見出し画像

SNSで愛される投稿7ヶ条。

突然ですが、SNS上で愛されたくないですか?

ぶっちゃけ、僕はめちゃくちゃ愛されたいです。どうせSNSをやるなら、色んな人に愛された〜〜い!愛、深まって欲し〜〜〜い!

ツイッター上で、拡散されるわけではないけど、その人のことが好きになっちゃうような投稿する人、いますよね。ああ…フォロワーからの親密度が上がるような投稿のコツ………知りたい!!!!!

そこで!!!

「多くの人に愛されること」が仕事の1つであるアーティストのアカウントと、固定ファンがいるインフルエンサーのアカウントには、

「愛されテク」が詰まってるハズ!!!!

と思い、アカウントをみながら「あの人のこういうツイート、よかったなぁ…好きになるなぁ…♡」と思った理由を言語化して、型にまとめてみました。

SNS上で、共感や愛着や親密感を、どう感じてもらうか?

「フォロワーに「人間味」を味わってもらう」

というのが一言で言える、愛されアカウントのテクニックだということが、分かってきました。

この人にも自分と同じ部分あるんだな 、
この人にも弱さや悩みがあるんだな、
この人の意外な一面知っちゃったな、と思えること。
そして、その人のストーリーがわかること。

これらが、アカウントのキャラの人間味につながっていくと考えています。

というわけで、具体的に人間味をだす方法を、
「SNSで愛される投稿7ヶ条」として、まとめました!

—————————————————————

SNSで愛される投稿7ヶ条

①【ネット上で甘える。】
②【弱みをさらけだす。】
③【ギャップを見せる。】
④【内輪ネタをつぶやく。】
⑤【癖を明確にする。】
⑥【私生活を披露する。】
⑦【夢を宣言する。】

—————————————————————

①【ネット上で甘える。】

フォロワーに、知らないことを聞いたり、困ってることを頼ったりしてみるツイートです。人は他人から頼られると、嬉しいもの。頼ってばかりにならぬよう、自分のフォロワーへの頼り具合を調整しながら、聞きたいときは聞いちゃうのです!

(例)香取慎吾の「教えて世界」ツイート

相手が困ってる時に役に立てたって貢献感、いいですよね。軽いアンケートでも、真剣に聞きたいことでも、聞いたら何かしらレスポンスが返ってくるのが、SNSのいいところ。フォロワーの多い人が頼ると、この人の役に立って、いいとこ見せたい!という思いが募るので、効果的です。

=====================

②【弱みをさらけだす。】

「この人も、意外にこんなとこあるんだ!」「これができないんだ〜可愛いとこあるな〜!と思ってもらう投稿です。作為的にミスするのではなく、純粋にミスした時にツイートするのは重要。完璧な人ではなく、不完全な人の方が愛らしくなっちゃいますよね。

(例)川谷絵音の「コンタクトしたまま寝ちゃった」ツイート

あるあるな弱みでも、苦手なことに辟易してる様子でも、親近感が湧きます。また、フォロワーが増えて完璧っぽいイメージがついてる人ほど、不完全さのアピールをすると身近に感じて可愛いですよね。

=====================

③【ギャップを見せる。】

やっぱり、雨の中で犬を助ける不良は、好かれます。たまに職種やキャラと違うことをつぶやいてみると、意外な一面を知れて好感度が上がります。人は、いろいろな面のある多面体なので、「この人にも、そういうとこ、あるんだな〜」と感じれると安心できます。

(例)ゆうこすの「足がすくむ」ツイート

いつも大胆に、軽やかに、鮮やかに仕事を進めているイメージがあるゆうこすの何かに躊躇している様子のツイート。普段との差があればあるほど効果的です。あとからギャップを見せた理由の伏線回収をすると、より一層好感度が深まります。

=====================

④【内輪ネタをつぶやく。】

フォロワーしかわからない内輪ネタは、「フォローしてツイートみてるから、分かるよ!」感を醸成します。内輪に入れた人は、「わかったよ!」というリアクションをしたくなるもの。直近の話題を引用ツイートせず話したり、固有名詞・独自の用語を使うと良さそうです。

