見出し画像

ひとつの庭。ひとつの樹木。

sachico tanabe

ひとつの庭を、ひとつの樹木を様々な高さで愛でる、眺める。
外から3段、中から2段。約12センチ(4.0寸)ずつの段差。
sado baseは平屋モデルハウスですが、高低差をつけ、植栽たちの成長の変化を築くのも「住まい」の醍醐味のひとつ。
忙しい日々でも、ゆっくりと変化する「樹木」のチカラを貰い生活したい。
そんな思いも詰まってるbio。なかのひと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
sachico tanabe
新潟県佐渡市出身。殻殻ふぁくとりー 一級建築士事務所代表。 ■建物は無完成■ ひとてま、人手間。きづかい、木づかい。その「思い」と「手」が、わたしたちのシゴト。 http://karakara-factory.com/