見出し画像

豆乳マサラチャイのレシピだ

今日は、オンラインでろうそく夜のチャイの教室をしました。それぞれにご自宅の台所でじっくりつくる、というのが想像以上におもしろくて、わたしも店にはWi-Fiが無いので、自宅の台所で同時進行で一緒につくりました。

受けられた方からも、店のワークショップでは大人数(だいたいいつも8〜10人)なので、すこし氣おくれしてしまう事があるけど、オンラインはこじんまりとじっくりできてよかったとおっしゃられる方もいて、どちらがいいということはなく、今のような状況がなければ、オンライン教室なんてしようと思わなかったのに、やってみるととても氣楽でよかったのですー。

そして最近、ときどき販売させていただいているおやつボックスにも、今回はチャイのキットを同封させていただきました。

ろうそく夜では豆乳マサラチャイが、飲みものの中ではいちばん人氣があり、うちの子どもたちにもつくり方を教えているのだけど、自分でつくったものとほかの人がつくったのでは、あたりまえかもしれないが、全く味がちがうのです。同じ材料で同じ分量で、隣でつくるところを見ていても、絶対おなじ味にはならない。

逆に、わたしがつくったら、どんなに分量を適当につくったとしても、いっつも同じような味になる。

これって、わたしが上手なんですぅ〜ということが言いたいんではなくて、つくる人それぞれの性質がそのままその味になってるってことだから、ジャッジする必要は全くなくて、カレーなんかでもつくる人によって味が違いますよね。そのことがとても興味深いしおもしろいなあと思うのです。


そこで、今日はろうそく夜の豆乳マサラチャイのレシピをここで公開してみようと思いました。

おうちでろうそく夜をたのしんでもらえたらなあと思うし、ろうそく夜のチャイの味とくらべてみたり、妄想してもらったり、まるで同じ味になったよ!!なんてこともあるだろうし、ぜひ興味のある方につくってもらいたいなあと思います。店でお茶が出せなくなったいま、わたしに差し出せるものとして、思いついた次第です。よかったら参考になさってみてくださいね。

〈豆乳マサラチャイ〉1人分

・紅茶葉(CTC紅茶)4g・しょうが 17gくらい ・水 150cc ・豆乳150cc ・きび砂糖 小匙山盛2杯  ・シナモン 親指くらい ・クローブ 3本 ・カルダモン2粒        ・スターアニス半分(あれば)  ・ブラックペッパー3粒(あれば)

① スパイスはすり鉢か袋に入れて金槌みたいなもので叩きつぶす。

②しょうがは千切りで細かくする。

③小ナベに水を入れて、1と2を加えて中火にかける。

④ぐつぐつと湧いてきたら弱火にして、水の色にスパイスの色が出るくらいまで煮る。

⑤紅茶葉を加えて深い色がでたら、きび砂糖も加え、小さめの泡立て器で混ぜて砂糖を溶かす。

⑥豆乳を投入❤️

⑦泡立て器で底からかき混ぜながら、ナベの縁の紅茶葉が踊り出すまで様子を見る。

⑧ぐわっと沸騰したらすぐ火を止めて、茶漉しでこしながらカップに注ぐとできあがり。すこし空氣をふくませるように高いところから注ぐとインド人ぽい🇮🇳


今日オンライン教室で、できあがったチャイを飲みながらおしゃべりをした方に、わたしのつくるものは、どれも「ふんわり」していますね、と言われた。わたしのつくるおやつやパン、かりっとしたクッキーでさえも、いつもふんわりした印象があるそうで、それがなんだかとてもいい表現だなと、素直にほめことばとしてうけとりました。それはわたしの性質なのかもですね、と加えてその方は言うておられましたが、わたしは長いこと、ふんわりした自分が嫌だと感じていたのです。親からはいつも「ふわふわしとんなよ」と、叱咤されておりましたし、地に足のつかないイメージが妙に信頼がなく、たよりなく感じさせる印象があったのだと思います。「ふんわり」と言われてわるい氣がしなくなっていた自分に、今日きがつきました。とっても嬉しかったです。ありがとうございますです。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるととっても嬉しいです。どんどん佳い記事が書けるような力がわいてきます。どうかよろしくお願いします🤙

あたいも大すきです❣️
25
お寺の境内のすみっこにある、小さな小さな喫茶店「ろうそく夜」店主。4人の子どもをもつ母ちゃんもやっている。 しごとも暮らしも子育てもムリなくたのしむ、自分をいきいき生きるためのワークやおはなし会も主催する。
コメント (2)
作ってみます♫
レシピ、うれしい😊
うん🧡💛つくってみてね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。