見出し画像

僕はあいみょんを聴いてる(1)

少し寂しい夜なのであいみょんを聴く。

あいみょん。あいみょん。初めて名前を聞いた時には「あーまた流行りのユーチューバーか何かかなあ。」と思った。ミュージシャンだった。マリーゴールドがどうとか言ってた。

そのくらいの印象だった。興味が持てなかった。

「若者はこういうの好きなのか。というかもうそうやって『若者』とかくくって引いた目で見ちゃってる時点でおじさんなのか僕は。」とか思ってた。

よく聞く話だ。歳をとると若手俳優、女優の区別がつかなくなる。

音楽もそんな感じなのかな、と思った。自分としては、割と新しいものについていけるのかなと思っていた。その妙な自信は4年くらい前に「ゲスの極み乙女。」に興味をもって人生初ライブに行けたところからきている。

ところが、あいみょんはだめだった。

メロディーが単調に思えた。歌詞が武骨に思えた。どちらかと言えば女性っぽい女性の歌詞が好きな僕は、なじめなかった。(僕は女々しいのだ。たぶん女性以上に。)

自分が保守的になってきている気はしていたけれど、あいみょんがダメだったのは身近な決定打だった。深く悲しむわけじゃないけど。ああ僕はこのマリーゴールドに興味が持てないのね。こうやって凝り固まっていくのだね、とか思った。

ところが先週末から西へ東へまわりまわる旅の途中で、思わぬ変化があった。

ちょっと唐突なんだけど、キーワードはこんな感じ。

あいみょん、燃え殻、ペアリング。

明日またそのことについて書きたいと思う。

まだ整理できてないから、少しずつ書こうと思う。

とりあえず言っておくが、今。

僕はあいみょんなんて聴いてる。なんかめっちゃ聴いてる。

武骨でない武骨さの傍で、新しさの横で息をして、キーボードをたたいて、酒を飲んでいる。

明日もたぶん、ちょっとあいみょんなんて聴いてる。

デブのアラサーおにいさんだけど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

酒と2人のこども達に関心があります。酒文化に貢献するため、もしくはよりよい子育てのために使わせて頂きます。

愛してるって最近言わなくなったのは
17
詩や散文が好きです。あと日本酒。加速してます。

コメント2件

あいみょんしろうとですが、なんか酒に合う。あとあいみょんて、あいみょんっぽくないです
深夜の酒にあうかもしれません。あいみょん感がない、それは分かります。名前と雰囲気的に小松菜奈さんを少し甘くしたような感じかと思ったら(これもなんでそう思ったかわからん)、実物は炭酸の抜けたシシド・カフカみたいな感じでした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。