★謹賀新年★【新サービス・リリース】最短3ヶ月での、脱うつ社会復帰―あなたの目から鱗が落ちる!最強問題解決メソッド

あけましておめでとうございます。精神科キャリアコンサルタントの山口修司です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年1月1日より、掲題の新サービス提供を開始いたします。

【サービスの対象】
うつ病からの、社会復帰・再就職を目指しているビジネスパーソンで、社会復帰活動ができる状態まで回復されており、再発防止を志している方。

【概要】
全7回のサポートセッションで構成されます(下の目次をご覧ください)。1週または2週間隔で実施します。全て1週間隔でストレートにクリアすると、約3ヶ月での社会復帰が見込めます。
事前インテーク(2回まで。料金不要。ご家族同伴も可)で、サービスの内容と効果を、理解していただきます。
トータルのコンサルフィーは、税ほか全て込みで300,000円です。途中追加費用は一切ございません(クレジットカードでの分割払いも可能です。ご相談ください)。

※お得情報は、本稿の最後に!

疑問・質問等あれば、いつでも何度でもご連絡ください(連絡先は、一番最後に記載しております。また、お時間いただくことがございます)。

【サービスの効果】
セッションを通して、仕事に対する”マインド”の再インストールによる、再発防止が見込めます。

なぜ、私から買う必要があるのでしょう?
復職支援というと、どこかの施設で、何人もの専門職スタッフが分担してサポートをするのが一般的です。しかし、それではそれぞれのサポートの相乗効果が、あまり見込めません。キャリア形成支援まで含めて、ワンストップ・一気通貫で一人が担当するというサポートは、世界中、他のどこを探しても、このサービス・パッケージにしか出会えないのです。

なぜ、あなたが買う必要があるのでしょう?
それは、あなたが、うつサバイバーになろうとしている、ビジネスパーソンだからです。うつからの社会復帰を目指すビジネスパーソンに、うつサバイバーである私が、徹底的に焦点を絞って開発した、サービスプログラムです。支援者のフル・コミットメントが必要なあなたに、打ってつけのサポートプログラムです。

【セッション1回の流れ】
ホームワークの検証〜それを踏まえたメインコンテンツ(”具体的にやること”)〜次回までのホームワークの説明、で構成されます。
必要に応じて、複数回に分割します(回数が増えることによる、追加料金は頂きません)。
毎回のテーマで、更に深めたいご希望がある場合は、書籍紹介・コンサルテーションなどをいたします。
各ステップが必要か不要かは、前回でのヒアリングで決定いたします。ヒアリングの内容次第では、途中、スキップもありです(回数が減ることによる、割賦返金はいたしません)。

※注意事項※
本サービスでは、疾病の治療には関与致しません。サービスを利用するかどうかは、必要に応じて主治医と相談するなど、適切にご判断をお願いいたします。
#毎回ホームワークがあるので、結構キツいと思います。こちらも全力投球なので。
また、適職紹介には関与致しません。適職探しを最善な状態で臨むための全力サポートです。

ここからは、各回で行うことをご紹介します。
【初回までのホームワーク】
ライフラインチャート(→こんなイメージ)を描いてきてください(書きたくないことは、無理に書かなくて大丈夫です)。ここでお渡しする、私の例も参考にしてみてください。

第1回 相互理解―キャリアカウンセリング理論の適用

【この日のゴール】
ライフラインチャートを通して、人生の中の文脈を、再定義し、確固たれるようにします。
【この日で使う/身に付ける技法】
ポストモダン哲学の心理療法への応用です(社会構成主義・脱構築理論)。
“脱構築”とは、人が話す物語がどのように成立し、どうしてその意味を持つに至ったかを確認し、それがどのような力を持っているのかを明らかにする方法論です。
【具体的にやること】
まずは、あなたのことが知りたいです。人生というキャリアの、棚卸しをします。
【モデルケース】
Aさん。28歳SE。復職後うまくいくかが甚だ不安だったが、他者からの印象を聞くことで、自分の過去に対する否定的思考が、強すぎたことに、気がついた。
【次回までのホームワーク】
ワークシート(モジュール1および、任意の2つ。特に希望がなければ、「認知のかたより」に集中)を、次回までに記入しておいてください。わからないことが出ましたら、いつでも質問してください。

