マガジンのカバー画像

わたしたちの対話 | 実践校事例インタビュー

14
校則見直し・ルールメイキングを実践している生徒・先生にスポットを当てたインタビュー連載です。認定NPO法人カタリバがコーディネーターを派遣する実証事業校以外にも、全国のルールメイ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

ルールメイキングの挫折を乗り越えて。大阪夕陽丘学園高校の場合

ルールメイキングプロジェクトがスムーズに推進できるとは限りません。メンバーの意見がまとま…

ルールメイキングで伝統校に新たな風を。自由学園 教員 鈴木裕大さんの想い

近年、ルールメイキングに取り組む学校は確実に増えてきています。ルールメイキング推進にあた…

「高校が荒れていた頃の、厳しすぎる校則を変えたい!」ルールメイキングに1年間とり…

千葉県市原市にある千葉県立姉崎高等学校は「みんなのルールメイキングプロジェクト」実証事業…

学校という枠組みを超えて働きかける。制服の見直しを県へ請願、採択されたマキさんの…

2021年6月、「性別違和を持つ子どもたちが生きやすい社会をつくる会」が富山県・新田八朗知事…

「うっせぇわ」替え歌をyoutubeに公開して、校則に問題提起。先生と生徒を巻き込み、…

山形県立遊佐高校では、生徒も先生も通いたくなる学校を目指して、今年4月から「ルールメイキ…

「ピアスやヘアカラーは、生徒が自分で判断」校則を変えるまでの私たちのプロセス【筑…

「ルールメイキング」とは、学校の校則・ルールの対話的な見直しを通じて、みんなが主体的に関…

私とルールメイキング

認定NPO法人カタリバさんの、ルールメイカー育成プロジェクト2021の実証事業校として、校則見直しに取り組んだこの1年間は、今までにないくらい悩み、葛藤し、試行錯誤と失敗の連続だった。その様な活動の中で、カタリバの事務局の皆さんやCNさん、研究員の方たちにサポートしていただいたことが本当に支になった。この1年間を振り返ってみる。 目次 1.生徒の主体性を育む 2.単なる校則見直しではないことの気づき 3.対話の難しさ 4.今後の課題 5.私自身の変化  生徒指導部長を任さ

スキ
6

制服選択の新しい選択肢もご紹介!校則・ルール見直しの最新動向(2021年9月-1…

全国各地での校則・ルールの見直しを行うルールメイキング活動の動向を、最近ホットな話題を中…

校長会による校則見直しの提案も!校則・ルール見直しの最新ルールメイキング動向(202…

 2021年8月下旬までの全国各地での校則・ルールの見直しを行うルールメイキング活動の動向を…

すべての県立高で制服選択が可能になった県も!校則見直し・ルールメイキング最新動向…

全国各地での校則・ルールの見直しを行うルールメイキング活動の、最近ホットな話題を毎月お届…

「生徒と校則をつくる”ルールメイキング”、やってみてどうだった?」先生たちに聞き…

NPOカタリバでは、生徒が主体となって先生や保護者と話し合いを重ねながら校則やルールの見直…

【ルールメイカー育成プロジェクト2021】 実証事業校を10校募集開始!

生徒主体で校則・ルールを見直す活動を通じて学校改革に取り組みたい学校を募集! NPOカタリ…

2/23「未来の学校のルールメイキング」ワークショップ 開催レポート

今ある校則って、本当に必要なの? 未来の学校でも、今と変わらない校則があるのかな?未来の…

教育社会学者・内田良さんに聞く「校則・ルールは誰のもの?」 みんなのルールメイキング活動レポートvol.2(2020年10月)

カタリバでは、学校の校則・ルールに焦点をあて、生徒・先生・保護者などが対話と調査を重ね、納得解をつくることを通して、生徒の課題発⾒、合意形成、意思決定をする⼒(市⺠性=シティズンシップ)を育む「ルールメイカー育成プロジェクト」を、昨年立ち上げました。 「ルールメイカー育成プロジェクト」では、全国に数校あるモデル校を皮切りに、⽣徒・教員・保護者といった当事者の声を、学校の校則やルールに反映する仕組みをつくることに取り組み始めています。また、それと同時に、モデル校のみならず、誰

スキ
15