見出し画像

生理をラクにする食べ物part1

お腹が痛いときは何も食べたくないと思う。でも「消耗しているカラダにエネルギーを補給する」という感覚で、食べられる範囲で食べておく。ちゃんとした食事が無理でも、例えば「ゼリーなら」とか「冷たい麺なら」とか、それだけでも良い。冷たいものを食べた後は温かいお茶などでお腹を温めておく。

コーヒーは貧血を加速させるのでなるべく控える。

【生理をラクにするメニュー】

★中華サラダ(きくらげ入り)…きくらげが気持ちを安定させ、お酢が冷えと貧血を改善する。生理中の食事の副菜にピッタリ。

★冷奴(生姜と刻みみょうがのせ)…生姜が体を温め巡りを良くする。むくみ改善、胃の調子を良くする効果も。みょうがは生理痛を緩和する。精神安定効果、冷えの改善、口内炎ができている時や風邪気味のときにも。豆腐はたんぱく質補給と、体にこもった熱をとる作用も持つ。体に潤いを与えるので、咳が出るときや便秘のときにも良い。口臭を予防する。この一品は体内温度を整える効果が高いので、冷えているときや、熱があるとき、炎症があるときにも良い。

★豚の生姜焼…生姜が体を温めて巡りを良くする。むくみ改善や胃の調子を良くする効果も。豚肉は消耗した体力を補う滋養強壮効果が高い。体に潤いを与え、肌の乾燥や喉の乾き、咳、便秘改善効果も。貧血を改善する。元気をチャージしたいときに。

★レバニラ炒め…レバーは精神安定効果、貧血改善効果がある。ニラにも精神安定効果があるので、気持ちの揺らぎが大きい時に特におすすめのメニュー。ニラには疲労回復、腰痛改善、食欲増進効果や、体を温める効果、巡りを良くする効果もある。

次回「生理をラクにする食べ物part2」に続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです~
毎日のごはんや猫の記録、日々思ったことなどを書いていこうと思います。