僕の壮絶な高校野球人生

12

「僕の壮絶な高校野球人生」 終わりに。

この記事は下まで読んでください。 この度は、僕のノンフィクション体験談「僕の壮絶な高校野…

僕の壮絶な高校野球人生 完結 〜ありがとう〜

僕の進みたかった進路はこれだ。 「大学へ行かず、東京へ行き、俳優になること。」 でも僕が…

僕の壮絶な高校野球人生 完結へ 前編

一球一球ごとに、観客の声が、地響きを起こすような勢いで鳴り響く。 相手のブラスバンドの演…

僕の壮絶な高校野球人生No9

一回、僕達は2点を先制した。 仲間の、誰にもできないようなプレーのおかげで見事に点を取る…

僕の壮絶な高校野球人生No8

一回戦の相手は兵庫県の名門高校だった。 大会前の下馬評は完全に向こうの方が上。 新聞でも…

僕の壮絶な高校野球人生No7

次の日、僕はまた部活に行かなかった。 今回は朝、家を出たまま電車で大阪まで行った。 この…

僕の壮絶な高校野球人生No6

僕はグラウンドの周りに生えている雑草を、 1日中抜くということを夏休みの間ずっとやらされ…

僕の壮絶な高校野球人生No5

ごめん。。ごめんなさい。 僕はどうしていいか分からなかった。 足が動かず、家に上がること…

僕の壮絶な高校野球人生No4

僕はご飯を食べ出してから2時間が経過していた。 2時間も食べ続けているのに、僕のお弁当の中…

僕の壮絶な高校野球人生No3

奇妙な雰囲気を感じながら、僕はその日無事に練習を終えた。 帰りの電車に乗り込んだ時、僕の…