見出し画像

電欠の荒廃車

この程、政府が2030年代半ばまでにガソリン車の新車販売をなくす方向で検討しているという報道があった。
公式の発表等を見ていないので詳細は不明だが、実際に施行されるとなるとこれからガソリン車は徐々に数を減らしその頃を境にして急減、最終的には消滅することであろう。後にはハイブリッドカーなど一部の例外を除いて電気自動車しか残らない。

私はこの政策に反対である。
理由としては二酸化炭素排出量削減と言いながらガソリン車より電動車の方が製造時の二酸化炭素排出量が多いだとか、走行時に二酸化炭素を排出しないと言ってももととなる電気を火力発電で賄っていれば意味がないだとか色々あるが、中でもあまり言及されない懸念事項を取り上げてみよう。

それは「電欠」である。
電動車は当然ながら充電池で動いている。これには走行用と補機用(室内灯やハザードランプに使用する)があり、このうちガソリン車などにも備わっている補機用充電池が切れることを「バッテリーが上がる」と言うのと区別して走行用充電池が切れることを「電欠」と呼ぶようだ。
路上で電欠を起こして立ち往生した場合、ガソリン車のようにスタンドからガソリンを持ってきて給油するというわけにはいかず、即レッカー移動である。
この電欠によるトラブルが脱ガソリン車の過渡期から移行後にかけて日本各地で頻発する可能性がある。
うっかり充電を忘れたり、いわゆるメモリー効果を信じて意図的に充電を控えたりしたところを「ちょっとそこまで」のつもりで走らせて充電が足りずに止まってしまう。さらにそれが原因で後続車との衝突事故などへ発展する。一見して人を馬鹿にしているような話だが、私は私を含めた人類に知性というものをあまり期待していない。必ず、それもおびただしい件数起こるという確信がある。
当然車の側には電欠を防ぐために充電が一定量を下回ると警告を出す仕組みがある。が、警告とは無視されるためにあるものだ。日常的に充電を怠っている人間であればなおのことである。

道具が発達しようとも、それを使う個人個人の知能は原始時代からそう変わりないのである。

ではそうしたトラブルを防ぐにはどうすればよいか。
街中に充電スタンドを増やすというのがまっさきに思い当たるが、根本的な解決にはならない。
そこで考えられる対策としては、駐車場と充電設備の一体化がある。車から駐車設備に対して無線などで充電量の情報を送れるようにしておき、一定以上充電しないとタイヤロックが外れないような仕組みを作るのである。
あるいはAIによる自動運転を標準装備とし、目的地までの必要な充電量に満たなければ発進できないようにするか。
どの手段を取るにしろ、設備の充実が必要で2030年代という期限はあまり現実的ではないように感じる。ゆえに私は反対なのである。

さて、なぜこんな話をしているかといえば、これもまた創作に関係がないとは言えないからである。
近未来を描く作品においては、自動車という生活に密着した乗り物について舞台となる年によって描写が変わってくる。エンジン音かモーター音か、細かいことだが大事なことだ。
そして前述の通り、道具が変われば人の生活も変わる。それに伴うトラブルは起きるしそのための対策も行われるだろう。
今のところ電動車にまつわる云々は単なる未来予想でしかないが、私がたびたび取り上げるスマホについては実際に歩きスマホという単純かつ深刻なトラブルのもとがあり、注意喚起がされている。

電動車でも二足歩行兵器でも何でもいいのだが、道具を道具だけただ登場させるのではなく、それをとりまく社会そのものをどのように描くかが創作者の腕の見せ所であろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ここでは小説を書くことを志すナニカ。ラノベ漫画アニメゲームを広く薄く囓っている中途半端なオタクでもある。現在は創作論のようなものを投稿しながら裏で小説の執筆に挑戦している模様

こちらでもピックアップされています

文字書き志望の上から目線創作論
文字書き志望の上から目線創作論
  • 109本

小説を書きたい半端者が知ったふうな調子で垂れ流す創作論”のようなもの”

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。