見出し画像

株式会社スペースマーケットにJoinしました!

はじめまして。
すっかり紹介が遅れてしまいましたが、2018年9月からデザイナーとしてスペースマーケットに Join した伊東と申します。
現在の環境で早半年、デザイナーチームの皆さんの親しみやすい雰囲気のお陰もあり毎日が充実しています(写真は先日行ったデザイナー合宿での一コマです)。
スペースマーケットを更に良い感じのサービスにするべく日々精進中ですので、今後ともよろしくお願いいたします!

どんなことをしてきたのか

学生時代にアルバイトの一環としてバナーなどのグラフィックデザインに携わるうちに、Web 制作への好奇心が膨らみ、マークアップを独学で覚えたのちに受託の制作会社へ入社しました。
その後 LP や店舗・コーポレートサイトのデザイン・マークアップを行いつつ今に至ります。

なぜスペースマーケットを選んだのか

受託の Web 制作では”作って終わり”な案件が多く、自分の制作したサイトが実際どのように受け入れられているか理解が曖昧なまま次の案件に取り掛かるような場面の連続でした。
その中で、ある程度長期的に携わって成長させていける Web サービスやアプリに興味を抱くようになり、その方面で転職先を探すうちに目に留まったのがスペースマーケットでした。
実は以前にユーザーとして数回スペースを借りたことがあり、体験が良かったのも印象に残っていたので、すぐにエントリーしました。
また、デザイナーチームの皆さんとは事前に面談や1日インターン、ランチなどでご一緒したのですが、雰囲気や人柄に惹かれ、「ここで働きたい」と思う大きなきっかけになりました。

スペースマーケットの魅力

裁量の大きさ

基本的にクライアントの要望を汲み取って制作を進めていた受託とは異なり、自サービスをどのように成長させ、改善していくかは自分達に委ねられています。
UX を考え、データを参照し、トライしていく上で"ユーザー目線"を大切にしているのですが、よく言われるように「デザインに正解は無」く、実際に良い反応が得られるとは限りません。
特に昨今成長著しいシェアリングサービスのデザイナーとしては、”何も意識しなくても良い感じにマッチングする”ような UI を実現するべく試行錯誤を重ねていく必要があり、悩みどころも尽きません。
検証や振り返りを何度も行いながらサービスを改善していく Web サービスらしい面白さがあります。

また、業務のフローに目を向けると、Atomic Design の導入や、モダンなデザインツールの採用など、良さそうなものは自分達で試して取り入れていける文化があります。
デザイナー陣はキャッチアップが早く、LT などの文化もありますので、皆でデザインを語り、チャレンジできる刺激的な環境に感じています。

働きやすさ

これまで働いていた環境との違いで一番大きく感じたのは、制作物をお互いにレビューし合うフローがしっかりと共有されている所でした。
スペースマーケットのデザイナーチームでは InVision を導入しており 、プロダクトの品質担保のためレビューを欠かさないようにデザインを行っています。

また、現在デザイナーチームではデザインのガイドライン整備を推進中です。サービスのブランディングを強化する上で重要な基盤でもあり、今後のクリエイティブの効率・品質に直結する部分なので毎週 MTG の場を設けてガイドラインについて話し合っています。

デザイナー・エンジニアは週一をベースにリモートワーク Day が設定されている点も最高で、Slack で連絡を取りつつ自宅やコワーキングスペースなどで仕事を行うことができます。
通勤で疲弊することなく、仕事の合間に家事をこなしたり荷物を受け取ったりと、柔軟な働き方ができ非常に助かっています…!

最後に

少し長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
急成長中のサービスに携われるやり甲斐を感じながら、デザイナーにとって刺激的な環境で働ける点に魅力を感じていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます〜!
7
Web UI Designer

こちらでもピックアップされています

スペースマーケットDESIGN
スペースマーケットDESIGN
  • 38本

スペースを簡単に貸し借りできるサービス「スペースマーケット」のデザイナーによるマガジンです。デザインへの想いや考え方、社内での合宿やイベントなど、クリエイティブに関するテーマで発信した記事を集めています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。