど様々な事を経験させてもらった事が今の自分の基盤にもなっています。

【4. 育休と、社会に影響を与える事業】
 30歳のときに育休を3ヶ月取り、そのときに感じた体験がきっかけで「社会に影響を与える事業に携わりたい」という思いが強くなりました。
 タイミングとご縁があって、クラウドワークスの小会社立ち上げに参画。小規模な組織だからこそ、これまでの横断的にいろんなことをやってきた経験が生き、1年半の間で多くのことを経験しました。
 上場ベンチャーの中で働く、ということも初めての経験で、「伸びている会社が、伸びている理由」を感じられたのは自分のキャリアにとっても財産になりました。今でもすごく好きで、かつ勝手にいろんなメソッドを真似している素晴らしい会社です。

【5. そして今に】
 
息子が1歳になり、2歳になり、そして娘が生まれる事になり、いっそう意識が強くなる子育てに関わる事業に関心が高まりました。
 社会的には決して強い立場にない(他を挙げたらキリがないが)子育て中のママのためになる仕事、という観点でいろいろと考えて動いた結果、Trimに行き着くことになります。


▼子供と遊ぶのは本当にたのしい(遊んでもらっている説)

画像4

Trimがやっていること

以下の3つのプロダクトを手掛けています。
1. 設置型ベビーケアルーム mamaro
2. 授乳室/おむつ交換台検索アプリ Baby map
3. 身長計測アプリ mamaro ME

ソフトウェア・アプリだけでなくハードウェアもやる、というのは
昨今のスタートアップでは珍しいんじゃないかと思っています。
ITであり製造業でもある面白い立ち位置(※面白いでは片付けられない困難な事が事業初期には特に多かったようですがココでは割愛)です。
主力事業は↓のmamaro。このプロダクトに掛ける思いは後述します。

画像3

Trimで僕がやっていること

僕は2019/7に営業として入社し、12月からBizdevのマネージャー。
そして2020/6からCOOとしてビジネス全般から徐々に全社的な目線に
シフトして営業、業務構築、開発、製造、採用、、、、
いろんな事に足や首を突っ込んだりしています。

15人ぐらいの小規模な、いわゆるスタートアップなので
何でもやるし、何でもやらなければいけない環境です。

まだまだ仕組み化も出来ていないし、あれやこれやと足りない事ばかり。
いわゆる大企業やイケてるメガベンチャーと比較すると、
お世辞にも働きやすい環境とは言いにくい中で、
そこまで魂を燃やす意義って何でなの?と言うと……

不便なことが多い「子育て」の世界をプロダクトの力で改革して、
新しい世界をつくっていきたい

まさにこの一言に尽きます。
僕自身も育児休暇で感じた「不便なこと」がたくさんあります。
今悩んでいる・困っていることが無くなったらどんな世界が待っているだろうか?そんな事を考えられる非常にワクワクするビジネスです。

世の中には"社会課題"なるものが子育ての世界以外にも多くありますが、
僕はその中でも、実体験があり、そして身近なところでも困っている人が多い「子育てママ」にフォーカスを置いて、Joinの意思決定をしました。

育児休暇で感じたこと

2017年5〜7月の3ヶ月間、長男の出産に合わせて育児休暇を取得しました。
当時は女性が多い企業にいた事もあり、スムーズに理解を得られた事を今でも感謝しています(育休を取らなければ今のキャリアはないので)

いろいろ思っていた事はありますが、
【子育てをしやすい環境・街づくりが十分でない】という事を強く感じていました。

例えば、、、、、
1. 駅の電車の乗り換えでエレベーターが全然無くて、長距離を歩かされる
2. 歩道がない道が多く、どこをベビーカーなら歩けるのか分からない
3. 出先ですぐに入れる授乳室やおむつ交換台が無い、分からない

3に関してはMap上で授乳室やおむつ交換台を探せるアプリがあり、
特に知らない土地ではそれだけを頼りに街を歩く、という事もありました。
そう、Babymapです。この時にTrimという会社を知りました。

スクリーンショット 2020-08-12 14.01.07

mamaroが創っていく"これからの世界"

そんなこんなで、その2年後にTrimにメンバーとしてJoinする事になります。

奇しくも私がBabymapに出会った2017年から事業がスタートしたmamaro。
これを書いている現在(※2020/8)では累計190台
北海道から鹿児島まで全国様々な場所へ設置実績があります。

導入メリットを挙げるとキリが無いのですが、
以下のような理由で導入が進んでいます。

・授乳室を新設するよりも圧倒的にコストが安い
・工事が要らないのですぐ使える
・各種IoT機能との連携で施設利用者への訴求や価値向上にも使える
 ※Babymap上でmamaroの場所・空き情報がわかったり...etc

もちろん目指す先は1000台2000台、という世界ではなく、
何処に行ってもmamaroがあって、子育て×お出かけにおけるママの悩みが解消されている世界です。

駅に、レジャー施設に、ショッピング施設に、役所や役場に………
あらゆるお出かけ先にmamaroがあれば、
もう授乳やおむつ替えを何処でやれば?という悩みは無くなっているかもしれません。

そう、mamaroが目指す先は子育て社会のインフラです。
電話が全盛だった時代をご存知の方は電話ボックスを、
そんなの知らんぞ、という世代の方は自動販売機とかを思い浮かべていただくとイメージが付きやすいかもしれません。

どちらも必要な時に、すぐそこにある"モノ"です。
(厳密には電話ボックスは150,000台、自動販売機は2,000,000台と
 桁外れに設置数があるので、社内の目標値とはかけ離れますが…)

ただ、そこに近いような存在になっていきたい、という気持ちは
常に持って事業運営をしています。

最後に.....

簡単にはなってしまいましたが、
僕がいま何をしているか、という所にフォーカスをした記事でした。

これまでのキャリアの話については折に触れて何か体系化できているものがあれば記載をしていくかもしれません。

ここまで長文を読んでくださった方、ありがとうございました。
今後もnoteは不定期ですが何らかのアウトプットを続けようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼mamaroの設置にご関心のある方▼
mamaro特設ページ

▼Trimで働くことにに興味がある方▼
Wantedly

▼齋藤の呟き(中身はない)を見たい方▼
Twitter
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が参加している募集

自己紹介

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Trim株式会社で取締役をしてます。 |ベビーケアルーム【mamaro】と授乳室検索アプリ【Baby map】で子育て×お出かけがHappyな世界を!|27歳まで俳優&モデル→不動産営業→Surpass→クラウドワークス→今|4歳息子と1歳娘がかわいい|さいしんと呼ばれてます