Sae

ゆるりと。 【好き】 ・美味しいもの ・ぬくぬくベッド ・良い香りのもの ・美しい人やもの ・もふもふ ・夏、海、太陽 ・朝の露天風呂 【嬉しい】 ・あたたかい言葉 ・血の通った仕事 ・新しいことを知ること 【Contact】 sae.note8320@gmail.com

Sae

ゆるりと。 【好き】 ・美味しいもの ・ぬくぬくベッド ・良い香りのもの ・美しい人やもの ・もふもふ ・夏、海、太陽 ・朝の露天風呂 【嬉しい】 ・あたたかい言葉 ・血の通った仕事 ・新しいことを知ること 【Contact】 sae.note8320@gmail.com

    マガジン

    • 「マイノリティ」について考える

      病気になったことをきっかけに世の中・社会に対して感じたことや考えたことを正直に綴っています。ただの嘆きでも闘病記でもなくて、みんなで考えたいこと。

    • note公式編集部オススメ記事

      note公式編集部さんがオススメしてくださったおかげで、たくさんの方に読んでいただいた記事たちです。

    • 旅の記録

      旅のエッセイを書いています。キラキラエッセイではなく、シュールエッセイです。

    • 食いしん坊の終わりなき旅

      「これだけは食べてほしい・・!」と心から思った美味しいものをご紹介しています。

    「マイノリティ」について考える

    病気になったことをきっかけに世の中・社会に対して感じたことや考えたことを正直に綴っています。ただの嘆きでも闘病記でもなくて、みんなで考えたいこと。

    すべて見る
    • 35本

    なんかタイトルはつけたくない

    久しぶりにnoteをひらいた。 読む時間も書く時間もあまりなく、気になった記事はちょこちょこ読んでいるが大抵Twitterから飛んでいるからnoteのブラウザから記事を書く画面を開いたのは本当に久しぶりな気がする。 ありがたいことに仕事も忙しく、授業もあり、研究も本意には進められていないほどで(これは良くない)バタバタしていて、事実だけ見るととても幸せなことなのだけれど、メンタル的なキャパは結構ギリギリになりつつある。というわけで吐き出しに来たのだ。最近「自分のため」に書

    スキ
    187

    リモートワークをほんとにほんとに定着させて欲しい、という話

    緊急事態宣言が解除された。第二波が来る可能性はあるけれど、ひとまず「もとの生活」に戻っていくらしい。企業の中にも、リモートワークをやめて通常のオフィス出勤スタイルに戻していくところがまあまああるようで、ツイッターなどでも「出勤嫌だなぁ」「満員電車乗りたくない」という声が聞こえてくる。 ここまでみんなが意識を集中させて「リモートワーク」について考えている時間もそうないだろうから、せっかくだから書くことにした。 リモートワーク、続けて欲しい。 ほんとにほんとに、定着させて欲し

    スキ
    155

    「女性をエンパワメントすること」の難しさを感じて

    最近、女性をエンパワメントすることの難しさをひしひしと感じている。 大学院の授業が始まって、3週間がたった。だんだんと授業も軌道に乗ってきて、教授やクラスメイトたちと深い話をすることも増えてきた。 私が研究しようと思っている内容はまだ具体的に練られておらず、それも皆の前で意見交換しながらブラッシュアップしていくという感じ。研究室のクラスメイトは、博士課程に在籍する父親くらいの世代の男性(ちゃんとはわからないけれど5,60代くらい)と中国人の女性が3人だ。 私は、8年の会

    スキ
    328

    ただの「まる」でいいと思うんだけどな

    先日、音楽番組を観ていたら、よくある「昔のお宝映像VTR」的なやつで、玉置浩二の映像が流れていた。 割と懐メロは好きだし、玉置浩二の昔の映像を初めて観たわけじゃなかったのだけど、どこか引っかかった。 あれ?めっちゃメイクしてるじゃん、と。 私が観た玉置浩二は、まぶたにパープルのアイシャドウを塗り込んでいて、目尻にはくっきりと黒いアイライナーを引いていた。 「男性もメイクをする時代」とか「女性らしく、男性らしく、とか面倒よね」みたいな声にまみれて過ごしてきた私の中で、な

    スキ
    73

    note公式編集部オススメ記事

    note公式編集部さんがオススメしてくださったおかげで、たくさんの方に読んでいただいた記事たちです。

    すべて見る
    • 9本

    私的・2020年上半期ベストコスメ発表!