第2回 考え方の理解―心理療法#1、メタ認知トレーニング

“マインド・リーディング”していませんか?
【この日のゴール】
考え方の偏りがないか点検し、自分のマインド・リーディングを修正できるようにします。
【この日で使う/身に付ける技法】
“メタ認知トレーニング”とは、自分の認知(物事の認識の仕方)を俯瞰して再認知する、心理療法のことです。
【具体的にやること】
モジュールの説明をまずします。その後、ホームワークの振り返りをします。特に気になったこと、気づいたことを振り返ります。
【モデルケース】
Bさん。28歳SE。メタ認知のフレームワークを使うことで、上司が自分に対し、何を考えているかを、いつも深読み(マインド・リーディング)してしまうのは、合理的ではないと気がついた。
【次回までのホームワーク】
リッチピクチャーを描いてきてください。余力があれば、そのCATWOE(後述)を考えてきてください。わからないところは空白で構いません。ポンチ絵のコツ。“状況の構造”・“過程”・“雰囲気”を盛り込み、漫画チックにセリフを駆使すると、うまく描けます。

第3回 問題設定―ソフトシステムズ方法論(SSM)/システム思考の活用

【この日のゴール】
「何かうまくいっていない」という感覚に対し、それを明らかにし、言語化できるようにします。
【この日で使う/身に付ける技法】
一人SSM。
ソフトシステムズ方法論とは、問題解決にあたり、そもそもどのような問題状況かを明らかにする方法論(Methodology)のことです。
【具体的にやること】
自分を取り巻く状況を明らかにして、リッチピクチャーの基本定義を決め、問題設定を行います。
あなた自身が探索・学習を行うことにより、自らの態度と行動を再方向づけします。
(オプション)描いてきてもらったリッチピクチャと、CATWOE分析を元に作成した概念的活動モデルを、比較をします。Customers(受損益者)Actors(実行者)Transformation(変換)World view(世界観)Owner(システム保有者)Environmental constraints(環境制約)
【モデルケース】
Cさん。29歳ITコンサルタント。キャリアチェンジを考えているが、何から始めて良いのか、混乱していた。意図的な自分自身の活動システムを見つけ、意味づけ・発見・探索・学習ができた。
アクションプランのアイデア出し。
【次回までのホームワーク】
問題解決シートを記入してきてください。

第4回 問題解決―心理療法#2、問題解決療法(認知行動療法)

【この日のゴール】
問題解決のスキルを身につけ、あなたのキャリア上の課題、ここで解決しちゃいましょう。心を軽くするのにも役立ちます。
【この日で使う/身に付ける技法】
認知行動療法とは 、物事に対する認知の仕方を偏りなくし、それを現実の行動につなげる心理療法のことです。前回までに浮かび上がってきた課題に対する認知の仕方を、問題解決シートを通して、最適化します。
【具体的にやること】
お困りごとリストを作り、問題解決ワークシートを完成させます。概ね、問題解決法のステップを踏みます。

STEP1 】問題を絞り込んで、課題を設定する
STEP2】 今問題に取り組む気持ちを引き出す
STEP3】 思いつく限りの解決策を考え出す
STEP4】 課題を解決するために最適な解決策を選ぶ
STEP5】 解決策を選び出して、実行する準備をする
STEP6】 解決策を実行する
STEP7】 実行した結果を検証する

【モデルケース】
Dさん。27歳大学院生。生活が行き詰まっており、どう打開したら良いか、わからなくなっていたが、相互に絡み合った気持ちを切り分けて整理することにより、研究活動に集中できるようになった。
【次回までのホームワーク】
問題解決したならば、あとは実行計画を立てるのみ。
応募戦略(選択のオプション)を整理してきてください。

第5回 戦略策定―意思決定理論の活用、(Smart Choices、支配戦略@ゲーム理論、クルンボルツの意思決定モデル)

