見出し画像

日本酒のエロさ。

男女で飲む日本酒はエロいと思うのです。

なにがエロいって、そこには「酔う」前提、そしてお酒を酌み交わす「距離感」があるからのように思う。


複数人の場合はこの限りではないけれど、ふたりきりで日本酒をたしなむにはそれなりの関係を要する。
はじめましてではなく、表面的でもなく、ある程度の親しさのある関係。

そこに流れる空気は、すこし湿度があるのではないだろうか。酔いがすすむとともに高まる体温に、吐かれる息は熱さをもち、上気した頬は表情を艶やかに見せる。

お酌するときに近づく距離。女性の手首の細さやしなやかさについ目がいってしまう。男性の指のしっかりとした感じや、爪がきれいだったときの意外性は近づかないと知り得なかった事実。


帰り道、すこしふらつく足元。揺れる肩と肩が触れあう。
そこで身長や体格の差を認識して、異性であることを改めて思う。赤らんだ顔を見られたくて俯きがちになりながらも、視線のはしで相手を捉え、その存在を確かめる。

冬の時期であればマフラーにすこし顔をうずめながら、足元のふらつきを理由に彼の腕に手をのばす。そんなシーンもあるかもしれない。


日本酒の、しっとりとした味わい。お酌する仕草や距離。
そんななんやかやがあり、わたしはエロさに浸ってしまう。

ありがとうございます♡
8
美容プラットフォームの人材部門(採用・育成・評価)←化粧品メーカー(営業・マーケ・IT推進) / 三姉妹の末っ子 / ビール好き / 漫画好き / 神奈川県横須賀市出身

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。