見出し画像

「言い方に気をつけろ」再考

 プロ奢ラレヤーのこのツイート、大変気に入っている。22年生きてきてモヤモヤしていたことの一つが晴れてきそうな気がした。

 「言い方に気をつけろ」という人はまあめちゃくちゃ多い。正しいこと言っていても言い方が気に食わなければ反発を買うこともある。受け取った方次第で誤解されてしまうこともある。本当に頭のいい人はバカでも理解できるように言い方に気を付けている。発言者に意図がないことでも、受け手がそう感じたらそれが全てなんだ。まあこんな感じのことだよね。

 言い方次第で反発買うことがあるのも、誤解されてしまうのもまあわかる。だが、受け手の感じ方が全てって傲慢すぎないか。ものすごく話は脱線しますが、「〇ね」は「概ね」、「〇す」は「諭す」といつも読んでいます。だってその方がなんか平和だから。受け手がそう感じているんだも~んって傲慢かましています。

 話を戻します。発言を発言者の意図しない方向に捻じ曲げておいて「言い方に気をつけろ」ってなんか傲慢過ぎやしませんか。勝手に言外の情報をあれやこれやと妄想して、「この人は私を差別しようとしている」「この人は危険思想の持ち主だ」と勝手に受け取ってしまう。いや、受け取り方に気をつけなさいよという感じだ。ストローマン論法とかもありますよね。相手の答えを曲解して貶めるやつ。

 基本的に私は会って話すときも、声だけの時も、文字の時も、極力言外の意図は発言者の意図としてカウントしないようにしている。会って話すときは顔が見えたり身振り手振りもあるので全てがその限りではないが。それでもたまに受け取り方を間違えて勝手に腹を立ててしまうこともある。感情があるからそれは仕方ない。相手の意図しない受け取り方をしてしまったら?素直にごめんなさいだ。誤解していましたごめんなさい。こうこうこういう理由で、あなたの発言はこういう意図だと思ってたけど、実際はそういうことだったのね。と。

 そうすると、(話の分かる人に限るが)相手も次回から自分が誤解しやすいポイントに注意を払ってくれたり、自分も「こういう意図で受け取ったけど、そうじゃなかった前例があるからもしかしたら」と意図を確認できたりする。意思疎通、コミュニケーションである。「言い方に気をつけろ」ではなし得なかった相互理解の第一歩である。

 また、論理性が求められる場面では、ヒートアップしてしまうことが多々ある。相手にその意思がなくても意見を押し付けているように聞こえたり、自分の意見を全否定されている気分になったりもする。でも、論理性が求められる場面でそれをしてしまうと受け取った側の勝ち状態になって何一つ建設的なアイデアもなく終わる。これは突拍子もない個人的な感想だが、私は「ロジハラ」が理解できない。論理的にこうだと説明されたらハラスメントって、「言い方に気をつけろ」の最悪なパターンの一つでは。

 話を戻そう。論理性が求められる場面、議論等では私は一切の感情を抜きにして考えるように努力している。その人の言い方の癖とかもあるだろうが、一切無視。その人が提示した情報、論理以外でその人の意見を判断するのは失礼だと思うからだ。あくまでも自分の倫理観ですこれは。言い方が気に食わないだけで「意見を押し付けるな」とか言ってしまえば、まともな議論なんてできやしない。捉え方に気をつけろ。

 ここまでの話で私は感情を捨てろとは言うつもりはない。それこそ捉え方に気を付けていただきたい。あくまでも、感情に身を任せ過ぎるのはどうかということが言いたいだけだ。自分が不快になったから「言い方に気を付けろ」と相手をバッサリ切ってしまうのは相互理解から遠ざかってしまうんじゃないの?受け取る方も気を付ければもっと住み心地が良くなるんじゃないの?というだけのお話です。もちろん、誤解されないような言い方も必要ですよね。

 追記:この文章読んで、「じゃあどんな言い方してもてめえは文字通りにしか受け取らねえんだな!」とか思った人は、センター国語の現代文を最低でも80%得点できるようになってから出直してきてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

生きることは辛く、美味しい。 そんなスタンスで思ったことをつらつらと書いています。 決して斬新な発想ではないかもしれない。でも、何か死に向かって突き進む我々の糧になれば。

ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
10
好きなものは好きなの!!!

コメント2件

その通りだと思います。何を言われても嫌いな相手からは悪く捉えたり、打ち負かそうとする人は多いですね。本当に賢くて、論理学を最初から学んでる人は最初に論理とは相互理解のためにある、と言うことを学びますが日本では愚かなことに論理=議論=ディベート=相手を打ち負かすための技術、と思ってる人が多いですね。私は立場上議長やファシリテーターをしますが、評定する際は徹底的に皆の意見から感情を外していきますね。感想や希望とは別に。「決めつけ」が最も敵で、そのせいで戦争の原因にすらなってる、と思います。
言葉尻というか揚げ足取りというか、大事な結論は無視で思考過程の一部だけ取り上げて騒ぎ立てるのがわけわかんないですよね
論理的思考とかって別に相手を負かすためじゃなくて、自分の考えを根拠をもって示すための方法だと思うんですけどね
議論も言い負かすんじゃなくてより良い結論を出すための過程なだけだと思うんですけどね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。