マイクロステークスの階段

2NL,5NLを打ってわかった事を書こうと色々と試していたら5NLから10NLに上がって苦戦している人に多いリークがなぜ発生するのかがわかったので記事にしようかと思います。
この状況の人には是非とも読んでもらいたい。

全体的に

やる前に思っていた以上にまとも。もっと酷いのかと思っていた。
当然、おかしな人は一定数いるけどそれはどのステークスでもいるもんでマイクロステークスの方が多いのは間違いない。
バランス良くしっかり打っているプレイヤーも多かった。

マイクロステークスでブラフはするな?

そんな言葉をよく聞いた。
アミューズメントポーカーとかでもブラフして「それでコールできんの??」みたいなことを言う人がいる。
確かにそれでコール出来るの?っていうhandもよく出てくる。
そんな事はコールする人の自由だ。
これも全体的にそういう人が多いというだけの話なんだがたぶんこういうロジックで動いているんだろう。

・強いハンドはずっと強い。
例えばAA、KK等のオーバーポケットは永久に強いと思いボードとかアクションは関係ない。こういう所にブラフしてはダメですよね。
・強いハンドは大きく打つ。
これは初心者に多いのですがハンドランクによってオープンサイズを変えたりする人。強いハンドは大きくレイズ、弱いハンドはリンプや小さくレイズ。この考え方でポストフロップもやっている感じかと思う。

こんな感じの初心者的ロジックで動いている。
そして重要なことは
自分がそうしているから相手もそうだろう。
と考えてしまう。

全体的にこんな感じのプレイヤーが多いのでブラフキャッチという概念はあまりない。強いからコールをする。

完全に主観の印象なんだけど

ポットオーバーベットを打った時のコールレンジが上のステークスに比べて強すぎる。つまりある程度はブラフが上手くいっている部分もある。
オーバーポケットとかは降ろせないけどセカンドペアとかはバシバシ降ろせていそう。
こちらの特盛りベットのレンジをナッツorブラフと考えて『ブラフにしかかってないじゃん!』っていうコールをされたのは8万ハンドで2,3回しかなかった。
降ろせている部分と降ろせない部分が入れ替わっている感じなので一番いいバランスがどの変なのかはまだ手探り状態だけど
ブラフをしたらダメってことはなさそう。やり方は工夫が必要かなぁ。

本題に入る前に

River Call Efficiency(りばーこーるえふぃしえんしー)

Efficiencyは難関大学対策クラスの難しい単語ですが効率って意味のようです。
この数値の意味は
リバーでコールしたときの
勝っていた時のコールしたチップ量/負けていた時のコールしたチップ量
でイーブンだとこの数字は1になる。
(数値の正確な計算はあっていると思うけどちゃんと書いてある日本語のページがみあたらなかった。たぶんその時のポットサイズは関係なかったはず。)
意味としてはずれていないと思う。
HM2,PT4には入っています。HM3にもあると思います。

この数値が1だと勝ったり負けたりでチャラ
1より低くて0.8とかだとコールした時に負けすぎ
だったら全部降りた方がまだいい。
1より高いと勝っている。

River Call Efficiencyは高ければ高い程よい!!!!

そんな気はしますよね。だって勝っている時ばっかりコールしている!
これは大きな間違い。
高過ぎてもダメなんですよね。適切な数値は1.2-1.6くらい。
適切な数値については諸説あるので今のとこザックリでいいと思います。
この数値が高いという事はどういうことか?
考えられる原因は大きく分けて2つあります。
・勝っているのに降ろされている頻度が高い。
・勝っているのにレイズ出来ていない。
(簡単に説明するとナッツ持ってコールすれば上がる、レイズして降ろしたら変わらない。レイズしてコール貰っても変わらない。レイズした方がEV高いのは自明でいいですよね。)

色んな人の相談

ポーカー始めて2NL,5NLとコツコツやって勝てるようになって10NLで苦戦しているという相談を数件受けたことがある。
数万ハンドの履歴を送って貰ったり一緒にトラッカーソフトで分析したりして共通して多かったリークはRiver Call Efficiencyが高い。
(2弱~3ちょいが記憶に残っていて低かった人はいなかった気がする。そんなに多くのサンプルがあるわけではないので偶然かもしれないけどね。)
原因なんて考えたこともなかったし数値の説明すれば理解してくれて改善策も簡単に見つかった。個人差とか性格的なものかと思っていた。

5NLと10NLの違い

10NLになると5NLまでとは違いリバーでのブラフ頻度が高くなります。(具体的な数字は示せません。自分の体感ね。高いと言ってもまだバリューの方が多い。)
5NLと同じ感覚でリバーを戦っていると降ろされまくってポットを失うことが多いのかと思います。
5NLから10NLに上げて苦戦している人はこの辺を見直してみるといいかもしれませんね。

HM2でのRiver Call Efficiencyの見方
(注意・役に立つことはなんにも書いてないです。)
この記事が役に立ったと思ったらサポートして下さい。

この続きをみるには

この続き:6,252文字/画像22枚

マイクロステークスの階段

ryu1hatano

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願い致します。ポーカーの教材費等の記事に役立つ用途に利用させて貰います。 poker stars ID:ryu1.1125 にトランスファーしてくれても嬉しいです。

TY!
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。