見出し画像

非喫煙者が嫌煙厨になる理由は心理学にヒントがあった

 みなさんタバコ吸いますか?私は吸いません。というか、どちらかといえばタバコは嫌いな側です。気管支とかめっちゃ弱いのですぐに鼻とか喉がやられます。その日の体調と副流煙を吸う時間の長さによっては目が腫れたり2週間治らない風邪を引くこともあります。が、まあルールを守って吸う人には別に何も思わない派です。ちゃんと喫煙所を使う、その人の車内では吸うけど他人の車や共用の車では吸わないとか。

 でもまあ、嫌煙者がやっぱり最近増えているというか、昔はタバコが当たり前だったせいか非喫煙者というだけで肩身が狭かった人が主張しまくっているというか。電車内やオフィス内で当たり前のように喫煙可だったなんて、現代の若者である自分には信じられません。しかし、それくらい喫煙者が幅を利かせているとしたら、そりゃ当時の非喫煙者は怒るわって感じですよね。

 非喫煙者の立場からすれば、公共の場で匂いの強い毒ガスを浴びせられているって状態ですからね。そりゃ怒ります。だからこそ分煙しよう、公共の場では吸わずに喫煙所を設けてそこだけで吸うようにしようってことになったのでしょう。もちろん私はそれに賛成ですし、公共の場で直接副流煙さえ吸わなきゃ別に特に文句ないです。喫煙者の服についたタバコ臭さとかもまあ別にしゃあねえかくらいの人です。

 なんかちょいちょい嫌煙厨なんじゃねえのかこいつ的な文も混じっていますが、私は別にそこまで嫌煙厨ってほどではないです。ルールを守ってもらう分には割と寛容な気もしなくもないかと思います。知らんけどな。

 そして世の中には嫌煙厨と呼ばれる人がいますよね。たばこ税10倍にしろ喫煙所さえもなくせ日本でタバコを禁止しろみたいな過激な人のことです。いやなにもそこまでしなくても…と思っていましたが、今ならそうなる理由もわかる気がします。心理学のある用語を用いて。

 それは単純接触効果。短時間でもいいから頻繁に繰り返し接すると好感度や印象が強まるという効果として有名ですね。しかしこれ、どうやら負の感情にも効果があるらしいんです。そう、負の好感度を持っているものに頻繁に繰り返し接触すると、負の感情がどんどん高まっていくというやつです。嫌いな人に繰り返し会うとどんどん嫌いになりますよね。そういうことです。

 これが非喫煙者を嫌煙厨へと変えているのではないでしょうか。

 まず、タバコが当たり前の環境下で耐えてきた非喫煙者。これは想像に容易いですね。電車に乗っても職場でもタバコの煙が当たり前のように漂う。起きている時間のほとんどの時間をタバコの煙に耐えている。単純接触とかそういうレベルじゃないくらいの頻度で接していますからね。そりゃあ非喫煙者の力が強くなったらここぞとばかりに潰しにかかるのも納得です。

 そして現代の非喫煙者。現代の非喫煙者は別に電車内やオフィスで当たり前のようにタバコの煙が漂う空間にはいません。それなのになぜ嫌煙厨と化してしまうのか。これも多分単純接触効果だと思います。ルールがどんどん厳しくなっているとはいえ、やっぱりまだまだ路上喫煙やそれによるポイ捨ては目立ちます。私もそれは非常に不快です。

 これは個人的な話ですが、最寄駅までの道に必ず毎朝決まった場所でタバコ吸っているクソジジイがいます。マジでくっせえ。しかもポイ捨てするわ痰を道に吐くわで毎朝密かにブチギレています。段々この怒りが強くなってきているのも自覚しました。あぁ、こうやって過度に喫煙者を叩きまくる嫌煙厨ができるのかって思いました。怒りの自覚が早目の段階であったので、このおじさんを軽蔑する程度で収まっていますが。この人以外でも路上喫煙は臭い以外の感情が無になりますが…。

 嫌煙厨はさすがに喫煙者を叩きすぎなんじゃないかなという気もしなくはないです。でも、やっぱり己の嗜好品で他人の健康や気分を害しているという自覚は持ってほしいものです。一部のルール守らない奴のせいで喫煙者の肩身が狭くなるって主張も最もですが、そういうのは喫煙者同士でぶつけてほしいですね。極端な話、仮にタバコを法律で禁止したところで別に人権は侵害されない。それどころか非喫煙者や嫌煙厨の健康に生きる権利を守ることにつながるのも、極端な話ですが、妥当性はそこそこあるように思います。それくらいの意識で自浄作用が働いてくれればいいのですが…。

 今から個人的な感情だけで物を申してしまいます。ルールを守る喫煙者の言い分はわかります。なんでもかんでも喫煙所取っ払ってどこもかしこも禁煙にするのはやりすぎだっていうのはわかります。で、それに嫌煙厨がなんでもかんでもとにかくタバコを世の中から追放しろ的な主張をしたとする。私が個人的な感情だけでどちらの味方をしたいかと言われれば、当然嫌煙厨の味方です。ルールを守って吸ってもらう分には何とも思わないけど、世の中からタバコが追放されてくれるなら喜んで応援しますよそりゃ。だって臭いし体調崩すし……。

 あとはお酒ももっと厳しくしてほしいくらいなんですけど…。酒タバコギャンブル女遊び嫌い人間なものでして…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

生きることは辛く、美味しい。 そんなスタンスで思ったことをつらつらと書いています。 決して斬新な発想ではないかもしれない。でも、何か死に向かって突き進む我々の糧になれば。

ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
4
好きなものは好きなの!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。