マッチングアプリの『決算書 2021』~②マッチングアプリの使いやすさ比較~
見出し画像

マッチングアプリの『決算書 2021』~②マッチングアプリの使いやすさ比較~

の続きです。


【マッチングアプリの使いやすさ比較】

「イケメンとかならもっと上手く使えている」という前提の元、

33歳おじさんが使ってみて感じた各アプリの使用感です。

画像12

結論から言うと、

「無課金で会えるとこまでいける可能性が高いアプリほど、業者や勧誘が多い」という結果でした。「いいねしやすい」「メッセージ無料」の『ティンダー』『オルカ』『レモン』とかです。

そういったアプリは集客は出来ているので、逆に客寄せパンダ的なサクラはいないという特徴もあります(『タップル』は例外)。

ただし治安(民度)はめちゃくちゃ悪いです。無料になればなるほど、治安は悪くなります。

逆に『ペアーズ』『ウィズ』『オミアイ』あたりは治安は良いけど、33歳おじさんにはマッチングしにくいなと感じました。

私が2021年8月現在も継続中なのは『ティンダー』と『タップル』の2つです。治安はあまりよくなかったりしますが、操作が分かりやすいし、いいねとかもしやすいと感じたのが理由です。

あとは『オルカ』『レモン』も使ってます。使いやすさ重視という感じです。やべーやついっぱいいるけど、ちゃんと「注意すれば」使いやすいって感じで使っています。


【各マッチングアプリ個々の使いやすさ】

ここからは個々の使用感です。「33歳の恋愛弱者のおじさんが使った感じ」というのを頭に入れてご覧ください。


画像1

まずは『ティンダー』です。巷の評判通りのヤバい人の巣窟です。

めちゃくちゃ有名なアプリなので「サクラ」と呼ばれるチャットレディ―を雇わなくとも集客でき、サクラこそいませんが、

それ以上に「業者」と「勧誘」が多いです。マッチ初日でLINEのIDを聞いてきたら100%業者です。また実際には会ってはいませんが「友達募集」とか「パートナー募集」とかって書いてあると結局は勧誘でした。

さらに2021年5月に「Vibes」という新機能が追加されたのに伴い、無課金でも1日1人にできていた「スーパーライク(SuperLike)」が出来なくなったようです。ここも結構マイナスポイントかなと感じます。

余談ですが、公式では無課金でも、Like(いいね)が「1日240回(120×2回)できる」とされていますが、なぜか僕のティンダーでは「30~50回程度」しか出来ません。実はティンダーを始めた際、最初の免許証の認証をする際になぜか登録できず、現地カスタマーに連絡し、そのカスタマーとのやり取りがめちゃカスだったので、英語でめっちゃ文句を言ったせいかもしれません🤩しくった

ただし最初にアプリで付き合えたのもティンダーでした。なので初めにこのアプリをやってみて正解だったと思います。今年の6月には初のセフレも出来ました。会うまで完全無料で使えます。


画像2

『ペアーズ』もティンダーと同じ時期に一緒に始めてみましたが、ティンダーに比べてマッチがしにくいなと感じました(けど治安はめちゃくちゃ良い)。

それとリアル同級生が2人いたので、身バレが怖くなって辞めました笑。

ティンダーでできた彼女と別れた後、もう一度使ってみましたが、やはりいいねをする回数に比べて「マッチがしにくいな」と感じました(いいねのコスパが悪い)。


画像3

『ウィズ』もペアーズと同じような感じでした。むしろいいねできる数はペアーズより多いのに、ペアーズよりマッチしにくいなって感じでした。治安は良かったです。

マッチする数が少ないので、マッチした女性を逃がさないように「会話スキル」が必要だなって感じました。


画像4

『タップル』は一番好きなアプリです。ティンダーと同じくらいマッチしやすいですし、ティンダーよりヤバい人はいない感もあります(勧誘は何人かいました)。

ただしサクラもいます(多分)。というのも、課金ユーザーから無課金になったとたん何人かと急にマッチします。これは再び課金させようとするアプリ側からの刺客(サクラ)だと思われます。

それとログインボーナスで毎日20人分のいいねポイントも獲得できるのですが、そのいいねポイントは上限なしに貯めておけます。ここがタップルの最大の良いところだと思います。

ただし、課金、またはミッションクリアをしないとメッセージができない仕様なので、無課金の時にログインボーナスでいいねポイントを貯めておいて、課金してめっちゃいいねしまくる、みたいなソシャゲ感覚で上手に使ってく必要があるなと感じました。慣れたら問題ないレベルです。


画像5

『ダイン』は「必ずお店で会ってご飯を食べる」というシステムが斬新すぎて、正直私には「まだついてけないな」と感じました。

また私は「地方住み」なので「会うためのお店がなかった」です笑(2021年現在、エリアは東京、大阪、福岡、愛知のみ)。典型的なマッチングアプリとしては使いにくいなーという感じ。

しかし、この先ダインは伸びるアプリだと思います。というのも悪質ユーザー対策となり得る「警告数」という機能や、アプリの性質上「相手も会う気でマッチングしてくる」ため会う確率がほかのアプリより高いためです。そこが他のアプリより良い点だと言えます。

