見出し画像

デザイナーの僕がマーケをやっても良いと言った本当の理由(GLOBIS Advent Calendar 2019_Day20)

これはグロービスアドベントカレンダーの20日目の記事です。
https://qiita.com/advent-calendar/2019/globis

こんにちわ。こんばんわ。
ポケモンマスター改め、デザイナーの渡邉(@ryoppi0726)です。社内では渡邉さんが多数いるので下の名前でりょーじさんと呼ばれています。

今社内では大きく分けて下記3つのプロダクトを開発し、私は現在グロプラLMSチームで企業研修の管理システムを作っています。

グロービス学び放題
グロプラLMS
GLOBIS Unlimited

さて1年ぶり2回目となる今回のアドベントカレンダーは、グロービスで働いるなかで自分に起こった変化についてエモさ中心にお届けしたいと思います。

プロダクトの成功にコミットするなら手段はデザインだけとは限らない

突然の質問ですが、プロダクトを通じて世の中をどう変えたいか、つまりプロダクトのビジョンについて考えたことはありますか?

またはプロダクト開発チーム内でそのような会話をしたことがありますか?

少し青臭い話ですが、僕は本気でプロダクトのビジョンを実現したいと最近思えるようになりました。

3ヶ月前のSlackにその証拠が残ってますw

画像5

冷静にこんなエモい話をオープンスペースでするなよ自分…

なんでそんなにプロダクトの成功にコミットしたいのか?

グロービスに転職を決めた段階では教育という事業ドメインに興味はありましたが、正直そこまで強い気持ちがあったわけではありませんでした。

そんな私がここまで強い気持ちを持てた理由は大きく分けて3つあります。

理由1▼
ユーザーインタビューを重ね現場の生の声を聞く事で課題が明確になりペルソナに血が通った。

理由2
ビジネスリードが掲げるムーンショットのロードマップが明確で「これなら実現できる」と思えた。

理由3▼
チームが好き♡

理由1▼
ユーザーインタビューを重ね現場の生の声を聞く事で課題が明確になりペルソナに血が通った

画像2

私が働いているグロービスにはMASSではなくSATISFIED CUSTOMER BASE」という行動指針があり、顧客・ユーザーに向き合い、ニーズを探すことを重要と考える文化があります。

この文化はデザイナーにはとてもありがたいことで、ニーズ調査や仮説検証のためにユーザーに会う機会を数多く作ってもらうことができました。実際にgoogleカレンダーで過去の予定を見返してみると直近2ヶ月で7社もインタビューを実施していました。

このインタビューや仮説検証のおかげでペルソナに血が通い、目の前に実在する課題を抱えたユーザーへと変わりました。

わかりやすい言葉に置き換えると「課題の自分事化」が起こり、本気でプロダクトの成功にコミットしたいと考えるようになりました。

理由2▼
ビジネスリードが掲げるムーンショットのロードマップが明確で「これなら実現できる」と思えた

画像3

今僕が所属しているチームのビジネスリードは熱意と知性を併せ持ったとてもすごい人です。(お世辞ではなく本気で思っています。ダイの大冒険でいうバラン的な人)

チームにジョインして1週間で研修管理のフローを全て洗い出して解くべき課題の仮説を立て「りょーじさんこれですわ」と言っていたのを今でも強く覚えています。

ムーンショットを語る熱意もさることながらロードマップが明確で、事業ドメインの知識が少なかった僕が聞いても「このロケットに乗れば月に行ける」と本気で信じることができました。

理由3▼
チームが好き♡

画像5

これは読んで字のごとくチームが好きだからコミットできるって話です。

理由2でどのロケットに乗るかの話をしましたが、同じくらい「誰とロケットに乗るか」も僕にとっては重要です。

プロダクトの成功にコミットすると、知らず知らずのうちにスキルが上がっているはず…

画像5

プロダクトの成功に本気でコミットしたいと思った僕に起こった変化は 「成功のためならなんでもします」のマインドでした。

つまり言い換えると「デザイナーとしてどうするか?」ではなく「成功のために何をすべきか」と考えるようになり、職種の壁を越境して仕事をするようになりました。ここで冒頭の「結果にコミットしたい。僕がマーケやったっていい」の発言につながります。

現在進行形ではデザイナーからPM方面に越境して少しでもチームがうまく回り、良いプロダクトが作れるように日々試行錯誤しています。

そしてまだ結果はわかりませんが、来年のアドベントカレンダーでは1年間職種の越境をした結果スキル面でどんな変化が起こったのかを報告したいと思います。

クイズ!正解は1年後

また来年のアドベントカレンダーで会いましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23
DeNA→ドワンゴ→グロービス現在は新規SaaSのデザイナー兼PdM見習いです。一次情報に触れるをモットーにインタビュースキルを磨き中