内向型人間受難の時代、こうサバイバルしよう

まずは、昨日読んだ記事から。

筋金入りの超内向的・超内気・超奥手の私は、むしろ、相手の無関心と沈黙の間が耐えられなので、爆死覚悟でテキトーに話しかけます。
テキトーというのは、相手が喰い付いてくれるかはやらないとわからないので、相手のどこをpickするかは博打であるという意味です。爆死すると”コミュ障”のレッテルを貼られてしまいますが、そんな奴は気にしないのが良しです。

今日から、新卒の採用活動が解禁されますね。私が学生の頃から、”コミュニケーション能力”の偏重は、変わらないですね。言い換えれば、内向的でシャイな人間には、受難の時代です。

では、私自身は本当に内向的なのか、診断してみました。

内向型人間のための自己診断テスト

1.休息が必要なときは、グループで過ごすよりも、自分だけか、二、三人の親しい人と過ごすほうが好ましい
(○)休憩時間まで、団体行動したくないです。一人に放って置いて欲しいです。

2.プロジェクトに携わるときは、細切れでなく、まとまった長い期間を与えてもらうほうがいい。
(○)短い時間で締め切りに追われるのが、本当に苦痛です。

3.話をする前に予行演習を行うことがよくあり、ときには自分用にメモをつくる。
(○)何を喋るかは、必ず事前に考えます。でないと、まともなことを話せなかった時に、激しく後悔します。

4.概して、話すより聞くほうが好きだ。
(ー)トークショーなどは好きでよく行きますが、うーん、どうなんだろう?

5.人から、物静かだ、謎めいている、よそよそしい、冷静だと思われることがある。
(○)「何事にも冷静」と言われたことがありますが、まぁ、年の功ってやつかな。昔からそう言われますが。

6.祝い事は、大きなパーティーを開くより、ひとりの人か、数人の親しい友達だけでしたい。
(×)祝い事なんてしたことがありませんが、イベントは、人を集めてド派手にぶち上げる方が好きです。人が集まると自然と盛り上がるので、やりがいを感じます。

7.通常、返事をしたり、話したりする前には、考えなくてはならない。
(○)当意即妙というのが、できません。できても、後で話した内容に後悔します。

8.たいていの人が気づかないような細かなことに気づく。
(○)えっ、なんでそれに気がつかないの?と思うことしばしば。

9.ふたりの人が喧嘩をした直後には、緊迫した空気を感じる。
(○)第三者である自分は、どう振る舞っていいか、わからない気持ちになりますよね。

10.何かすると言ったら、ほとんどの場合、そのとおり実行する。
(○)違うことをしたら、「余計なことするな」と怒られるかもしれないと思うので。

11.仕事に締め切りや緊急性があると、不安を感じる。
(○)上にも書きましたが、これ、私にはものすごくストレスです。会社員時代は、地獄の思いでした。

12.あまりに多くのことが同時進行していると、朦朧(もうろう)としてしまう。
(○)同時に処理できるのは、せいぜい3つくらいまでです。それ以上だと、頭がパンクして回らなくなるので、時期をずらしたりして乗り切ります。

13.何かに参加するかどうか決めるのは、しばらく見学してからにしたい。
(○)そうこうしている内にチャンスを逃すこともあるので、場合によりけりですが、様子を見て、そのことをある程度知ってから意思決定したいのが本音です。

14.長期的な人間関係を築くほうだ。
(○)短期間の関係って、打算を感じてしまうのでとても苦手です。ワークショップとかグループワークとか。

15.他人の邪魔をするのは好きでない。邪魔されるのも好きでない。
(○)自分のペースを乱されるのが、とても嫌です。自分が嫌なことを人にするわけがないです。

16.たくさんの情報を取りこんだときは、整理するのにしばらく時間がかかる。
(○)情報間の関係が複雑でわからないと、どう認識すれば良いのか、すぐにはわかりません。

17.刺激の多すぎる環境は好きでない。世間の人がなぜホラー映画を見にいったり、ジェットコースターに乗ったりするのか、さっぱりわからない。
(○)わからないですね(苦笑)