【この日のゴール】
再スタートをいつ、どこで、どのように切りたいか、社会復帰後のプランも含めて、応募戦略を決めます。
(どこのどの企業(ほか)にいつアプライするか、決めます)
#適職紹介・求人案内には関与いたしません。ご自身で調べて頂きます。
【この日で使う/身に付ける技法】
Smart Choicesという書籍で提唱されている、”PrOACT”という意思決定の方法論を用います。
【具体的にやること】
応募戦略プラン策定(Smart Choices):ワークシートの項目・数字を埋める。
【モデルケース】
Eさん。34歳無職。「年齢比でのスキル不足」と言われてしまうところだが、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」。10社余りに応募、1社から採用内定をもらえた。
【次回までのホームワーク】
履歴書・職務経歴書の作成(形式自由)。戦略が定まったら、書類に何を書くか明らかなはずです。

第6回 実践1―アサーション#1、応募書類作成

【この日のゴール】
履歴書・職歴書、もしくはジョブカードの作成。
#自己主張・自己PRの仕方を身につけましょう。
【この日で使う/身に付ける技法】
“アサーション”とは、攻撃的でも自己否定的でもない、適度な自己主張の仕方のことです。
【具体的にやること】
書類作成
【モデルケース】
Fさん。25歳男性。転職活動中。何をウリにするかが曖昧だったが、強みを明記することで、書類通過。
【次回までのホームワーク】
書類を作る段階で、面接で聞かれたいことが明らかなはずです。

第7回 実践2―アサーション#2、SSTの活用

【この日のゴール】
模擬面接をすることで、アサーションを実践できるようにトレーニングします。
【この日で使う/身に付ける技法】
“SST”とは、“Social Skills Training”(“社会生活技能訓練”)のことです。本来は集団療法です。
【具体的にやること】
東京しごとセンターで模擬面接を受けましょう。模擬面接後、振り返りをします(もっと良くなることを、その場でフィードバックします)。
【モデルケース】
Gさん。35歳。転職活動中。自分のこれまでのキャリアを、どう表現し、伝えれば良いか、初めは自信がなかったが、アサーションを実践することで、面接通過。
【ホームワーク】
というか、あとは行動あるのみです!応援してます!

第8回 フォローアップ(オプション)

メールサポート。ご希望があれば、面談やビデオチャットもOKです。
【この日のゴール】
再発防止が実行できているか、チェックしましょう。
【この日で使う技法】
ロジャーズ傾聴療法。カウンセリング技法の一つ。その他心理療法。
【具体的にやること】
あなたの話が聞きたいです。
【モデルケース】
異分野に転職したHさん。30歳。

料金・お問い合わせ

トータルのコンサルフィーは、税ほか全て込みで300,000円です。途中追加費用は、一切ございません。
(価格にびっくりするかもしれませんが、一般的なリワークは、月1万×6ヶ月=6万円が1割負担、つまり一人あたり約60万円の費用が発生しています。私自身もこれまで100万円単位の自己投資をしています。従って、上の値段はとても破格です。ぜひ、ご自身の生涯年収と釣り合わせてください)

ですが、、

新サービスのスタートにあたり、お正月モニター価格でご提供いたします。2020年1月31日(金)までにお申し込み頂いた方は、通常の半額未満、60000円にしちゃいます。専属付きっきりの個人サポートが、集団療法が一般のリワーク施設と同等の価格で受けられます。むちゃくちゃな価格設定です。もう、ほとんどボランティアです。必要経費も賄えません 苦笑。インテークは、1月6日(月)より受付いたします。

※教育訓練給付金の活用はできません。ご了承ください。

インテークまたは無料相談の申し込みは、受付ページから、お願いいたします。

主な典拠資料

〜第1回〜

〜第2回〜

〜第3回〜

「私の本当の悩みってナニ? ソフトシステム思考法で「思い込みの罠」から脱出する」日経WOMAN,1993.9

〜第4回〜

〜第5回〜
Smart Choices :A Practical Guide to Making Better Decisions(John S. Hammond, Ralph L. Keeney, Howard Raiffa,1999)

〜第6回〜

〜第7回〜

〜全般〜

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事に対する疑問・質問等、お問い合わせは、こちらまで。

info@s-yam-gucci.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
2
精神科キャリアカウンセラー。メンタル疾患からの復職を目指す方の、キャリア構築支援をしています。精神保健福祉士、国家資格キャリアコンサルタント・CDA、WLBコンサルタントなどのライセンスを保持。ホームページ→http://s-yam-gucci.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。