マガジンのカバー画像

SBGスタッフブログ【毎週土曜更新】

79
SBGのスタッフ4人が毎週書いたブログをまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

さがみこベリーガーデン、プレ会員募集中!!

さがみこベリーガーデンは相模原市で初となる農業と太陽光発電のハイブリッドによるソーラーシェアリング型のブルーベリー観光農園です。 現在養液ポット栽培で33種類・1000本以上のブルーベリーを育てています(今後は50種類まで拡大) 私たちは、中山間地の集落で耕作放棄地を借りて再生し、農園を営んでおります。地域に配慮しつつ、コロナ禍にあっても、密を避け、大切な人とゆっくり楽しんでいただくため、完全予約制・会員制農園としています。 現在、2022年6月OPENに向けて「プレ会

スキ
24

『諦めない』

さがみこファーム代表の山川です。 事業をしていれば、小さなものから大きなものまで、しばしばトラブルに見舞われることがありますよね。 事業とはトラブル対処の連続であり、トラブルのない事業などありません。 ただ、そうしたトラブルに見舞われた時こそ、その人の真価が問われる気がします。 言うべきことは言い、受け入れるところは受け入れること。 冷静に、粘り強く、自分と相手のことを考え、安易な妥結ではなく、建設的に落としどころを探ること。そして決して諦めないこと。 諦めなければ、

スキ
8

偶然と必然の出会い

「東京の生活史」(岸正彦編、筑摩書房)という本を読みました。 と言っても1200ページもの分厚い本なので、拾い読みしただけですが・・ この本は、 「東京で暮らしているひと、いろんな階層と年齢と職業とジェンダー、東京でいろいろあるけど一生懸命暮らしているひとの人生を聞きたい」 という編者の思いから生まれました。この本がユニークなのは、先ず聞き手を一般公募で150人募ることから始めたことです。その聞き手が、それぞれひとりずつ150人の語り手の生活史を聞き取り、1冊にまとめたもの

スキ
5

ミドリゾウリムシ的生き方

ミドリゾウリムシという生き物をご存じでしょうか。 よく似た名前で「ミドリムシ」(別名ユーグレナ)がいますが、こちらは藻類の仲間で、別の生き物です。 一方ミドリゾウリムシは、池などによくいるゾウリムシの親戚で、細胞内にクロレラが共生しているため、クロレラの葉緑素で緑色になっています。ミドリムシは、細胞の中に直に葉緑体が存在しますが、ミドリゾウリムシは自分の細胞の中に、他の生物であるクロレラを取り込んでおり、立派な動物です。クロレラにとってみれば、ミドリゾウリムシは光のある所へ連

スキ
11

SBG夏のスタッフ募集!

こんにちは! さがみこベリーガーデン(SBG)は相模原市初のソーラーシェアリングによる会員制のブルーベリー観光農園です。 私たちは「次の時代の一次産業の形をつくる」ことを目指し、3年余り前にこの地でほぼゼロからスタートし、活動エリアを徐々に拡大、いよいよこの夏、プレ会員向けにブルーベリーの観光農園をプレオープンします! プレオープンに伴い、夏(7-8月)の観光農園スタッフを大募集します! 若者からシニアまで、様々な人がSBGで私たちと一緒に汗を流し、夢を共有してくれるこ

スキ
10

シン・ソーラーシェアリング

さがみこファーム代表の山川勇一郎です。 巷では「シン・ウルトラマン」が話題ですね。 私も先日映画館で見てきましたが、あえて昔っぽい特撮の中にも現代風のアレンジが随所にあって、楽しめました。 庵野秀明監督・脚本の作品は「シン・エヴァンゲリオン」「シン・ゴジラ」と、「シン」シリーズが立て続けにヒットしています。この「シン」という言葉には作品毎にそれぞれ複数の意味があるそうですが、そうした重層的なメタファーが庵野作品の真骨頂ですね。 さて、そんな中で、「私たちも”シン・ソーラー