(例)山田孝之の「山クラ寝かせない」ツイート

山クラの人たちは、「山クラ」とは俺たちのこと!と思えるツイートです。俺たちのことだ!と思うと、リプライも増えます。その人のSNSを追ってないと知り得ないことだと、なお良いですよね。

=====================

⑤【癖を明確にする。】

同じことを何回もしちゃうって、癖や習性に近いですよね。ネガティブなことでもダメなとこでもツイートしちゃって大丈夫です、むしろダメなところの方が良さそうです。何度もやっちゃうことを何度もツイートすると、癖や習性を認識してもらえます。繰り返し同じミスをしちゃうのが、人間らしさです。

(例) たらればさんの「酔った〜」ツイート

いつも分析的に、情熱的に、作品や記事について有益につぶやくたらればさんも、月に何度かは酔っ払って、なんてことない「酔ったー」ツイートをします。この人は酔うと気分が良くなっちゃう人なんだな、と親近感が増しますよね。

=====================

⑥【生活を披露する。】

両親、友達、恋人、ペット、地元、影響をうけたもの、自分の過去…などなどアカウントの私生活に基づくネタを見せる投稿です。楽しげだとなお良さそうです。アカウントの人格のルーツが明らかになっていると、より一層その人のことを知れた感じがしますよね。

(例)しおたんの「会社員時代」ツイート

フリーランスになってからの活躍が凄いしおたんには、こんな会社員時代があったんだ…と思わせるツイートです。過去と現在との差や、昔の自分と現在の自分とのリンクを明確にすると、効果的だと思います。

=====================

⑦【夢を宣言する。】

「この人のストーリー気になる!」「夢が達成されるところが見たい!」と思わせるような夢を宣言し、キャラクターのポジションをハッキリさせます。喜びも失敗も、夢と地続きのストーリーにしていくと、なおワクワクしますよね。

(例)岡崎体育のプロフィール

彼はプロフィールに「■目標は2020年までに”さいたまスーパーアリーナ"でワンマンライブをすることです」と入れています。何かのきっかけでその人を知った時、SNSを見ると、何を目指してるか、何をしているかが明快な状態になってるのは、素敵ですよね。

=====================

なんか書いてたら、SNSというか、人間が愛されるテクニックな気がしてきました〜〜〜!

さまざまなアカウントを見ていて思った重要なポイントは、人工的に弱みを演出するのではなく、自分本来の不完全さを、恐れずにSNS上に出してみる、ということだと思いました。

アーティストやインフルエンサーの方は、フォロワーやSNS、ネット、社会、ひいては世界への信頼感があるんですよね。そこが魅力であり、愛される源泉なのだと思いました。

ちなみに、このブログを書いているポインティ(@boogie_go)は、エロデューサーと名乗って、様々な性癖の人にインタビューして「猥談メルマガ」を週刊で書いていたり、月1くらいで猥談したい人が集まる「猥談バー」をやったり、やらしい仕事ばかりしてますが、たまにガチなブログを書くのは、③【ギャップを見せる。】です。あ〜〜愛されてえ〜〜😂😂

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あなたがサポートすると僕のお腹が大きくなります♡

いい波乗ってんね〜〜〜〜〜!
368
株式会社ポインティCEO(チーフ・エロデュース・オフィサー)。東京生まれの27歳。早稲田大学文化構想学部を卒業後、株式会社コルクに漫画編集者として入社。2017年に独立しエロデューサー活動を始める。2018年、日本初の完全会員制「猥談バー」をオープン。体型は赤子、精神はギャル。

こちらでもピックアップされています

#編集 #ライター 記事まとめ
#編集 #ライター 記事まとめ
  • 659本

編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

コメント (5)
ふくまささん、愛し愛されていきましょ〜〜〜〜☺
いや、人によるかも知れませんが、いったん嫌われると私生活なんか話そうもんなら「自分語りウザい」とか、かなり叩かれますよ(笑)。
Twitterの使用目的によるのかも知れないですが。
笑いました。めっちゃいい記事ですね🤦‍♀️ヤラレター
こちらのまとめ方。とっても参考になりました!ありがとうございます。^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。