サグリ株式会社

SATELLITE × AI × GRID  ⼈類と地球の共存 サグリ株式会社は、衛星…

サグリ株式会社

SATELLITE × AI × GRID  ⼈類と地球の共存 サグリ株式会社は、衛星データを活用し、途上国の農業問題や環境問題などの解決に貢献するため、2018年6月に設立されました。

最近の記事

学生時代から機械学習の研究をしてきた藤原さんへインタビュー。藤原さんがサグリに入社した理由をご紹介【入社者インタビュー】

採用担当の山本です。今回は、2023年9月に機械学習エンジニアとして入社した、藤原さんの入社された経緯をご紹介します。 大学時代から機械学習を学ばれていた藤原さんが、業務にやりがいを感じる瞬間とは? 是非、ご一読ください! つくったプロダクトに、誰かからの反応があることがやりがいに。まずは経歴を教えてください。学生時代は何を専攻されていたんですか? 大学は工学部でコンピュータサイエンスを学び、大学院は情報学専攻でした。 もともとゲームが好きで、学生時代はシューティングゲー

    • インド法人の立ち上げを担当し、現在は新興国への事業拡大に取り組む永田さんにインタビュー!

      採用担当の山本です! 本日は、サグリのインド法人を立ち上げた、永田さんのインタビューです。 2019年からサグリのインド現地法人の立ち上げを担い、サグリの海外事業をゼロから牽引してきた永田さんに、直近の取り組まれている仕事とこれからを伺いました! 現在はどのようなMissionに取り組まれていますか? 新興国(ASEAN以外)とのビジネスの拡大をすべて担当しています。 これまで、サグリに入社してから、インド法人の立ち上げ、全世界への拡大を目指してきました。 現在は、インド

      • VISION・MISSION・VALUEをご紹介。MISSION・VALUEを刷新しました!

        採用担当の山本です! サグリでは、直近1年で社員が急増し、海外にも2拠点を構えています。 プロダクトは「アクタバ」「デタバ」「サグリ」をリリースし、事業も多角化しております。各事業で新たな研究開発テーマにも取り組み、事業開発・サービス開発を行っております。 このタイミングで新たに、全社員でサグリの目指す世界観を共有し、サグリらしい組織文化を共通言語で語るため、MISSION・VALUEを刷新しました。 今後は、VISION・MISSION・VALUEを体現した取り組みやグ

        • サグリ、経済産業省及び農林水産省の令和4年度第2次補正予算「中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)」に採択されました。

          ~衛星データとAIを活用し、耕作放棄地・作物分類解析及び農業分野での温室効果ガスの削減を目指す〜 サグリ株式会社(本社:兵庫県丹波市、代表取締役:坪井 俊輔)は、衛星データ(Satellite)×機械学習(AI)×区画技術(GRID)を掛け合わせ、農業と環境における課題解決を目指す岐阜大学発インパクトスタートアップです。この度、経済産業省と農林水産省の令和4年度第2次補正予算「中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)」に採択されました。合計交付金は約12.7億円となり

        学生時代から機械学習の研究をしてきた藤原さんへインタビュー。藤原さんがサグリに入社した理由をご紹介【入社者インタビュー】

          海外事業部を牽引する坂本さんインタビュー!国連WFP・JICAという経歴を持つ坂本さんがサグリを選んだ理由は?

          採用担当の山本です! 今回はサグリのシンガポール法人において、海外事業を牽引する坂本さんにインタビューを行いました。 P&G、国連、JICAと異色の経歴を持つ坂本さんがスタートアップのサグリを選んだ理由とは?是非ご一読ください! スラム街のすぐ横に高層ビル、に違和感を持った大学時代サグリの海外事業部では「農業分野でのカーボンクレジットの創出・販売」を目指していますが、もともとこのような環境問題などにも興味があったのでしょうか。 もともとは、親が消防士だったこともあり、公務

          海外事業部を牽引する坂本さんインタビュー!国連WFP・JICAという経歴を持つ坂本さんがサグリを選んだ理由は?

          今後の「アクタバ」「デタバ」の機械学習モデル開発テーマをご紹介!経済産業省の中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)に採択され、開発を加速します!