スキ
36

ミツバチから始まる取り留めもない表明

はじめまして。2022年5月からSBGのスタッフとして参加している小出竜士(こいで りゅうじ)といいます。 スタッフブログということで何を書くべきかうんうんと唸っていますが、今回はSBGで働くスタッフとして日常であったちょっとしたことを通じて、初心表明(所信表明)を書いていこうと思います。 SBGでの私の役割は、ブルーベリー、ヘーゼルナッツ、ショウガ、ハーブなどの栽培管理などを担当しつつ、摘み取りにいらっしゃったお客様への対応なども行います。(その他は草刈りとか草刈りとか草

スキ
7

SDGs未来都市・相模原とさがみこファーム

相模原市は2020年度に日本のSDGs未来都市のひとつに選ばれました。 SDGs未来都市は、国がSDGsを推進するため優れた取組みを提案した自治体に対して指定するもので、2018年度から2021年度までに全国で124の都市が選ばれています。 相模原市のホームページを見ると、SDGs未来都市とは「SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組みを推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都

スキ
14

SBGはなぜ「会員制」なのか?

さがみこファーム代表の山川勇一郎です。 今は6月18日の観光農園オープンに向けて準備の真っ最中。スタッフたちが連日畑で作業をしています。 さて今日は、SBG(さがみこベリーガーデン)はなぜ「会員制」という形を取っているのかについて話をしてみたいと思います。 一つ目は、地域と自然への配慮です。私たちは3年余前にこの土地と人と偶然出会い、そこからこのプロジェクトをスタートさせました。以来、様々な形で地域の方に助けていただきながら事業を進めてきましたが、当然のことながら地域には

スキ
11

IPCC第6次報告書を紐解く

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の評価報告書(第6次評価報告書第3作業部会報告書、AR6/WG3報告書)が先日公表されました。 ご存じの方も多いと思いますが、IPCCは国連気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)の略で、人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として、5~6年ごとにその間の気候変動に関する科学研究から

スキ
5

論より実行-勝負はこれから!!

両刀使い 天は二物を与えず 二兎を追うものは一兎をも得ず 身の丈知らず 一意専心 石の上にも三年 棒ほど願って針ほど叶う 石橋をたたいて渡る 小事が大事を生む 千里の道も一歩から 不言実行 有言実行・・・ ウーン、こう並べてみると、ありますねー、いろいろ。 さあ、僕たちはどの道を行けばいいのだろう。先人の教えはどれも一面の真理だから困ってしまいます。 ハッキリしているのは、僕たちは評論家ではないし学者でもない、ジャーナリストでもないので、論じているだけではダメということ

スキ
15

『さがみこベリーガーデン』公式ウェブサイトがオープン!~春のイベントを一挙ご紹介します!!

自然エネルギーと大地の恵みをシェアするブルーベリー農園『さがみこベリーガーデン』公式ウェブサイトが3/18にオープンしました。 『さがみこベリーガーデン』のウェブサイトでは ・各種体験イベントの告知・予約 ・夏の摘み取り体験の告知・予約 ・農園の最新情報 ・プレ会員と法人会員の申込 ・関連商品のオンラインショッピング(秋以降) などができます。農園情報はこちらをチェックしてください。 4月、5月も注目イベントが既にUPされています。ちょこっと情報を紹介します。 4月9

スキ
5

クイズ 配管の総延長は何m?

春本番、ブルーベリーたちも冬から目覚め、花芽も膨らみ始めました。冬の間は潅水を止めていましたが、そろそろ水やりを始めなければなりません。しかし、その前にポットの配管作業があります。昨年植えつけた苗550鉢を移設したので、新たな配管が必要になったのです。これが結構大変なんです。 ポットは大きく6カ所のエリアに分けて配置してあり、コントローラから太い主管で各エリアに配管します。各エリアでは主管から枝管を分岐し、さらに枝管に差し込んだドリップピンから養液を供給します。 先ずは主管

スキ
3

若いちから

バブル経済が崩壊して30年が経つ。 当時の日本は高度経済成長末期で株価が高騰し地価も異常な高値をつけた。高値が高値を呼び、ゴルフ場の会員権が億を超えるところもザラで、小金井カントリーなどは1990年代初めには4億円を超えた。そんなバカげた高値が成り立つということはそれでも買い手がついたということだ。 日本全体が浮かれていたのだと思う。いわゆるマネーゲーム。実態経済が一気に5倍10倍になるわけはなく、やがて膨らんだ風船玉がはじけて、長期低迷の時代に入る。そのあと、国も本質を見据

スキ
25