見出し画像

WING WORKS ONEMAN SHOW「ENTITY」について

3月20日(金・祝)に青山RizM(https://ruido.org/rizm)にてWING WORKS ONEMAN SHOW「ENTITY」を開催します。

2018年12月23日に通販・会場限定、2019年2月3日に全曲流通でリリースしたキャリアとして二枚目のアルバム「ENTITY」の総決算というコンセプトです。

WING WORKS - 2nd Full Album「ENTITY」全18曲10秒SPOT
https://www.youtube.com/watch?v=1QCKpH8gUmU

WING WORKS - SiLiConE 
https://www.youtube.com/watch?v=wu7aZT65Etg

WING WORKS - ACID CASTLE
https://www.youtube.com/watch?v=ocFIOyNDPQA

「ENTITY」をリリースしての足掛けまる1年、収録楽曲を中心としたライヴの日々だったように思います。
バンド時代とソロアーティストしての今を間違いなく繋げるこのアルバムを完全に自分のものにするためには、きっと多くの時間を費やすであろうことは完成直後から感じていました。
ステージの上で幾度となく自ら作り上げた音と言葉を噛みしめ、気付きを得て、理解を深め、血肉にする。

そのゴール地点をようやく自分自身の手で設定したいと思えるところまでやってきました。

それが3月20日(金・祝)青山RizMです。
だからこそワンマンのタイトルも「ENTITY」と名付けました。

もちろん「ENTITY」収録曲は全曲披露します。
そして、同時に「次」に進むための扉でもあります。

この日、必ずWING WORKSの新曲をお届けします。

今の自分のモードの話になりますが、良い意味で「憑き物が落ちた」ような状態に心があると自分では感じています。

・WING WORKSは「脈々と受け継がれるヴィジュアル系という文化の音楽である」こと
・自分はかつて「少女-ロリヰタ-23区という00年代のシーンに名を上げたバンドのメインコンポーザーであった」こと

この二つのこれまでの自分にとって大きな指針となっていたメンタリティから、今自分は解き放たれつつあります。
アルバム「ENTITY」と共に生きた1年は、自分を形成するこの大きな二つの精神性に確かな「回答」と「決着」をもたらしてくれました。

2020年。まだ形にするのはこれからですが、いよいよWING WORKSはその存在と精神性において、「ジャパニーズカルチャーのコンピューター×ヘヴィミュージック」としての大型アップデートを図れる時期に突入していけると思っています。
3月20日のワンマンから、もっともっとユニークで面白い存在になっていける予感がしているし、その予感を現実のものへと形作るのは外ならぬ自分しかいません。

そのアップデートのイントロダクションを、この日皆さんと一緒に共有したいと考えています。
どんな音とステージとマインドを届けられるか、今から楽しみにしていて欲しいと思います。

そして、我ながら大変チャレンジングで革命的なチケットの販売形態を考案したと感じています。

▼「ENTITY」チケット:66,666円
▼アップグレードチケット:15,000円
▼一般電子チケット:4,300円(当日券は4,800円) 

「ENTITY」チケットは、WING WORKSなりの「クラウドファンディング」としての意味を持つものとして発売します。
この日のライヴという一つのプロジェクトを成功させるための応援を皆さんにお願いしたい、という思いから生まれた特別なチケットです。
各種特典は、クラウドファンディングにおけるいわゆる「リターン」と呼ばれる役割として、ファンのみんなにこのワンマンを最大限喜んでもらえるものはなんだろうと自分なりに知恵を絞って考えました。

是非、それぞれの特典について解説させて欲しいと思います。

★会場への最優先入場
文字通り、会場の青山RizMに最優先で入場して頂けます。最前列もよし、フロア後方の段が高くなったステージの見通しのいい位置でもよし、お好きな場所を選んで下さい。

★豪華招待状チケット仕様
過去のVIPチケット以上の、もはやチケットを超えた「招待状」によるご入場となります。もちろん記念品としてずっと大切に持っていたくなるクオリティでお届けします。

★「ENTITY」完全限定グッズセットのプレゼント
内容は当日までのお楽しみですが、心を込めた他では絶対に手に入らないアイテムを取り揃えてプレゼントします。

★ご指定のWING WORKS楽曲の当日セットリストへのリクエスト権(1曲)
これがこの企画のメインコンテンツです。「RYO:SUKEと一緒に作り上げるライヴ」というテーマの元、あなたの聴きたい曲を必ず当日のセットリストに組み込みます。

