これはFediverseアドベントカレンダーの記事ではありません

私はSNSについての観念的脱中央集権主義者である。SNSと呼ばれるものが将来的に全て分散SNSに置き換わってほしいと願っている。
もちろんTwitterの住人にもMastodonなどの分散マイクロブログSNSに移住してもらいたいと思っている。

そこで最近私はTwitter上で頻繁にMastodonへの移住を促すツイートを発している。他につぶやく機会が減っているのもあって、今では全体の半分がMastodonほか分散SNSについてのツイートである。

しかしながら、この発信によって得られた成果ははかばかしくない。
観測できた中でMastodonにアカウントを作りTwitterと同時利用するようになった人は一人だけいるが、あとは反応を示しても移住には消極的だ。

今まで使っていたサービスを完全に切り替えるというのは単純に面倒だし、それまでのフォロー関係も切るに切れないものがあるだろう。私自身主義に反して未だにTwitterを使っているのは相互の人とのつながりを維持したいがためだ。
一人を移住させるためにはその人の相互フォロー全員が移住する必要があり、その人たちにはまた相互フォローがいる。結局はある程度の界隈全体で一斉移住しなければならない。

だが、そんな大規模な移住運動は今後自然発生しないだろう。JP鯖の閉鎖発表が「Mastodonは終わり」という認識を広めてしまっていることが大きい。

もはやTwitterが何らかの問題を起こして住人が離れるという敵失を待つような状況である。ちょうど今その問題が無いこともないのだが、特定の機能廃止のような直接的な危機感を煽るものではないため住人の反応は鈍い。

この状況を打破するためには、やはり草の根的な移住促進運動が必要であろう。Twitter上でMastodonの健在を知らしめるツイートがバズり、ニュースサイトで取り上げられればこの上なしである。
しかしそれには私ひとりでは力不足だ。Mastodonの住人を巻き込む必要がある。

Mastodonの住人の多くがTwitterからの人の流入をよく思っていないことは知っている。
が、あえて言おう。MastodonいやさFediverseの住人はTwitterから人を呼び込むべきである。少なくとも分散SNSはまだ生きているぞとTwitterの民に知らしめなければならない。
数は力だ。存在を知られていないというのはいないものと同じことである。Fediverseという素晴らしい環境の存在を知らしめ、人を呼び込んで活性化させる。その中から鯖缶も生まれるだろうし、人口が増えれば企業も動くだろう。企業の情報発信に使われるようになれば情報収集手段としてFediverseを選ぶ人も出てくる。正の循環が生まれるのである。

確かに人口が増えればときには炎上も起こるだろう。だが、炎上こそはネットの華である。人口が少ないだけのことを「リテラシーが高い」「治安がいい」として選民思想に浸るのはやめにしよう。アカウントを持っているならTwitterへ行こう、そしてFediverseを大いに宣伝するのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
ここでは小説を書くことを志すナニカ。ラノベ漫画アニメゲームを広く薄く囓っている中途半端なオタクでもある。現在は創作論のようなものを投稿しながら裏で小説の執筆に挑戦している模様