特殊相対論6(コンプトン散乱、コンプトン波長、崩壊、相対論的ビーミング効果、ドップラー効果)

画像1 前回の続きです。ある程度具体的な内容なので、例と表記してますが、別に前回内容の例でもないです。
画像2
画像3 短いですが、キリがいいのでここまで。次回で電磁気に入ります

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ノートは自分向けの最高の教科書である。 時間ができたら中学・高校の数学・物理で今やってるのと同じことします。 https://twitter.com/yukkurinamagoe9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。