          採用担当の山本です。 この度、サグリが経済産業省の中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)に採択されました。 今回は、採択を受けて、今後さらなる進化に向けた「アクタバ」「デタバ」の開発テーマをご紹介します。 ▼「アクタバ」「デタバ」についてはこちら SBIR採択の背景 「衛星リモートセンシングビジネス高度化実証」が中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)の公募のテーマのひとつになっており、サグリはこのテーマで採択されています。 サグリのような農業分野の他、防

          今後の「アクタバ」「デタバ」の機械学習モデル開発テーマをご紹介!経済産業省の中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)に採択され、開発を加速します!

          営農向けアプリケーション「サグリ」の連携協定!第一弾記事:農林中央金庫さんとの連携をご紹介。

          採用担当の山本です。 今回は、営農向けアプリケーション「サグリ」のサービス拡大に向けて、日本にて農林中金さん、タイにてCPグループさんと連携協定をしたことを受けて、第一弾として農林中金さんとの連携についてご紹介させていただきます。 温室効果ガス(GHG)の削減が農業分野で注目される背景 温室効果ガス排出、というと、あまり農業分野で排出されているというイメージが沸かない方も多いかと思いますが、実は世界で排出される温室効果ガスの4分の1は農林業が占めています。 日本では農業分

          営農向けアプリケーション「サグリ」の連携協定!第一弾記事:農林中央金庫さんとの連携をご紹介。

          サグリが「J-Startup Impact」に選定されました!

          「J-Startup Impact」とは? 経済産業省ではこれまで、イノベーションの担い手であるスタートアップへの支援を目的に、官民一体となって集中的に支援を行う「J-Startup」プログラムを運営してきましたが、本年度よりインパクトスタートアップに対する認知向上や支援の気運醸成に向けて、潜在力の高いインパクトスタートアップへの集中支援を行う「J-Startup Impact」を設立し、ロールモデルとなることが期待される 30 社を選定しました。 インパクトスタートアッ

          サグリが「J-Startup Impact」に選定されました!

          サグリの採用ページが新しくなりました!

          採用担当の山本です! 本日は、サグリの採用ページが新しくなったのでご紹介です! サグリは従業員数も直近2年で7名から28名まで増え、事業も多角化しています。自社プロダクトも「アクタバ」「デタバ」「サグリ」の3プロダクトを展開し、その他、官公庁や地方自治体から相談いただく、サグリの知見を活かせるPoC案件など、事業と組織が拡大中です。 そのような環境下において、改めてサグリが会社全体として向かっている方向性、目指す姿、そして強みとなるコア技術をあらためて、サグリへの入社を検

          サグリの採用ページが新しくなりました!

          【公共チーム】松崎さんインタビュー!国土のDXにおけるPoCでの取り組みとは?是非ご一読ください!

          採用担当の山本です。今回は、公共事業でPMを務める松崎さんに、公共事業の魅力を伺いました!入社以来、大変な案件に取り組まれる松崎さん。 まずは、入社の経緯を教えてください。 もともとは独立系の開発会社に勤務しておりましたが、実は農学部出身で、1社目の会社では環境コンサルタントとして、植物調査を専門にしていました。貴重な植物がどこに生育しているかの調査やダムを作る際に植物に与える影響の分析、日本全土の植生図作成などのテーマで調査やデータ分析を行う際に、GISも利用していまし

          【公共チーム】松崎さんインタビュー!国土のDXにおけるPoCでの取り組みとは?是非ご一読ください!

          サグリ株式会社が創業5周年を迎えました。

          サグリ株式会社が創業5周年を迎えました。 はじめに サグリ株式会社は、2018年6月14日に創業しました。この度、設立5周年を迎えたため、日頃からお世話になっている方々をお招きして、メンバーとともに記念イベントを実施いたしました。 5周年記念イベントの概要 設立5周年を迎え、サグリにジョインしているメンバーと、応援者が集うイベントを開催しました。サグリ株式会社 代表取締役CEO 坪井俊輔より、サグリ創業までの歩みと、創業後のストーリーが語られました。 ご祝辞 株式会

          サグリ株式会社が創業5周年を迎えました。

          【入社者インタビュー】農業の現場で利用されるアプリ「Sagri」の技術・ビジネス開発を手掛ける小林さんインタビュー!

