特殊相対論2(ミンコフスキー空間、双子のパラドクス、斜交軸でのベクトル表現、任意のローレンツ変換とローレンツ変換の群)

画像1 前回中途半端だったので、双子のパラドクスの頭から載せてます。 参考:『相対性理論』/江沢洋/裳華房
画像2
画像3
画像4 斜交軸での座標の話をここで挟んでます。
画像5 ローレンツ変換が群を成すことについて。
画像6 ちょっとこのページメモが多いです。(講義では時間反転と空間反転は何の行列かの説明もなしに端っこにちょこちょこっと書いてただけでした)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ノートは自分向けの最高の教科書である。 時間ができたら中学・高校の数学・物理で今やってるのと同じことします。 https://twitter.com/yukkurinamagoe9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。