見出し画像

店員と客は対等

 自分の中で強く意識していることがある。店員と客は対等だということ。

 客は自力で調達することが難しい物やサービスを、通貨と交換で受け取る。店側は自分の持っている物やサービスを通貨と交換で渡す。この関係に上下関係はないだろう。金払ってんだから客の方が偉いに決まってるというなら、客が自力で調達できないものを金属や紙と交換してやってんだから店の方が偉いということも言えてしまう。

 とまあそんな意識が自分の中にあるので、店員と客はあくまでも対等だと思っている。だから店員には敬語だし、交渉しなければいけないなら交渉は必要だと思っている。対等だから。

 こんな対等意識があるので、たまにお店にでかけて疲れてしまうことがある。店員がやけに丁寧なときだ。向こうが丁寧なら、対等を維持するためにこちらも負けじと丁寧に接する。店員が店側の責任でない何かしらの不備を詫びてきたら、こちらも無理な要求をしてしまったことを詫びる。うん、自縄自縛って感じ。でも、この態度は崩せない。対等じゃなきゃいけない意識が自分の中に強くありすぎるから。

 この世の店員さん、もっと雑になってくれないかな……。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

生きることは辛く、美味しい。 そんなスタンスで思ったことをつらつらと書いています。 決して斬新な発想ではないかもしれない。でも、何か死に向かって突き進む我々の糧になれば。

ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
3
好きなものは好きなの!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。