          採用担当の山本です。今回は、2023年5月にサグリに入社した小林さんをインタビューしました。 研究者のバックグラウンドを持ち、一貫して農業分野に携わりキャリアを積まれた小林さんに、今後のサグリのビジネスの可能性を伺いました! 是非ご一読ください。 まずはこれまでのキャリアを教えてください。 大学院在学中から、農研機構で働いており、農業気象分野を担当していました。温暖化の影響で農業環境はどう変わっていくか?といったテーマを研究していました。実はその頃も少し衛星データには関わっ

          【入社者インタビュー】農業の現場で利用されるアプリ「Sagri」の技術・ビジネス開発を手掛ける小林さんインタビュー!

          【入社者インタビュー】管理部長としてサグリに入社された阿部さん!キャリア選択の軸やサグリを選んだ理由をインタビュー。

          こんにちは。サグリ株式会社 採用担当の山本です。 今回はサグリに管理部長として入社された阿部さんに、転職でサグリを選んだ理由をインタビューしました!転職に悩んでいる方、ベンチャー企業ってどうなんだろう?と考えている方は是非ご一読ください!! 阿部さんは新卒で銀行へ入行し、証券会社の投資銀行部門、ベンチャー企業での経験をされた上で、サグリへ入社していますが、これまでの会社選びについて教えてください!新卒ではなぜ銀行へ就職されたのでしょうか。 私は宮城県の仙台市出身なのですが、

          【入社者インタビュー】管理部長としてサグリに入社された阿部さん!キャリア選択の軸やサグリを選んだ理由をインタビュー。

          オフィスを移転しました!社員数も増加し、さらに成長するサグリの新オフィスを少しだけご紹介!

          採用担当の山本です! サグリは今月2023年4月、新オフィスに移転しました。 新オフィスのアクセスは「新宿三丁目駅」直結、「新宿駅」徒歩6分です。 直近で、エンジニアの他、ビジネスサイドのメンバー、バックオフィスのメンバーも増員しており、社員、パートさん、インターン生も合わせて従業員数は25名に。 社内ではさまざまなプロジェクトが走っており、業務も拡大しております。 移転先の「ビジネスエアポート新宿三丁目」は、占有スペースであるお部屋とコワーキングスペースの両方が利用可能

          オフィスを移転しました!社員数も増加し、さらに成長するサグリの新オフィスを少しだけご紹介!

          サグリがスタートアップ育成プログラムである「J-Startup」に選定されました!

          採用担当の山本です。 サグリが2023年の「J-Startup」に選定されました。 「J-Startup」とは 実績あるベンチャーキャピタリストや大企業の新事業担当者等の外部有識者からの推薦に基づき、潜在力のある企業を選定し、政府機関と民間の「J-Startup Supporters」が集中支援を行うプログラムです。 経済産業省・⽇本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO )が事務局となり、プログラムの運営を行っています。 ▼J-Star

          サグリがスタートアップ育成プログラムである「J-Startup」に選定されました!

          営業視点・顧客視点から見た「アクタバ」「デタバ」をご紹介!農地調査の効率化の先にある価値についてお話いただきました!

          採用担当の山本です。今回は「アクタバ」「デタバ」の営業を担当する鷲見さんに、営業目線や顧客目線での「アクタバ」「デタバ」の良さや今後の課題を伺いました! 自治体の農地管理の実態や、「アクタバ」「デタバ」が農業に貢献していける兆しはあるのか?是非ご一読ください。 鷲見さんは現在、まだ「アクタバ」「デタバ」を触ったことがない新規の自治体への営業が多いんですよね?実際どのようなところが自治体は気になるのでしょうか? 「農地の現地確認をやりきれない」というのはみんな共通している悩み

          営業視点・顧客視点から見た「アクタバ」「デタバ」をご紹介!農地調査の効率化の先にある価値についてお話いただきました!