見出し画像

中秋の名月とお月見団子

昨日は中秋の名月。
満月が苦手すぎるわたしにとっては
できれば避けてとおりたかったけど
うちのかわいいかわいいひびたんが
「かあちゃーん、へやのまどから、きれいなおつきさまがみえるよ〜。いっしょにみよう〜!」
なんて誘ってくれるもんだから
酔っ払ったわたしは調子よく、あしたのお休みは、一緒にお団子作ろうか!
などと約束してしまったんだった。

先日、保育園の年長クラスのみんなでお月見だんごをつくったのが、楽しかったようだ。

3時のおやつにあわせて、
白玉粉と木綿豆腐でこねてつくる、モチモチのお団子を、久しぶりにつくった。

ひびたがお団子を丸めながら、

「むかしはカレンダーってなかったんやって」
「おつきさまをみて、そろそろいねかりのじきやなとか、きめよったんやって」

とか

「おだんごをのせるだいのことを、さんぽーっていうんやって」

とか

園で教えてもらったお話をしてくれた。

お団子を丸めているうちに、楽しかった保育園での時間がよみがえってきたんだと思う。

日々、心が動く時間を、豊かな時間を、すごしているんだなあと
嬉しくなった。

お団子にはきな粉をかけていただいた。
そのあと、ひびたが折り紙で三方(さんぽう:団子をのせる台)を折り、お団子とともに飾っておくというので、一緒にススキを探しにさんぽした(!ダジャレな)。
すすきっぽいものを見つけたが、ひびた的にはイメージとちがうそうで、ススキではないが、さわ〜っとした感じの秋の草をみつけて、それを飾ることにした。
さわーっとした草がいい感じで秋を演出してくれている。

心が動いたことを、また家で反復するように、家族に響かせて
家でのことも、また保育園で響かせて育ちあっていけたらいいなあ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととっても嬉しいです。どんどん佳い記事が書けるような力がわいてきます。どうかよろしくお願いします🤙

ありがとう!さらに遠慮なくいただくわ💞
8
お寺の境内のすみっこにある、小さな小さな喫茶店「ろうそく夜」店主。4人の子どもをもつ母ちゃんもやっている。 しごとも暮らしも子育てもムリなくたのしむ、自分をいきいき生きるためのワークやおはなし会も主催する。

こちらでもピックアップされています

おかあさんの木
おかあさんの木
  • 11本

こちらは4人の子どもたちの子育てから学んだこと、氣づきや思いを書きたいと思います。過去のブログより、忘れずにおきたいことなども掘り起こしてきます。

コメント (1)
さわーっとした草♡最高です🥰
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。