★上記リクエスト楽曲の当日ライブ音源データのプレゼント
読んで字のごとく、リクエストして頂いた楽曲のライヴ音源をプレゼントします。音源化にあたってのミックスおよびマスタリングはRYO:SUKE本人がエンジニアリングを手掛けます。

★当日リハーサル&ミートアンドグリート参加券
当日日中に行うリハーサルにご招待します。サウンドチェックやモニターバランスをチェックする様子をご覧頂いた後、本番前の皆さんとの交流タイムを作りたいと思います。

★終演後ツーショット撮影会参加券※
こちらは物販特典の撮影会の前に最優先での実施となります。

★アフタートークショー(打ち上げ&お見送り)へのご参加(22時開始予定)※
ライブ&物販終了後に会場にてトークショーとお見送りを実施します。WING WORKSの今後の展望はもちろん、自動車の免許合宿の日々、バンコクの旅、レーザーショークリエイターとしての活動など、まだ直接お話していないRYO:SUKEの脳内とここに至るまでに経験してきたことを時間の許す限りお話します。

★ライブ前日のRYO:SUKE生電話によるご挨拶(要非通知解除)
ライブ前日に、直接RYO:SUKEから明日の意気込みや思いを電話でお伝えします。お時間はWING WORKSインフォメーションからのご連絡で調整となります。そして、ライブを楽しみにしているあなたの前日の気持ちを是非直接聞かせて下さい。

★内容リクエスト可のメッセージDVDレターのご送付(後日郵送)
「こんな質問に答えて欲しい」「これを歌って欲しい」「これを教えて欲しい」「相談に乗って欲しい」など、是非あなただけに届けるメッセージの内容をリクエストして下さい。RYO:SUKEに出来ることはなんでも応えたいと思っています。

上記の各種企画、喜んでもらえたら嬉しいです。
たくさんの応援が頂ければ、ワンマンの演出や音響面でもこれまで以上のクオリティでのショーを届けることが可能になります。
また、「ENTITY」の集大成にふさわしい視覚的なクリエイションを当日のステージに実現させたいとも考えていますし、自分自身はもちろん共にステージに立ってくれるWING-MENのtoshiくん、Daichiくん、YUCHIさん、SHOくん、ryuくんの5人に対しても様々な面で彼らがより演奏に専念できるリハーサルおよび本番のステージに向かうまでの環境づくりをすることが出来ます。

どうかどうか、WING WORKS「ENTITY」の最高のステージを一緒に作り上げるためにあなたの力を貸して下さい。

最高の歌と音楽、そして心からのおもてなしでお迎えします。

アップグレードチケット(15,000円)は「ピクチャーチケット仕様」および、上記の※の特典が付いてきます。
こちらも応援チケットとしての意味合いを込めて設定させてもらいました。
可能であれば是非、手に入れてもらえたら嬉しいです。

そして、今回は一般発売チケットを「電子チケット」として発売することにしました。
今回のシステムではチケットを購入して頂く皆さんに手数料がかかりません。また、コンビニ等の店頭で発券してもらう際の手間も不要です。
そして、実は事業者である自分にとっても今回のシステムは安価で運営することが出来て、チケット一枚当たりの利益を今までより大きくライブ制作に投入することが可能なんです。

「ENTITY」チケットおよびアップグレードチケットのように徹底的にRYO:SUKE自身の生身のコンテンツ力をお届けする姿勢と、一般電子チケットのように徹底的に現代のテクノロジーを駆使した合理化を追求するやり方の両端にそれぞれ振り切りたいと思います。

もちろん皆さんの支持と協力が不可欠ですが、WING WORKSはこれからの時代のライヴ・ビジネスの在り方についても新しい形を常に考え続け、発信していきたいと考えています。

チケット発売は、「ENTITY」チケットおよびアップグレードチケット先行が【1月24日(金)22:00~(先着)】、一般発売が【2月1日(土)10:00~】となります。

「ENTITY」チケット&アップグレードチケット先行(先着)
発売日:1/24(金)22:00~

WING WORKS ONLINE STORE:
https://wingworks.stores.jp/
(発売開始時刻よりページ公開)

一般発売:2/1(土)10:00〜
Live Pocket
https://t.livepocket.jp/e/entity

本当に最高の一日を作りたい思いでいっぱいです。

WING WORKS ONEMAN SHOW「ENTITY」
3月20日(金・祝) 青山RizM
共に命を燃やしましょう!!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
▼ 「WING WORKS RYO:SUKE」として音楽を作って歌い、「NAIFF ryosuke hagihara」としてライブや映像でのレーザー演出をしています。▼▼Twitter_https://twitter.com/rk_wing_naiff