見出し画像

【ウェブ解析資格】GAIQって役に立つの?


こんにちは。株式会社ゆめみでWebディレクターをしているhondaといいます。
ウェブ解析においてよく耳にする資格、GAIQ。
正直独学でやってきてしまったせいで、今更感があり取得してなかったんですが、つい最近やっと取得しました。
といっても、さらっと一回受けて、間違ったところを振り返り、公式の動画をちょっと参照して2回目で合格しました。

今回はすでに実務でGAを使用している私から見たGAIQの有用性について簡単にまとめていこうと思います。


GA初心者に向けて

この資格はまさに初心者向けという感じではあるのですが、どうしてもツールの概念とかやれることはわかるのですが、全く知識ない状態では結構辛そうに感じました。

Google アナリティクス初級者向けコース

ユニット3までをやって、全体像をつかむ
そして、一度自分が触れるGAアカウントで実際のデータを眺めながら、自身でデータから感じたことをまとめるといいと思います。

そこで一定の理解が深まってから、次のユニットに進むといいと思います。


そして、次が

Google アナリティクス上級者向けコース

ですが、正直これに進む前に1冊Webマーケティングの本を読んでおくことをおすすめします
上級者向けのコースでも、結局はGAで何ができるかというツールの話であり、それを自身のサイトにどういう場面でどう活かしていくかというのは、GAIQを取得しただけでは、わからないのです。

特に上級にいくと複雑になってくるので、まず自身のWebサイトをどうしていきたいか、どういうところに課題が潜んでいるのか。今どういう施策をしているのか。
といったところを整理してから上級向けコースを始めてみてください。
そして、上級をやりながら実際に自分のサイトのデータを一緒に見てみてください。
知識としてGAの使い方を学ぶだけでなく、実戦で肌でどう使うかを感じ取ってもらえれば一番GAIQを通したGAの学びになると思います。


あとは最後に試験をやるだけなんですが、、
安心してください。落ちても24時間後に再受験可能です。
一度やってみて、理解できていない分野が出てくるので、もう一度、コース受けてみるか、ウェブ上のブログなど活用し、少し知識をつけて再挑戦してください。


すでに実務でGAを利用してる方に向けて

私のように特に機会もなく、重要性も感じていない方についてはまず試験受けてみるのがよいと思います。

受けてみると意外と理解していないところが出てくると思います。そのポイントだけをコースで少し情報整理して受ければそれほど難しくはないと思います。

ちなみに、私は広告系がだめでした。最近全然実務でやらないから完全にわからなくなってますね。


そして、、受ける意味はあるのか、、

受けてみて、自分としての評価は

初心者は受ける価値あり。

すでに実務利用している方は、余裕があれば受けるとよい。

という感じです。

初心者に向けては、途中でもお話ししましたが、GAIQだけではWeb解析を実際の改善には活かせません。
GAIQはあくまでGAの機能を学ぶ点には優れています。が、それを自身のサイトにうまく取り入れるにはまた別の知識が必要と感じます。
だからこそ、1冊Webマーケティングの本読んで、実際に自分のサイトのことを情報整理してからやるのが一番無駄がないと思います。

初心者に特におすすめなGAIQで学べる部分は、上級コースです。
実際にもよく使う機能が多い
ので、初級コースでGAの成り立ちをしっかり理解して、実践力として上級を吸収すれば自身のサイト改善には十分役立つでしょう。

この資格、毎年更新の必要ありです

特に実務で利用してくる方に重要なのはこの点かもしれません。

GAに限らず、ほんとGoogleってアナウンスなしでちょっと仕様変えたり。機能追加したりすると思いませんか?
GA開くとお知らせ来てることの多いこと多いこと。

そこで、GAIQです。毎年更新だからこそ、GAに追加されたちゃんと理解していない機能をここで洗い出せればいいんじゃないかと個人的には思いました。

本当に重要な機能であれば、この試験で取り上げられるはずですし、取り上げられないようなアップデートであればそれほど気にしなくてもいいのかな、と感じました。

私からは以上になります。

初心者も実務利用者の方も、メリットあるかな?と感じてくれたら、一度調べて受験を検討してみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
株式会社ゆめみで運用ディレクター/解析関連のお仕事をしています。 上級ウェブ解析士の資格を取得してから、解析関連の業務が増えてます。ウェブ周りは得意ですが、アプリの解析という面ではまだまだこれからというところなので、もっと知識を蓄えて貢献できることを増やしていくことが目標です。