ruriohno

奥村土牛 ―山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾―

山種美術館の雰囲気、奥村土牛の絵の身体を包んでくれるような安心感。きっとその風景を直接見るよりも、奥村土牛さんの絵を通してその風景を想像する方が綺麗なんだろうな…

2か月前

「正欲」朝井リョウ

正 欲 「みんな、この不安の中を生きていたのだ。」 「明日もきっと、未来から見た“あのとき”になる。明日増える繋がりはまた、自分をこの世界に留めてくれる網の一部に…

2か月前

「店長がバカすぎて」早見和真

身近に転がり落ちてる状況を、とても寄り添って書いてある小説。 個人的には〈イザベル〉の黒豆ココアがとても気になる。

3か月前

大切なことは口に出したら逃げちゃいそうだから心に温めておこう

3か月前