18.匂い、味、食べ物、天候、騒音などに強い反応を示すことがある。
(ー)アトピー・花粉症など、アレルギー持ちですが、そういうのも含むのかな。

19.創造的で想像力に富んでいる。または、そのいずれかである。
(○)クリエイティブかどうかはわからないけれど、想像する範囲は広い方だと思います。

20.たとえ楽しんだとしても、社交的な催しのあとは消耗してしまう。
(○)ぐったりしますね。これは身体的なものだから、どうしようもない。

21.人を紹介するより、紹介されるほうが好きだ。
(ー)どっちもあまり経験がないので、なんとも。あ、ミクシィの”友達紹介”か。そりゃ、紹介される方が便益は大きいですよ。

22.人のなかや活動の場に長くいすぎると、不機嫌になることがある。
(○)一定以上の時間が経つと、いらいらします。

23.新しい環境には、しばしば居心地の悪さを感じる。
(○)慣れるまで/受け入れてもらうまでは、すごくエネルギーを消耗しますね。これも身体的なものだから、どうしようもない。

24.人に家に来てもらうのは好きだが、長居されるのは好きでない。
(○)長居されると、自分の時間が減ってしまうので、程々にして欲しいです。

25.怖くて折り返しの電話をかけられないことがよくある。
(○)基本、電話、嫌いなんです。何を言われるかわからないし、それに適切に即答することもできないから。

26.人と会ったり、突然発言を求められたとき、頭が空っぽになることがある。
(○)何を口に載せるかを事前に吟味しないと、いきなり振られても困ります。

27.ゆっくりと、あるいは、とつとつとしゃべる。疲れているときや、考えながら話そうとしているときは、特にその傾向が強くなる。
(×)基本、早口です。考えながら話す時は、頭の回転速度がアップします。

28.ちょっとした知り合いは、友達とは考えない。
(○)友達っていうのは、お互いその認識があるから成立するのだと思う。

29.きちんとしたかたちになるまで、自分の作品やアイデアは他人に披露できないと感じる。
(○)だって、制作過程のものなんて、みっともないじゃないですか。

30.周囲の人に、自分で思っているよりも頭がいいと思われて、驚くことがある。
(ー)京大っていうと、大抵、びっくりされますね。

ということで、

20〜30……完全な内向型。
10〜19……中くらいに位置する。
0〜9……外向型寄り。
(解説は、リンク元↓をお読みください)

○が24個でした。○でないものを数えた方が早かったです。完全な内向型です。
じゃあ、何が問題なのかと言うと、

内向的性格とうつ病とは有意な関係がある

とされています。心因性のうつ病とこころのメカニズムを考えれば、まぁ、当たり前かなと思います。

うつ病になるきっかけ、うつ病になりやすい病前性格

(注)監修:昭和大学医学部精神医学教室教授(掲載当時)上島国利先生

一方で、うつ病エピソードを乗り越えられれば、うつ状態からは脱却できることも示されています(海外研究参照)。

そうは言っても、そう簡単に、仕事や人間関係を変えることなどできません。そういう場合、どうするか。

外向的人間の仮面をかぶれば良い

のです。
仕事(ビジネス)はゲームですから、生身の人間関係と完全には同じではありません。馬鹿正直に自分のスペックを開示しても、メリットはありません。”コスプレ”したら良いのです。

”外向的”/”内向的”という概念は、科学哲学的に言うと理念型モデルなので、人間は外向性・内向性の両方を必ず持ち、その割合が違うだけと考えるのが、適切です。従って、人生をサバイバルするには、その小さい方を膨らませればいいだけです。ないものを作るわけではないので、それほどハードルは高くないです。心理的負担としては、内向性を無理にキープし続けるよりも、その場を乗り切るために、自分の外向的部分を膨らませた方が、楽です。

どうですか?あなたにもできそうでしょ?


(ご参考)
内向型にも社交系、思考系、不安系、抑制系の4つのタイプがある(米研究:カラパイア
社会科学における理念型とモデルー社会科学の科学方法論再考(出口弘)

◇◇◇
あなたの脱うつ社会復帰、最短3ヶ月で成功させます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
1
精神科キャリアカウンセラー。メンタル疾患からの復職を目指す方の、キャリア構築支援をしています。精神保健福祉士、国家資格キャリアコンサルタント・CDA、WLB認定コンサルタントなどのライセンスを保持。 サービス受付ページ→http://www.s-yam-gucci.jp