    半年に一度のコスメのお祭り。ベストコスメじゃ〜! この半年も、かなりコスメの力を借りて生きてまいりました。私にとって、何があってもどんな時でも毎日必ず手に取り、元気をもらうのはコスメです。漫画でも小説でもネトフリでもなく、コスメなのです。 世間でいう「ベストコスメ」っていうのはどうやら、その期間(今回だったら2020年上半期)に発売されたコスメのなかでランキングをつけるものらしい。のですが、私はこの場を借りてコスメの皆さんに日頃のお礼を申し上げたい。 この半年、そばにい

    スキ
    168

    もうナプキンは要らない? 「生理用ショーツ」ガチレビュー

    めちゃくちゃステマみたいなタイトルをつけてしまった。 ・・・けど、全然ステマじゃないです。誰からも1円も貰っていません。商品も貰ってません。自分のお金で買って、自分で使いました。 以下のレビューは全てわたし個人の感想です。ご了承ください。 わたし、遂に「生理用ショーツ」デビューしました。 1年くらい前から、ずーーーーっと気になっていたんですが、遂に試すことができました。遂にです。 「生理用ショーツ」って、何それ? って方も多いと思います。ざっくり言うと「生理の時に、ナ

    スキ
    813

    やっぱり、わかりません 〜ゴリゴリの文系の私が 「科学」にぶつかった話〜

    スマホの画面を時折確認しながら、授業終わりの教授が現れるのを待っていた。8年間の社会人生活の間で、時間を確認するのはもっぱらスマホかPCの画面。いつの間にか時計をしない生活になっていた。あぁ、腕時計をしてこればよかった、そう思う時はあっても、今日が終わる頃にはそんなことを考えていたことすら忘れてしまう。 * この冬、新卒から8年間勤務した会社を退職した。22歳だった私は、30歳になった。とても大きな会社で待遇は安定していたし、上司には可愛がってもらい、後輩にも恵まれ、とて

    スキ
    495

    ナースあさみとスーパー巡りしたら、オオゼキとOKがイチャイチャしてた

    全ての始まりは、Twitterでのこのやり取りでした。 昨年12月、まつしまようこさんがあまりにスーパーオオゼキを偏愛しているのが気になり、「オオゼキ?何それ?」状態でスーパーオオゼキを初体験。(感動のレポはこちら) その後、「いやいや、スーパーオオゼキすげ〜みたいな風潮あるけど、OKストアも負けてね〜よ?」というOKストア派の方々が声をあげ、「スーパーオオゼキ派vsOKストア派」で討論するという狂気に満ちたイベントが開催され、なぜか私も観覧。(狂気のイベントレポはこちら

    スキ
    160

    旅の記録

    旅のエッセイを書いています。キラキラエッセイではなく、シュールエッセイです。

    すべて見る
    • 8本

    母娘・弾丸倉敷の旅 【後編】

    1泊2日、母と娘の弾丸倉敷の旅、後編でございます。 前編はこちらから↓ 滞在時間25時間という強行スケジュールの中、数々のコンテンツをこなし、なかなか順調に楽しみまくっている女2人。 ようやく、たった1回の倉敷の夜を迎えました。 1回きりの夕飯。これはハズすわけには行かないぜ・・・と私が事前に予約していたのはこちら。 「キャンドル卓 渡邉邸」さん。 ガイドブックで見つけたこのお店、フレンチのおしゃれな一軒家レストランなのですが、なんと店内がキャンドルだらけ。キャンド

    スキ
    58

    母娘・弾丸倉敷の旅 【前編】

    これは、飛行機に乗るリハビリが必要な私(30)と、それを見守るべくついてきてくれた母(58)の、1泊2日で岡山県倉敷市を楽しむ弾丸女子旅❤︎の記録である。 ===================== 11:05 羽田発・岡山桃太郎空港行きの飛行機に乗るべく、私たちは家を出た。 「忘れ物ない?パスポートは?」 『いや、要らん要らん(笑)』 「『あーひゃっひゃっひゃ』」 という関西の一般人にしばき倒されそうなくらいつまらないやりとりをし、それくらいハシャイでいる自分たちを

