30歳独立、夢に。

30歳で独立。(現27歳)
そう想い続けて言い続けて5年くらい経つ。

周りからは、
「何言ってんだ。そんなの無理だろ。」
とか言われて笑われてきたけれど、最近は笑われて呆れられるくらいが丁度いいような気もする。

広島から東京に出てきた5年前くらいの自分だったら無理だったかもしれないけれど、上京してから今に至るまでのここ最近の1年でやってきた事を振り返ってみるとすごく前に進む事が出来てて、1年間でここまで進む事が出来るのかっていうくらいに1年前2年前の自分じゃ想像できていないくらいにまで少しずつ近づいていっているように感じるから、不可能ではないようなところまで来ていると思う。

30歳で独立。
その為に今何をすべきなのか。
それまでに何が必要なのか。
自分自身がどこまで進んでいっている必要があるか。
ふと考える時にはそこを常に無意識に意識しているように思うし、そこをずっと考えてるように思う。
30歳で独立という云々無視して、今アーティストとして何をすべきなのか。何をやるべきなのか。勿論お金の事はあるけれど、そこばかりに意識していては何も進まないから今できる事、そして今何がやりたいと思っていて何をしたくないのかを常に自分の心に問いかけながら、毎日を過ごせているように思う。
そうしていたら、
今日はコレしよう。とか
今日はコレをしなきゃいけないから
何時に起きて支度しよう。とか
今日はここ行ってみたいなぁじゃあ行こっか。とか
いついつ誰と会って、この日は面接行こう。とか
自然とスケジュールが埋まっていく。
勿論何も思い浮かばなくて完全にフリーな時もあるけれど、そうした時は降りた事がない駅に降りに行ってみたり、写真を撮りに行ってみたり、家で作業をしたり自由に過ごす。

また一定なルーティンができ始めたら、空いている時間の中で感覚的に直感で身体がビビッときた方向に向かって自由に過ごすんだと思うなぁ。30歳で独立っていう一つの大っきな夢に向かって。

実現できるか知らないよ。
だけど、不可能ではないところまではきてる感覚だけはあるから自分がこの先この1年でどこまで出来るかかなぁ。どれだけの人生ドラマと被写体と出会う事が出来るかだなぁって感じで、自分次第だなぁ。

っていう今日は写真セレクト編集作業に追われつつ未完成の写真が少し溜まりかけているから少し駆け足でやらなきゃなぁ。笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
幼い頃から変わり者だった彼は仲間と馴染めず15年間いじめを受け過ごした。彼の心の中には2人存在する。今を生きる者と過去と未来を生きる者。彼は心の中に存在する2人の眼を通じて、今をモノクロームで表現し、過去と未来をカラーで表現する事で人間の生き様を写し出し、希望と癒しを与えていく。

この記事が入っているマガジン