見出し画像

おかあさんの木、とは子そだてサロン的な。

ろうそく夜では、長いこと「かあちゃんの会」という集いを行なってきました。

今末っ子が通っているこども園でも、園に許可をもらって「おやのわ」という集いを月にいちど開いています。

これは子育て中の母という共通点のみで集まり、車座になってすわり、ひとりずつ自分の想いをはなす、人のはなしを聞くという会です。リラックスした状態で好きに話し、人の話に共感する時間や空間は子育て中のわたしたちにとって、なくてはならないものであり、子どもの育ちにも大きく影響を与えるものだと思っています。

ところで、知られているようで、あまり認識されていないのですが、わたしには4人の子どもがいます。 仕事してる時は、割と母ちゃんの自覚がないからか、子どもが4人もいるように見えないようです。しかしながらこう見えて、わたしはなかなか長いスパンで子育てをしています。上と下では14歳差。この差って、おかあさんをやっていて上の子2人くらいまでだと見えなかったものが、だんだんと下に行くほど見えるようになるものなんですね。いや、下に行くほどというより、同時進行でいろんな年齢の子を観ることで、過去・現在・未来を常に意識しながら子どもと関わる事ができるようになりました。エンドレスの子育ての中でも、それはちょっとした贈りもののように感じられます。初めての子育てでは知りえなかったこと。

ここでは、おかあさんの木と題して、かあちゃんの会こぼれ話のような、わたしのかあちゃんの部分を余すことなく書いてみたいと思います。

わたしの子育て観など、わたしだけの物差しでしかないので、参考にするまでもないとは思うけど(結構マイノリティだと思う)ひとつの考えるきっかけにはなるのではと思うので、包み隠さず、そしてできるだけ精確に素直に書いていきたいと思っています。あまりに赤裸々だったりプライベートな話は有料記事にさせていただきますね。どうかよろしくおねがいします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととっても嬉しいです。どんどん佳い記事が書けるような力がわいてきます。どうかよろしくお願いします🤙

あたいも大すきです❣️
8
お寺の境内のすみっこにある、小さな小さな喫茶店「ろうそく夜」店主。4人の子どもをもつ母ちゃんもやっている。 しごとも暮らしも子育てもムリなくたのしむ、自分をいきいき生きるためのワークやおはなし会も主催する。

この記事が入っているマガジン

おかあさんの木
おかあさんの木
  • 5本

こちらは4人の子どもたちの子育てから学んだこと、氣づきや思いを書きたいと思います。過去のブログより、忘れずにおきたいことなども掘り起こしてきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。