見出し画像

趣味を語る:サッカーについて(Jリーグ)

こんにちは、怠けおおかみです。二回目の投稿になります。
名前の通り怠け者なので三日坊主ならず一日坊主になってしまうのではと真剣に危惧していましたが、どうにか回避できたようです。次は二日坊主回避めざして頑張ります。

noteをいじっていると色々な機能があることに気づきます。
まだ全然把握できていないので見づらい投稿かもしれませんが、今後少しずつ改善していくのでお付き合いください。ちなみにスキをして頂いた際のメッセージを設定しました。今のところふたつあります。ひとつはカッコつけて英語にしてみました。すごい簡単なものですけどね。

川崎フロンターレ

やっと本題に入ります。
今日はサッカーについて書いていきたいと思います。
僕はDAZNを契約しているので海外サッカーも見ますが、基本的にはJリーグを追っています。

Jリーグでは川崎フロンターレのサポーターです。
ここ三年はシーズンチケットも買っていて、一般の人からみたら熱狂的なサポーターに入るくらいかもしれません。
でもサポーター歴はあまり長くなくて高校二年生から大学一年生までの間は年に数回観戦に行くことがあるかどうかといった程度でした。
実は父親のほうが先に川崎フロンターレのサポーターになっていて、この頃はその父親に連れられて観戦に行っていました。

では高校に上がるまではどうだったのかというと僕は小学三年生から中学三年生まで自分自身もサッカーをやっていたサッカー少年でした。
小学生のときに僕が所属していたサッカークラブはメンバーの父兄がコーチをやっているような緩い雰囲気のクラブだったので、毎週末練習や試合でスケジュールが埋まるようなことはありませんでした。そのためクラブの活動がない日などはJリーグの試合を見に行くこともそこそこありました。ちなみに小学生の頃は横浜Fマリノスの試合を見に行っていました。
しかし、当時はプロの試合があまり楽しいと思えませんでした。

中学生になると、サッカー部がかなり強豪だったこともあり土日はほとんど部活で埋まり、休みがあっても家でオフを満喫したりで、サッカー観戦自体あまり行かなくなりました。

そして高校に入った自分は部活に明け暮れる日々はもういいかなと思ったことに加えて、帰宅部に妙なあこがれがあったことから帰宅部となりました。
そして、高校一年生か高校二年生のとき(記憶が曖昧です)父親に誘われて川崎フロンターレの試合を見に行きました。そのときにサッカー観戦に対して以前より楽しめてた自分がいたんですよね。
それから数年間は自分から積極的に観戦に行くまではしないものの父親に誘われたらたまに観戦に行くくらいになりました。

転機となったのが2017年、僕が大学二年生のときです。
この年は、大学生活も二年目となり余裕も出てきたことからだいぶスタジアムに足を運ぶ機会が増えました。何より、スタジアムの雰囲気や試合自体を以前に増して楽しいと感じるようになっていました。
そしてその年の終わり、僕は川崎フロンターレの歴史的な瞬間に立ち会うことになりました。

画像1

川崎フロンターレJ1リーグ初優勝の瞬間です。
川崎フロンターレというチームはJリーグの中でも強豪と言われるチームです。しかしタイトルにはことごとく縁がありませんでした。リーグでは毎年上位にいるにも関わらずなぜか優勝できない、カップ戦の決勝のような一発勝負に弱い、そんな姿は「シルバーコレクター」「無冠ターレ」と揶揄されてきました。そんなチームの初タイトル獲得の場に立ち会えたことは、自分みたいなサポーター歴が短い人間がいていいのかという申し訳なさも少しあったものの、やはり最高の思い出になりました。

そして次の年から、僕はシーズンチケットを買うようなサポーターに変わりました。シーズンチケットを買い始めてから2018年、2019年、2020年と今年で三年目になりますが、今ではすっかり生活の中心にフロンターレがあります。

そのJリーグも今年は第一節を消化したあと、コロナ騒動で長い長い延期期間に入ってしまいました。早く再開してほしいと思うものの、今はみんなが協力し合うときですからね、我慢したいと思います。

最後になりますが、僕はフロンターレが大好きですが、Jリーグも大好きなんです。他のクラブは嫌いとか全くないので、もしここまで読んでくださった方の中で他クラブのサポーターの方がいらっしゃるなら今後も僕のnoteを覗きに来てくれると嬉しいです。

それでは、また次回の投稿で。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
4
神奈川県在住の大学院生です。 自分の趣味や日々考えていること、思っていることを綴っていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。