    スキ
    62

    バス乗り場のおじさん

    岡山桃太郎空港に向かおうと、倉敷駅北口のバス乗り場を目指した。 倉敷駅からの直行バスに乗れば、35分ほどで空港に着くことができる。 Googleでバス乗り場の番号を調べる。2番乗り場らしい。 スーツケースをゴロゴロと引いて歩くと、大きく「2」と書かれた看板が見える。あそこだ。 乗り場には、まだ乗客らしき人は誰もいなかった。 その代わり、一人のおじさんがいた。 そのおじさんは、どうやらこのバス乗り場で案内の仕事をしている人らしかった。 スーツケースを持った私と母を見て

    スキ
    42

    大切な旅をひとつ、終えました

    一泊二日、倉敷へ行ってきました。 無事家に着いて、一安心です。 岡山県に降り立つのが初めてだったのですが、倉敷は本当に街が綺麗で、歴史があって情緒があふれていて、そこら中で会う人たちがみんな良いひとで。とても大好きな場所になりました。 この旅行は、今年の1月頃から休職してパニック障害の治療をはじめて、そろそろ飛行機にチャレンジしたくて企画した旅行でした。(ご存知のない方もいらっしゃると思うのですが、パニック障害は人によって差はありますが、電車や車、飛行機などの乗り物が苦手

    スキ
    49

    食いしん坊の終わりなき旅

    「これだけは食べてほしい・・!」と心から思った美味しいものをご紹介しています。

    すべて見る
    • 15本

    ラブいぜ、味噌煮込みうどん

    東京では、明日から寒波だってよ・・・・KAMPA・・・・。 寒いのが大の苦手な私には、なかなか厳しい日々になりそう。こうやってね、「寒いぞ〜〜くるぞくるぞ〜〜〜寒いのが〜〜〜」と自分を脅していると、あれ、案外イケるぞ、という結果になりやすいのです。私は。だから今回も、寒いイメトレをしまくっています。だからすでに寒いです。アホちゃう? *** 先日、出先でランチを食べました。 テレビで少し見たことがあって、ずぅっと気になっていた、味噌煮込みうどん屋さん。「うどんより蕎麦

    スキ
    54

    「しょっぱい+甘い」で終わると思うなかれ

    年末から順調に体重を増やしているわたしです。 増量しなきゃいけないのに増量できない、みたいな女優さんがいらっしゃったら、代わってあげたいくらいでございます。 *** シベリアロールという食べ物をご存知でしょうか。 あんこが入った、ロールケーキみたいなやつ。なぜ「シベリア」という名前がついているのかと言いますと・・・ 冷蔵庫の普及していない時代にひんやりとした食感と涼しげな名前が好まれ、昭和初期には「子供達が食べたいお菓子No.1」であったと伝えられ高齢者の90%以上

    スキ
    50

    特製アップルパイ 〜ポンコツポイントを添えて〜

    「料理が苦手な民に贈る小話」というnoteが思いの外たくさんの方に読まれてしまって、すっかり料理下手のポンコツキャラ(キャラというか、実際その通りすぎてもう何も言えない)になった。 そんな私も、3年に1回くらい「今日は、アップルパイでも、焼こうかしら・・・♡」というしずかちゃんのような感情が湧くもので、今日はその3年に1回くらいの貴重な日となった。 <思い出話> 3年前、当時の彼氏に出来上がったアップルパイを可愛くラッピングして持っていくも、「俺、ひとの手作りのもの、食べ

    スキ
    58

    スーパーオオゼキに行ったら偏愛と偏愛がバチバチしてた。

    ついに。行ってきました。 スーパーオオゼキ。 「オオゼキ?えっ、あのスーパーのオオゼキ?それがどうかしたの?」と思った方のために、説明します。 2019年4月10日、自称「ただの、なんてことのない、フツーの34歳主婦」であるはずのまつしまようこさんという方が、「わたしの趣味は、オオゼキです。」という超偏愛爆裂noteを書き、スーパーオオゼキへの愛を語り倒し、端的に言うと、バズりました。しかも、一瞬で終わることのない、超ロングラン・バズ!!終わりのない、エンドレス・バズ!

    スキ
    211