ただし、必ずお店で会ってご飯を食べるという仕様上、ごはん目的である「メシモク女」も多いと予想されます。そこを「警告数」でどこまでカバーできるかな?という感じです。

またカナダで日本人が作ったアプリという事もおもしろいなと感じました。


画像6

『オミアイ』はウィズと同じような感じでした。当時、私の好きな女優の一人である「のん(旧:能年玲奈)さん」が宣伝していたので入れてみました。

ウィズとかと同じでマッチする数が少ないので、マッチした女性を逃がさないように「会話スキル」が必要だなって感じました。


画像7

『ハッピーメール』は私は論外って感じでした。東京とかだともしかしたら良いのかもしれませんが、地方住みの私には勧誘業者しか現れませんでした。

また、なにをするにも「ポイントが必要」で、最初にもらえる「お試しポイント」もすぐ無くなり、実質的に「課金をしないとメッセージができない」仕様も相まって、私には時間の無駄過ぎました。

「いいね」機能や「足あと」機能があって、「いいね」の方は10割サクラか業者です。そもそも、モテるはずの女性からいいねしてくるのがおかしい。

「足あと」の方は9割サクラか業者です。しかも残りの1割にメッセージを送っても、返事が返ってくるわけではないので、ポイントがすぐなくなります。なので私ならハッピーメールくらいなら、後述するオルカやLEMONをします。


画像8

『ユーブライド』は「女性も機能を使うには有料」という珍しいタイプのマッチングアプリです。しかし結局、ハッピーメールと一緒のような感じでした。

有料会員からのメッセージにしか返信できなかったり、無課金だと一日に送れるいいねが5人とかなのでマッチする確率も低く、無課金では使えないかなと。正直よく分かんなくて、課金する気にならなかったです。


画像9

出会わない系アプリの『オルカ』ですが、気が合ったら会うこともあります。アプリ内で何人かに話を聞くと、結構会ってました。

男性目線からだと、暇つぶし目的の「既婚者(人妻)が多い」です。あとは他のマッチングアプリでも見かけますけど、モテない女性が「自分はモテる」と勘違いしまくってます。年齢層も10代~40代程で、地獄のアプリと名高いティンダーより気軽な感じで、やべーやつが沢山います(特に男に)

システムが酷似しているLEMONより良い点は、検索で「性別」が選べること(LEMONは有料にしないと選べません)。

それと、やたらとクリックさせようとしてくる宣伝が多いのと、上限があって一定数(10人程)メッセージを送ると1時間たたないと再びメッセージが送れないのがLEMONと比べてマイナスポイントだと言えます。


画像10

先ほどのオルカと似たようなアプリである「出会わない系チャットアプリ」の『LEMON』です。オルカとLEMONを一緒にやってる人もいたりします。会社は違うけど、作り手は一緒なのか、アプリの宣伝等や、足跡とかのシステムは酷似しています。

女性はやっぱり既婚者が多いです。あとは10代も結構います。ティンダーやオルカに負けず劣らず、男女共にやべー奴がいます笑。

オルカと違う点は「送れるメッセージの制限の上限が多い」ことです(もしくは上限なし?)。

オルカより使いやすいように感じがしますが、話しかけてもあまり返ってこないようにも感じます。多分ですが、メッセージに制限数がないため、オルカと比較して女性が話しかけられてる数が多いため競争が激しく、メッセージを返してくれる女性が少ないのだと思います。

オルカもそうですが、ほんと気軽に何の責任もなくやるチャットアプリって感じです。仲良くなってめちゃくちゃ話してても、少し時間が空いたら「あれ、だれだっけ?」って感じです笑。


れsbhrでs

最後は『婚活』です。私が応募したのは県主催のものでした。

ですがサクラはいました。というのも、実際に婚活パーティーを開催してる知人から「サクラはふつーにいるよ」と教えられていました。数合わせや、盛り上げ役、あとは顔とかで呼ばれるそうです。私はサクラの特徴を教えてもらっていたので、まさにその特徴だなって女性がいました。

女性がサクラをするメリットは、婚活パーティーでご飯も食べれて、多少のお手当も出るそうです。しかも本当に気に入った男性がいればアピールしても問題ありません。

男女とも、沢山のブス達の中に、一人だけ美人がいたら、それはほぼ確定のサクラです。サクラの場合、カップリングしても彼氏持ちだったり、パフォーマンスだったりするので注意しましょう。

それと時間が決められているので、急に『30秒で一人一人全員と話さないといけないタイム』が開始されます。そのため会話スキルがない人や、記憶力が弱い人は注意が必要です。

僕の場合、会話スキルは問題ありませんでしたが、記憶力がカスカスだったので、誰と何話してたとか分からなくなりました笑。


👇つづき


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
医療系資格持ちの社会人。19歳から13年程彼女がいなかったいわゆる恋愛弱者。2020年に友人に勧められ嫌々マッチングアプリを開始。やってく内に「コツがあるな」と感じ、13年ぶりに晴れて彼女が出来る事に。そんな32歳のおじさんがマッチングアプリをして彼女ができた物語